FOMC議事要旨で潮目が変わらないか警戒

週間株為替予想

こんにちはシーカーズです

ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円相場の、週初からの振り返りと週末までの予想を毎週水曜日と土曜日に配信している週間株為替予想です

最新情報をチェックするためにチャンネル登録をしていただき、コメントやグッドボタンで反応をしていただけると励みになりますので、お時間がございましたらよろしくお願いいたします

また投資の結果はあくまで自己責任となりますのでご了承ください

【日経平均・ダウ・ナスダックの予想】過熱感のある相場に冷や水を浴びせる可能性のあるイベントFOMC議事要旨【週間株価指数予想】
強い上昇を維持している株式相場ですが、過熱感があることは否めません。このまま上昇が続く可能性は高いものの、相場の急変が起こる可能性のあるイベントはいくつか考えられます。その1つ目であるFOMC議事要旨が水曜の夜に訪れます。果たして無事に通過...
【ドル円相場の予想】米消費者物価指数の結果とリスクへの相場の反応【週間ドル円予想】
FRBの利上げ姿勢への楽観論が続く中、株式相場には強い買いが入り続けています。この値動きに変化が起こるイベントがあるとすれば、直近で考えられるのはFOMC議事要旨です。仮にここでFRBの強い利上げ姿勢を再確認した場合、株式市場には売りが入り...

ニューヨークダウの週初からの振り返りと週末までの予想

5月19日の終値を中心に6月2日の終値を高値、6月17日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

今週のニューヨークダウの予想は上昇、予想値幅は33,300ドルから34,400ドルに設定しました

予想値幅下限は1月5日の高値と6月17日の安値の半値基準の価格を、上限はピッチフォーク一番上の線の8月19日の価格を目処に設定、上昇推移を継続しますが発表される経済指標を材料に上値が重たくなる展開を予想しました

週末までのニューヨークダウの予想は週初の内容を継続します

月曜日は発表された8月ニューヨーク連銀製造業景気指数の結果が市場予想を大きく下回ることで、景気悪化懸念からインフレが低下するとの見方から米長期金利が低下しハイテク株に買いが入り上昇、火曜日は住宅着工件数が市場予想を下回る悪化を見せますが、ウォルマートとホーム・デポが好決算を発表したことで大幅高となり、消費関連銘柄に買いが波及しニューヨークダウは上昇して火曜日の取引を終えました

経済指標が市場予想通りに出た場合でも相場にとっては下押し圧力になるだろうと予想していたのですが、市場予想を大きく下回る結果でも、FRBの利上げ積極化懸念の後退という材料で市場には買いが入っています

火曜日の上昇に関しては個別銘柄の好決算が材料となっていてわからなくはないのですが、ここまでのあまりに強い買い姿勢はちょっと危険な感じがしてきています

これから先の週内のイベントですが、予想が難しくなってしまいました

月曜
   8月ニューヨーク連銀製造業景気指数
   8月NAHB住宅市場指数
火曜
   7月住宅着工件数
   7月建設許可件数
   7月鉱工業生産
水曜
   7月小売売上高
   FOMC議事要旨
木曜
   8月フィラデルフィア連銀製造業景気指数
   7月中古住宅販売件数
   7月景気先行指標総合指数

水曜日の小売売上高、木曜日のフィラデルフィア連銀製造業景気指数と中古住宅販売件数、そして景気先行指標総合指数は市場予想でも悪い見通しで、これが相場にはネガティブな材料になると想定していたのですが、月曜日の値動きを考えるとこれらもFRBの利上げ積極化懸念の後退観測の材料になりかねない状態です

現在の株式市場への買い意欲はあまりにも強過ぎであると考えていますので、ここで気を付けておきたいのが水曜日のFOMC議事要旨です

ここまでのとにかく買い向かう姿勢が変化する可能性があるとすると、直近で考えられるイベントはここです

今のところそのような兆候は無く、あくまで危険性があるというものなのですが、いかんせん相場への買いが強すぎますので、ここで相場の流れが急に反対方向に振れてしまわないかには注意が必要だと思います

