急落が発生しかねない株式相場と為替相場

週間株為替予想

こんにちはシーカーズです

ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均の予想と、予想外の動きをした時の注意ポイントを毎週水曜日と土曜日に配信している週間株価指数予想です

最新情報をチェックするためにチャンネル登録をしていただき、コメントやグッドボタンで反応をしていただけると励みになりますので、お時間がございましたらよろしくお願いいたします

また投資の結果はあくまで自己責任となりますのでご了承ください

【日経平均・ダウ・ナスダックの予想】遂に始まる反落!大事なのは下値目処と今がレンジ相場だという事【週間株価指数予想】
FOMCを控えてアメリカで発表される経済指標は弱く、企業決算は硬軟入り混じる結果となっています。企業決算が好調であれば金融引き締めの積極化が企業に与える影響が軽微であると好感し、経済指標の結果が悪ければ先行き不安から下落する、相場は直近の情...
【ドル円相場の予想】景気悪化懸念で起こる米長期債利回りの低下と円高【週間ドル円予想】
アメリカの経済指標に景気悪化懸念の影が見え、米長期金利は低下傾向となっています。ここまで一気に下落すれば、一旦は自律反発の上昇が起こることは良くありますが、それによって今回の反落が一時的なものと騙されるのは危険かもしれません。FOMCを控え...

ニューヨークダウの予想と注意ポイント

チャートではボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

これから1週間のニューヨークダウの予想は下落、予想値幅は31,200ドルから32,700ドルです

予想値幅下限はエンベロープ中央線の価格を、上限は5月17日の高値の価格を目処に設定、もう少し高値を試すような上昇を見せる可能性はあるものの、一旦調整の下落推移を始める展開を予想します

ここ1週間のニューヨークダウの値動きですが、月曜日は好調な企業決算を受けて上昇しますが、アップルが人材採用を抑制するとの報道で景気悪化が意識され下落、火曜日からは市場予想を上回る企業決算が多く全体的に上げ基調、

金曜日は発表された7月の購買担当者景気指数の中でもサービス部門と総合の内容が市場予想より悪いうえに好不況の分かれ目である50を下回る結果となり市場のセンチメントが悪化し下落して週を終えました

週前半は企業決算に反応して強い値動きを見せていましたが、金曜日に出てきた弱い経済指標や企業決算で下押される形になりました

来週にFOMCを控えていることも多少影響したのかも知れません

これから1週間の主なイベントですが、火曜日の7月消費者信頼感指数と6月新築住宅販売件数は微減見通し、どちらもアメリカ経済の先行きを考えるうえで重要な経済指標ですので、ここでは株式市場にネガティブな影響があるかも知れません

火曜
 ケース・シーラ住宅価格指数
 7月消費者信頼感指数
 7月リッチモンド連銀製造業指数
 6月新築住宅販売件数
水曜
 6月耐久財受注
 FOMC政策金利発表
 パウエルFRB議長定例記者会見
木曜
 4-6月期四半期GDP
金曜
 4-6月期四半期雇用コスト指数
 6月個人所得
 6月個人消費支出
 7月シカゴ購買部協会景気指数
 7月ミシガン大学消費者態度指数・確報値

水曜日の6月耐久財受注も市場予想は減少傾向、民間の設備投資の先行指標となりますので、機械系のセクターにとってはネガティブです

木曜日の四半期GDPは改善見通し、これは相場にポジティブです

金曜日の6月個人所得は横ばい予想になっていて乖離が無ければ無風で通過、6月個人消費支出はインフレを意識させる内容が出てきそうですが、直接的な金融引き締めの積極化を意識させるほどのイベントとなるかは不透明です

週内で最も注目されるのはやはり水曜日のFOMC政策金利の発表とパウエルFRB議長の定例記者会見でしょう

市場予想では利上げ幅は75bpとなっていますし、今のところ100bpに変更されるとの報道も無いようですので、恐らくこの数字で利上げがされるものと考えられます

ただ直近のECB政策金利が25bpの利上げ見通しの中で50bpの利上げを行なったという事もありますので、あまり油断はしない方が良いかもしれません

それ以上に気を付けなければならないと考えているのがパウエルFRB議長の定例記者会見です

この中で今後の利上げ見通しに関しても言及があるものと考えられますが、内容によって相場が上下どちらに振られるのか予想することが困難です

仮に9月も強い利上げを行う見通しで、さらに来年に関しても強い利上げ見通しを出してきた場合、相場はネガティブに反応すれでしょうし、年末にかけて利上げ幅の縮小が意識されるような内容になれば、市場はポジティブに反応すると思われます