チャートのテクニカルではボリンジャーバンド上限を押し広げるバンドウォークを見せながら上昇、非常に強い相場展開となっています

このままの勢いを維持した場合、ピッチフォークを上抜けて35,500ドルあたりまでは一気に上昇してしまうかもしれません

上昇角度を維持した場合、週末には上昇方向の注意ポイントへと入っているかもしれません

ただこの値動きを見せてきた場合は、土曜日の動画内でも触れましたが頂点を付けた後に強めの反落を見せてくると考えられますので、その点には要注意だと思います

火曜日の上昇ではエンベロープ上限にかなり接近していますので、そろそろ頂点に近い可能性がありますので、その点には注意が必要だと思います

インジケーターではADXは23台を上昇推移、現在はトレンド相場だと判断しています

ニューヨークダウのインジケーター

MACDはシグナルとの乖離幅を広げながら上昇推移、現在の所は頂点を付けるような兆候がありません

かなり強い上昇トレンド相場へと入っていますので、頂点を付けて急落を見せてくる場合以外であれば、MACDのMACDシグナル下抜けが起こるまでは相場が調整し始めると判断するのはタイミング的に早いと思います

現在は上昇が終わる兆候はありません

RSIは72台まで上昇、かなり高値に達していますが、上昇トレンド相場へと入っているためシグナルとしてはあまり強いものではありません

そろそろ頂点を付けて一旦の押し目のチャンスは来るかもしれませんが、あまりあてにはならない状態です

200日単純移動平均線を上抜けて月曜日から上昇は続いています

3月の上昇時には200日単純移動平均線に接触したところで頭を押さえられていましたし、シグナルとしての信頼度が低いとはいえRSIはかなり高値に達しています

エンベロープ上限との距離もかなり近く、過熱感があることは確かです

反落には十分に注意する必要があるとは思いますが、だからと言って反落が起こるサインも出ていないというのが正直なところです

そのためニューヨークダウはまだこのまま上昇を継続すると考えた方が良いと思います

ただ、相場の流れが変わる時は勢いが強くなる可能性が高まっていると判断していますので、ポジションを動かすタイミングには要注意だと思います

特に水曜日のFOMC議事要旨がそのきっかけにならないかには要注意だと思います

ナスダックの週初からの振り返りと週末までの予想

5月24日の終値を中心に6月2日の終値を高値、6月16日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックのチャート

今週のナスダックの予想は上昇、予想値幅は12,600ポイントから13,700ポイントに設定しました

予想値幅下限は3月29日の高値と6月16日の安値の半値基準の価格を、上限は昨年11月22日の高値と6月16日の安値の半値基準の価格の少し上で4月半ばにもみ合った価格帯の高値の価格を目処に設定、上昇推移を継続しますが発表される経済指標を材料に上値が重たくなる展開を予想しました

週末までのナスダックの予想は週初の内容を継続します

月曜日は発表された8月ニューヨーク連銀製造業景気指数の内容が市場予想を下回る悪い結果となり米長期金利が低下、ハイテク株が買われて相場が上昇しナスダックはニューヨークダウより若干強く上昇、火曜日は米長期金利の上昇と歩調を合わせるように下落しますが、米長期金利が下落に転じるとナスダックも下げ幅縮小、一時はプラス転換を見せますが最終的には小反落で火曜日の取引を終えました

米10年債利回りのチャート

火曜日は瞬間的な米長期金利の上昇があったため下押される場面もあり小反落となりましたが、ナスダックに関しても非常に強い買いが入り続けていて、経済指標が悪ければ通常売られるものだと思うのですが、どのような内容であってもポジティブに考えて買いが入っているのではと思える程、買い向かう勢いが強くなっています

これから先の週内のイベントに関しては、ニューヨークダウと同じです

月曜
   8月ニューヨーク連銀製造業景気指数
   8月NAHB住宅市場指数
火曜
   7月住宅着工件数
   7月建設許可件数
   7月鉱工業生産
水曜
   7月小売売上高
   FOMC議事要旨
木曜
   8月フィラデルフィア連銀製造業景気指数
   7月中古住宅販売件数
   7月景気先行指標総合指数

景気後退懸念になりかねない悪材料であっても、FRBの利上げ積極化懸念の後退という材料にすり替わることで、ナスダックには強い買いが入り続けるかもしれません

土曜日に予想していた内容とは違う展開になっています

そしてFOMC議事要旨の発表、やはりここで風向きが急に変わらないかには要注意だと思います

これもニューヨークダウと同じです

チャートのテクニカルでは、月曜日までボリンジャーバンド上限を押し広げるようなバンドウォークを続けていましたが、火曜日に少し勢いが弱まりました

それでもエンベロープ上限を上抜けた状態を維持していて、非常に強い上昇を維持している状態と考えていいと思います

この上には1月末の下落時に一旦底値を打った価格で、大きな高安の半値基準でもある13,400ポイントが上値抵抗として控えていると考えていますが、この勢いであれば週内にもここを試しに行く可能性もあります