どのような内容が出てくるのかを予想することは困難ですので、FOMC通過後の相場の方向感を見極めて対応するしかないといった状況になるだろうと考えています

チャートのテクニカルでは火曜日にボリンジャーバンド上限にタッチした後は少しずつ上昇角度が緩やかになっていて、上昇エネルギーは弱まりつつあることがうかがえます

5月17日の高値32,689ドルまでは、金曜日の高値の32,219ドルからまだ400ドル程度足りていない状態で、もう1%程度は上昇しても良いかなという感じはします

金曜日の時点で32,350ドル付近に75日単純移動平均線が迫っていますので、そこで頭を押さえられる可能性もありますが、それでも金曜日が頂点でそこから反落するのかは判断が難しい所です

金曜日の陰線が下髭ではなくて上髭である場合や、木曜日の陽線に包まれるような形や反対に木曜日の日足を包み込むような値動きをした場合は反落の可能性がかなり強くなるのですが、今のところここが頂点と判断するのはチャート形状からは微妙です

エンベロープ上限への接近やボリンジャーバンド上限からの離れ具合、一旦は75日単純移動平均線へ接近していることから反落するタイミングが近い可能性は高いものの、断定できるほどの材料ではない感じです

インジケーターではADXは14台を下落推移していて、現在はレンジ相場だと判断しています

ニューヨークダウのインジケーター

RSIは56台を下落推移、金曜日の取引で方向を変化させています

58まで上昇していましたので、一旦の高値に達したと考えていいと思います

RSIの方向感は弱くなり始めたものの、ここから下落に転じていくのかはまだ判断が難しいタイミングです

ここからRSIがシグナルの下抜けを起こした場合、本格的な調整の下落に入ると考えていいと思いますが、今の段階では少し調整して横ばい気味に推移、その後にもう少し上昇する可能性は残しています

ただ位置的にはかなり過熱感がありますので、よほど強い相場が現れない限り、ここからさらに上昇したとしても上値は限られる状態と判断していいと思います

MACDは上昇しているもののシグナルとの乖離幅を縮小、上昇角度が弱まっています

レンジ相場の場合にMACDのシグナルとの乖離幅縮小は早めの相場転換シグナルとなります

シグナルの信頼度としてはそこまで高くないですが、一歩早いタイミングでの相場判断を行うのであればここは相場の一旦の転換点が来ている可能性を示唆していると考えていいと思います

ニューヨークダウにはまだ上昇余地があると判断していますが、仮に5月17日の高値まで戻したとして上昇率は金曜日の終値から約2%、75日単純移動平均線までであれば約1.4%の上昇余力があると考えることはできます

この上昇余力があるかもしれない状況をまだチャンスがあるととらえるのか、それともここで一旦手仕舞うのかは、エントリーした水準によって判断が分かれるところだと思います

今回の予想としては主に2つの値動きを想定しています

そのどちらもそろそろ一旦の頂点が近い点では変わりがありませんが、値動きに違いがあります

1つ目は仮に相場が底堅かった場合のパターンで、すぐには反落せずに今年の3月から4月のように高値での横ばい気味の推移に入った後に反落する展開です

2つ目は直近の反落のように月曜日も下落してしまうパターンです

現在の所はこの2つのどちらのパターンになるのか判断できません

価格帯としてはまだ上昇余地がありますし、日足の形状もすぐに反落を起こすと判断できるほどの物ではありません

インジケーターもピークであるシグナルはあるものの、相場の下落転換の一歩手前という状態で、反落するポイントと判断するのはまだ早い段階です

そのためどちらの値動きになると予想をしてしまうより、この2つの値動きを想定しつつリスクとリターンを天秤にかけた上で対応するべきだと思います

以上のことからこれから1週間のニューヨークダウは、もう少し高値を試すような上昇を見せる可能性はあるものの、一旦調整の下落推移を始める展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に注意していただきたいポイントです

上昇方向は32,700ドルの上抜けです

特に強い値動きで32,700ドルを上抜けた場合、そのまま直近高値の33,300ドル周辺まで上昇幅を拡大する可能性が出てきます

今のところそこまで上昇しても、ニューヨークダウはレンジ相場であることには変わりないと考えられますので、まだそこから反落する可能性は高いと考えています

その後にさらに33,300ドルも上抜けてきた場合は、そのまま200日単純移動平均線のある34,000ドル周辺までは上昇してしまうかもしれません

この辺りまで上昇してくると、その時の勢いにもよりますが、レンジ相場からトレンド相場へと切り替わる可能性もありますので、32,700ドルの上抜けが勢いよく起こった場合には、再度リスクオンの姿勢に戻してもいいのではと考えています

下落方向は30,100ドルの終値基準での下抜けです

7月14日に付けた安値を下抜ける水準で、ここまで下落幅が広がってしまうとそのまま直近安値までの下落に備えなければならないような値動きだと思います

今回の予想は下落ではありますが、これはあくまでレンジ相場の中での一旦の下落です

目指す先はエンベロープ中央線を下回る水準辺りまでで、そこを下抜けたとしても7月14日の安値を下回るような下落はしないだろうと見込んでいます

中長期で見れば、ニューヨークダウの値動きは横方向のレンジ相場に入っていて、それも下値を徐々に切り上げる強気のパターンであると考えています

その中で30,100ドルの終値基準での下抜けが発生した場合は、まだそんなに強い相場には戻っていなかったと中長期の予想も修正しなければならないと考えられますので、この水準での値動きがどうなるのかは今後の予想にもかなり重要なポイントになると考えています

ナスダックの予想と注意ポイント

チャートではボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックのチャート

これから1週間のナスダックの予想は下落、予想値幅は11,200ポイントから12,300ポイントです

予想値幅下限は7月14日と15日に窓開けした場所の少し下の価格を、上限は6月2日の高値の価格を目処に設定、エンベロープ中央線を目指して下落する展開を予想します

ここ1週間のナスダックの値動きですが、月曜日はアップルの採用抑制報道で下落したものの、火曜日から木曜日は好調な企業決算を材料に強い上昇を見せますが、金曜日に発表されたPMIの悪い内容もさることながら、写真・動画共有アプリのスナップの決算が市場予想を下回り前日比4割安の急落、この流れはアルファベットやメタに波及しナスダックは大幅安で1週間を終えました

上昇も下落もダイナミックで、ニューヨークダウに比べるとかなり荒っぽい展開となっています

これから1週間の主なイベントですが、やはり注目は水曜日のFOMC政策金利とパウエルFRB議長の定例記者会見でしょう

火曜
 ケース・シーラ住宅価格指数
 7月消費者信頼感指数
 7月リッチモンド連銀製造業指数
 6月新築住宅販売件数
水曜
 6月耐久財受注
 FOMC政策金利発表
 パウエルFRB議長定例記者会見
木曜
 4-6月期四半期GDP
金曜
 4-6月期四半期雇用コスト指数
 6月個人所得
 6月個人消費支出
 7月シカゴ購買部協会景気指数
 7月ミシガン大学消費者態度指数・確報値

今後の金融引き締めがどの程度のペースで行われるのかはハイテク株にとってかなり重要な材料になると思います

そのためパウエルFRB議長がどのような発言を行うかで、ニューヨークダウ以上にナスダックには大きな影響があるだろうと想定できます

特に強い反発をここまで見せていますので、反落する際にも強い下落が出る可能性がありますので、水曜日以降の相場がどちらに行こうとしているのかしっかり見極めて対応しないと大けがをするかもしれません

チャートのテクニカルでは木曜日までの上昇はボリンジャーバンド上限を押し広げるバンドウォークで推移、金曜日に一転して大きめの陰線を出しています

エンベロープ上限を大きく上抜ける反発を見せる場合、多くの場合はボリンジャーバンド上限を押し広げるバンドウォークを伴って上昇推移、ボリンジャーバンド上限から離れることで上値が近いことを予測することができます

今回の場合はエンベロープ上限に接触したところできれいに反落していますので、このまま下落推移をすると考えるのがテクニカル分析的には正解だろうと思います

今のところナスダックは今年に入ってからの強い下落推移から、横方向もしくは上昇方向へと舵を切ったと考えていますので、反落する目処はエンベロープ中央線付近になるのではと考えています