この13,400ポイントで頭を押さえられた場合、その反落は押し目のチャンスであると考えています

ただ懸念材料があるのが、ここまで強い値動きをする可能性は考慮していましたが、それは経済指標の内容が市場予想より好調で、景気後退懸念が弱まる場合を想定していました

月曜日に発表された弱い経済指標にもかかわらずここまで強い上昇が続くとは想定していませんでしたので、いきなり急落に入るなどと言う事態にならないか、少し不安感が高まっています

今の買い姿勢は明らかに過熱感がありますので、相場の急変には警戒しておいた方が良いと思います

インジケーターではADXは30台を上昇推移、現在はトレンド相場だと判断しています

ナスダックのインジケーター

MACDはMACDシグナルとの乖離幅を広げながら上昇推移、乖離幅を示すMACDオシレーターは横ばい気味になっていて、少し上昇力が弱まっている感じはありますが、頂点が近いと判断するのはまだ難しいタイミングだと思います

RSIは70台を上抜けた後69台まで下落、RSIには過熱感がありますが現在はトレンド相場だと判断していますので、頂点のシグナルとしての信頼度は低いものとなっています

あくまで過熱感は高い状態であると言える程度だと思います

インジケーターからは相場が上昇を終えるようなシグナルをはっきりと感じ取ることはできていないと思います

一旦は頭を押さえられるかもしれないと考えている13,400ポイント周辺には、13,550ポイントあたりに200日単純移動平均線があります

この2つの上値抵抗の間で一旦の頂点を付ける可能性はあるものの、相場の上昇推移が終わるシグナルは無く、いつ上昇が終わるのかは判断できない状態です

出てくる内容に対して好都合に解釈して買いが入っているような面が見え隠れしていると私自身は考えていますので、相場の上昇もそろそろきつくなるのではとは思いますが、テクニカルでしっかり判断できる状態になるまでは、早合点は避けたいところだと思います

日経平均の週初からの振り返りと週末までの予想

チャートではボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均のチャート

今週の日経平均の予想は上昇、予想値幅は28,400円から29,400円に設定しました

予想値幅下限は6月9日の戻り高値の価格を、上限は1月5日の高値の価格を目処に設定、上昇推移を継続する展開を予想しました

週末までの日経平均の予想は週初の内容を継続します

月曜日は金曜日のアメリカ株の上昇を受けて日本市場でもグロース株中心に買いが入り上昇、火曜日は利益確定の売りに押されるものの、下げたところでは押し目買いが入り横ばい推移して取引を終えました

アメリカ市場より強い値動きをするのではと考えていた日本市場ですが、火曜日の値動きは思っているより弱いものとなってしまいました

これから先の週内のイベントですが、水曜日の貿易統計による為替相場の円高が起こらないかに注意が必要かなと言ったところです

月曜
   4-6月期四半期GDP
水曜
   7月貿易統計
   6月機械受注
金曜
   7月全国消費者物価指数

水曜日の機械受注と金曜日の全国消費者物価指数はどちらも市場予想通りの内容であれば市場に大きなインパクトを与えることは無いだろうと考えています

ただ機械受注は下振れ、消費者物価指数は上振れた場合は株式市場に下押圧力が発生する可能性がありますので注意が必要だと思います

海外系証券会社のオプションの動向ですが、ABNアムロが火曜日にCALL29,000円に大きめの買いを入れていて上目線かなと思いきや、全体的なポジションを見ると損益は上昇するほど損失が大きくなるポジションで下目線、ただ直近としては29,000円の攻防では一旦上抜けると考えている可能性があります

ABNアムロとJPモルガンのオプション動向

JPモルガンはCALL29,500円で売りを入れていて、上昇してもここまでと言った感じかなと思われますが、こちらは損益分岐点が28,125円あたりで、上昇するほど利益が大きくなるポジションを作っています

まだ建玉残の数量がこれから変化していくと考えられますのではっきりとしたものではありませんが、現状ではそのような感じです

オプション全体の取引は週初の2営業日はCALL優勢、29,000円に多くの建玉ができています

PUTでは28,750円に建玉が多く、火曜日の終値28,868円から考えるとかなり値幅が狭い所で取引が集中しています

225mini先物では、ABNアムロは火曜日に大きめの買い建玉を入れていてプラス方向、JPモルガンは買い建玉を減少傾向にしていますので、オプションのポジションとは逆方向に動こうとしている可能性があります

225mini先物の建玉

ただJPモルガンに関しては、225mini9月限の買い建玉も大きめにプラス方向となっていますので、全体的に上目線なのではと思われます

225ラージとTOPIX先物では、あまり目立った値動きは無いようですが、CTAのモルガンとグローバルマクロのJPモルガンがちょっと下をうかがうような動きをしていますので、週末に向けて気を付けて見ていきたいポイントになるかもしれないと考えています

225ラージ先物の建玉
TOPIX先物の建玉

チャートのテクニカルでは、月曜日まではボリンジャーバンド上限を押し広げるバンドウォークを見せていましたが、火曜日に少し上昇力が落ちました

ただここまでの上昇が強かったため、この1営業日だけでネガティブな値動きを判断するのは早いと言った感じはあります

終値で価格をそろえるようになってしまっているのはあまり良くない形ではありますが、強い反落を見せるような兆候とまでは言えない値動きです

既に200日単純移動平均線も上抜けていて、それらの上値抵抗も無い状態ですので、タイミング的には特に何かの節目に当たったという感じではなさそうです

仮に反落した場合は、以前の戻り高値、ボリンジャーバンド中央線、エンベロープ中央線、この辺りまでの反落で収まるのかが大切なポイントになりそうです

この辺りの価格帯で下落が止まれば、再度強い値動きに戻ってくるだろうなと考えています

インジケーターではADXは25台を上昇推移、現在はトレンド相場だと判断しています

日経平均のインジケーター

MACDは一度MACDシグナルとの乖離幅を縮小していましたが、現在は再度拡大傾向となっています

上昇トレンド相場に入っているため、MACDのMACDシグナル下抜けが起こるまでは、相場の方向感が転換したと判断するのは危険なタイミングだなという印象があります

RSIは68台を横ばい推移、レンジ相場であれば高値圏に入っていて反落するタイミングですが、現在はトレンド相場へ入っていると判断していますので、シグナルの信頼度は低くなっています

高値圏に入っていて過熱感はある、その程度の認識でいいかと思います

オプションの取引ではちょっと上下に狭い範囲で押し込められているような感じになっていて、火曜日の値動きも一旦の天井圏のような形になってはいます

ですがインジケーターなどのテクニカル面からみると高値を付けたと判断するような材料はなく、まだまだ上昇の途中と言った感じです

ハッキリとシグナルが発生するまで、下落方向へ舵を切ったと判断するのはタイミング的に早いのではと言った感じです

ドル円相場の週初からの振り返りと週末までの予想

チャートではボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ドル円相場のチャート

今週のドル円相場の予想は横ばい、予想値幅は131円50銭から135円00銭に設定しました

予想値幅下限は100日単純移動平均線の価格を、上限は直近高安の半値基準の価格を目処に設定、方向感なく上下しながら横ばい推移する展開を予想しました

週末までのドル円相場の予想は週初の内容を維持します

月曜日はアメリカで発表されたニューヨーク連銀製造業景気指数が市場予想を下回り、景気減速懸念が高まることでFRBの利上げ積極化懸念が後退、米長期金利は低下し円高、火曜日は米長期金利の急上昇に合わせるようにドル円相場も円安推移、米長期金利が頂点を付けるように急落するとドル円相場も上げ幅を縮小しますが、そのまま円安推移は継続した形で火曜日の取引を終えました

米10年債利回りのチャート

米長期金利の値動きに完全に連動するような値動きを見せるわけではありませんが、短期的な勢いのある値動きや中長期での方向感に対しては同じ方向へと反応する傾向は継続していますので、米長期金利の今後の動向には注意が必要だと思います

これから週内に予定されているイベントですが、水曜日のFOMC議事要旨に注目しています

月曜
   日4-6月期四半期GDP
   米8月ニューヨーク連銀製造業景気指数
   米8月NAHB住宅市場指数
火曜
   米7月住宅着工件数
   米7月建設許可件数
   米7月鉱工業生産
水曜
   日7月貿易統計
   日6月機械受注
   米7月小売売上高
   米FOMC議事要旨
木曜
   米8月フィラデルフィア連銀製造業景気指数
   米7月中古住宅販売件数
   米7月景気先行指標総合指数
金曜
   日7月全国消費者物価指数

今のところアメリカで発表されている経済指標には弱いものが多く、これがFRBの利上げ積極化懸念の後退に結びつくことで円高推移が起こっています

この現象自体は土曜日に予想した範囲内のものですが、火曜日には一旦米長期金利が急上昇する場面も見られ、米長期金利の動向には不安定な値動きも見られます

今後も相場の値動きはFRBの利上げ姿勢の強弱と、それを相場がどう受け取るかにかかっていると言った感じだと判断していますので、今後も発表される経済指標やFRBからの発表に対して相場がどのような反応をするのか、注意深く見守る必要がありそうです

特にどこかのタイミングで大きく潮目が変わり、FRBの利上げ積極化が意識され続ける相場へと変化する可能性も残っていますので、そのような展開になった場合には対応が遅れないように注意した方が良いだろうと考えています