ここで気を付けたいのは、もしナスダックが横方向のレンジ相場か、今もまだ下落する途中にいる場合は、エンベロープ中央線を下抜けた後、そのままエンベロープ下限まで下落するはずです

そのことを踏まえて今後の値動きを考えると、ここから予想通りに反落した場合一番大事になるポイントはエンベロープ中央線での推移です

ここで値を保った後に再上昇できるのであればレンジ相場ながらも下値切り上げの強気相場、下抜けてしまう場合は横方向レンジ相場になるだろうと考えています

予想通りのレンジ相場だとしても、反落した先の下値目処は2か所ある点には注意して見ていきたいと考えています

インジケーターではADXは13台を横ばい推移、現在はレンジ相場だと判断しています

ナスダックのインジケーター

RSIは56台を下落推移、木曜日の時点で62を上回る水準まで上昇しましたので一旦の頂点を付けたと判断していいと思います

まだシグナルの下抜けには至っていませんのでここから強い値動きが発生する可能性も残されていますが、可能性としては下落推移の方が高いと判断しています

MACDは横ばい気味の推移に変化、シグナルとの乖離幅を縮小していてレンジ相場時の一旦の転換点に入っていることを示しています

ニューヨークダウでもお話ししましたが、このシグナルに関しては早いタイミングで確認することができる代わりに、正確性には欠けますので注意が必要だと思いますが、RSIの状態やチャート形状などからも今回は機能しているだろうと考えています

上昇した価格帯も5月17日の高値を上抜けて5月末から6月にもみ合った高値圏に差し掛かったところでしたし、一服感が出るにはちょうど良い価格だと考えられます

総合的に考えてナスダックはこれから一旦調整の下落に入ると考えていいだろうと判断しました

以上のことからこれから1週間のナスダックは、エンベロープ中央線を目指して下落する展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に注意していただきたいポイントです

上昇方向は12,600ポイントの上抜けです

ナスダックにもしまだ上昇余力が残されている場合、月曜日からすぐに反発することが想定できます

この場合直近の予想は外れたことになりますが、その後に再度タイミングを計って反落することには変わりないと思います

問題になるのはそれ以上に強い値動きが出た場合です

特に12,600ポイントを上抜ける強い値動きが出た場合、ナスダックのここからの値動きはレンジ相場では無く上昇方向のトレンド相場へと変化していくかもしれません

直近高値の12,320ポイントあたりまでの上昇であれば慌てる必要はないかもしれませんが、そこからさらに上昇して12,600ポイントを上抜けるかもという値動きに入りそうになった時には、予想をすぐに変更してその上昇に乗った方が良いと思います

下落方向は10,550ポイントの終値基準での下抜けです

直近安値の価格ですが、ここを下回ってくると相場の方向感が下落方向になっていて危険です

今回のエンベロープ上限へタッチするまでの上昇は非常に強い値動きだったと思います

ただここまでボラティリティが高まっている状態で値動きしていると、反落時の勢いも強くなることがあり、その場合はエンベロープ下限へタッチするか、少し下抜けるまで調整の下落をする可能性はあります

水曜日にはFOMCもありますし、急激に下押される可能性はあります

そのあたりを考慮すると、予想値幅下限からは離れていますが、それでも直近安値を再度下抜けないかが注意ポイントになるだろうと思います

日経平均の予想と注意ポイント

チャートではボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均のチャート

これから1週間の日経平均の予想は下落、予想値幅は26,500円から28,400円です

予想値幅下限はエンベロープ中央線から1%下の価格を、上限は大きなレンジの高値の価格を目処に設定、エンベロープ中央線を目指して下落推移をする展開を予想します

ここ1週間の日経平均の値動きですが、月曜日は海の日で休場、火曜日はアメリカが2営業日でトータルすると上昇していた流れから、日経平均の時間外先物が上昇していて高く寄り付き上値は抑えられるものの上昇、水曜日からはアメリカで市場予想を上回る企業決算が相次ぎFRBの金融引き締めの企業決算圧迫懸念が後退し上昇した流れを受け日本市場でもハイテク株中心に買いが入り週末まで上昇が続きました