チャートのテクニカルでは月曜日は方向感なく推移していましたが、火曜日に一気に円安方向へと上昇してきました

米長期金利の値動きに連動するような上昇でしたが、その後米長期金利の低下とともに一旦上昇をとどまっています

頂点を付けた水準はエンベロープ中央線となっていて、この中央線が今週の値動きの目処になりそうかなと考えています

仮に火曜日のような強い値動きを起こしてエンベロープ中央線を上抜けた場合でも、強い上抜けでなければ、その後に下落してエンベロープ中央線に収束するような値動きをするのではと考えています

今のところ一目均衡表の雲の下抜けは起こしておらず、雲の中という少し不安定な場所を推移してはいますが、今年3月から発生した強い円安推移から円高方向への推移へと切り替わったという印象は無く、どちらかというと円安推移を継続していきそうな雰囲気があります

さすがにここまでの強い円安推移のような場面になるのではなく、130円40銭あたりを底値とした横方向の推移に移行するのではと予想していますが、それでもじわじわと円安方向へと向かいそうな雰囲気はあります

この予想が実際の値動きになるかどうかは、下落推移をしているエンベロープ中央線が今後横ばい気味に変化してくるかどうかである程度判断できるのではと考えています

インジケーターではADXは26台を横ばい気味に推移、現在は方向感が失われている状態に入っていると判断しています

ドル円相場のインジケーター

RSIは48台を上昇推移、シグナルと絡みつくように推移していましたが比較的わかりやすく上抜けを見せています

短期的には円安方向への推移が起こる可能性が高そうな感じではありますが、過熱感はなく中間点に位置している感じです

MACDは緩やかに上昇推移を開始、8月の頭にMACDシグナルとの乖離幅を大きく広げましたがそこから乖離幅を縮小中で、そろそろMACDシグナルの上抜けを見せてきそうです

ちょっと強めの調整に入った印象がありますが、MACDのMACDシグナル上抜けが発生した後は、円安方向へのバイアスがかかりやすくなるのではと考えています

7月半ばから強めの円高方向への推移を見せて調整局面に入っていたドル円相場ですが、ここに来て底値を固めるような値動きを見せ始めています

しばらくは横ばい気味に推移しそうな雰囲気はあるものの、円安方向へのバイアスがかかりやすい環境だと判断していますので、仮に動くのであれば円安方向になるのではと考えています

テクニカル的にはしばらくは横ばい気味に推移、相場の方向感を見極める時間ができそうではありますが、その間も上下に決まった価格帯の中ではボラティリティの高い上下を伴う値動きは継続する可能性はあります

イメージとしては横方向のレンジ相場、ボックス相場に近いですが、下値を固める形でどちらかというと円安方向へ振れやすい相場展開が続くのではと言った感じです

あくまで私見ではありますが、下手に円高方向へ強すぎるポジションを取るとFRBの利上げ積極化懸念の再燃などがあった場合には強い円安推移に巻き込まれ事故にあいかねないかもしれないと考えていますので、その点にも一応気を付けていただければ幸いです

あとがき

強い上昇に過熱感は高まっていると考えられる中、市場はそれでも上昇を継続しています

買いのエネルギーはあまりに強く、何処が頂点になるのか見極めることは困難です

2020年3月の上昇でも、どこまで上がるかわからない対応が難しい相場環境でしたが、まさにその再来と言った感じです

ここまで強い値動きに入ってしまうと論理的に考えるより、相場の値動きに素直についていって、変化があったら一旦降りるというのも良いのかもしれません

水曜日のFOMC議事要旨がその変化点にならないかどうか、十分にご注意ください

私自身はどうかというと、月曜日にポジションを7割株式から5割に、火曜日にはすべてキャッシュポジションへと変更しています

これはあくまで個別銘柄に売りシグナルがあったためではありますが、早売りだった可能性もありつつ、利益を確保したという感じです

なおナスダック100の投資信託に関しては、言及がない限り毎日1,000円コツコツと積み立てていますので悪しからず

それでは今週もご覧いただきありがとうございました

水曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

【インジケーターの基本設定(変更する場合もありますのであくまで参考です)】
・単純移動平均線
 5・25・75・200日
・一目均衡表
 転換9・基準線26・先行スパン(1)26(2)52・遅行スパン26
・ボリンジャーバンド
 期間9・乗数(1)2(2)1
・エンベロープ
 期間20・乗数5(ドル円は乗数1.5)
・MACD
 期間12・長期26・シグナル9
・DMI
 DI14・ADX14・ADXR14
・RSI
 期間14・シグナル9

コメント

タイトルとURLをコピーしました