FOMCを控える中でもアメリカの好調な企業決算に支えられる形で日本株も強い推移をしている状態です

また前の週にファーストリテイリングが良好な決算を発表したことも追い風になったかもしれません

これから1週間の主なイベントですが、火曜日に日銀金融政策決定会合議事要旨の発表がありますが、これに関しては強い金融緩和を続けるという内容を確認することになるだろうと思いますが、ドル円相場に少しは円安推移が起こることで日本の株式市場にも多少影響はあるかもしれない、と言った程度の物になるのではと考えています

火曜
 日銀金融政策決定会合議事要旨
金曜
 7月東京都区部消費者物価指数
 6月失業率
 6月有効求人倍率
 6月鉱工業生産

金曜日に発表される7月東京都区部消費者物価指数や6月失業率と6月有効求人倍率に関してはほぼ横ばいで恐らく材料視されないと思いますが、6月鉱工業生産に関しては市場予想が前月比でプラスですので株式市場にはポジティブな材料になるかもしれません

ただ今週最も気になるイベントは、やはりFOMC政策金利とパウエルFRB議長の定例記者会見だと思います

これに関しては予想が難しいので、出てきた材料に対応するという受け身な姿勢で立ち向かうしかないだろうと思っています

特にパウエルFRB議長の定例記者会見の内容に関しては予想がつきません

海外系証券会社のオプションの動向ですが、JPモルガンは9月限225mini先物の買い建玉をプラスに転換、週内のオプション取引はプラス方向とマイナス方向の両方に偏る形になっていましたが、建玉残は26,500円をボトムに上昇した方が利益幅の大きくなるお椀型のポジションで、どの位置からでも利益が出る形になっていて、方向感としては上目線ではと判断しています

225mini先物の建玉

ABNアムロのオプションの建玉残は26,750円を頂点に上昇すると損失が大きめに広がるポジションを取っていて、225miniの先物では期近の8月限ではマイナス建玉、9月限ではプラス建玉となっています

このことからABNアムロは8月のSQまでに関しては下目線、9月に向けて再上昇すると考えているのではと考えています

特に水曜日の8月限の売り建玉が大きくなっていることからそう判断しました

オプション全体では火曜日こそPUT優勢でしたが、水曜日以降はCALL優勢で上目線、8月限のプットコールレシオはCALL優勢で上目線です

特徴的なのがCALLでの28,500円での取引高の多さで、ここが一旦の上値目処になると考えられているのではと思います

PUTでは27,000円の安定的な取引高の多さが目を引きます

反落した場合、一旦の下値目処はこの辺りになりそうです

海外系証券会社の225ラージとTOPIX先物ですが、JPモルガンとシティが上目線である印象があります

225ラージ先物の建玉
TOPIX先物の建玉

特にJPモルガンは225ラージとTOPIXの両先物でプラス建玉を積み増しています

この先物はどちらも9月限になりますので、9月SQまでというのであれば上昇を見込んでいるのではと考えています

JPモルガンはオプションと先物の両方から上目線に変化している印象があります

チャートのテクニカルでは、火曜日の値動きは直近高安の半値基準で頭を押さえられる今までによく見られた値動きでしたが、水曜日にここを一気に上抜けることでそこから強い上昇を見せています

ボリンジャーバンド上限を押し広げるような強い上昇ではありますが、週末にかけて上昇力が弱まりボリンジャーバンド上限から離れ始めています

4月21日や2月10日の戻り高値の水準は上回ってきていて好調な上昇とも考えられますが、日経平均の上値目処となりやすいエンベロープ上限が接近しています

日経平均に強い上昇が現れる際にエンベロープ上限を突き抜けるような値動きを見せる場合もあるのですが、そのような強い値動きを見せる場合はボリンジャーバンド上限に接触し続けるバンドウォークを見せている場合が多い印象があります

テクニカル的にはエンベロープ上限を多少上抜けることができたとしても、大きく上抜けるまでには至らない程度で一旦上値を形成するのではと考えています

ここまでの大きな戻り高値である3月25日と6月9日の高値にも接近していますので、大体28,400円周辺までの上昇で一旦は反落する可能性が高いのではと見込んでいます

インジケーターではADXは14台を上昇推移、ADXの数値がまだ低い状態ですので現在はレンジ相場だと判断しています

日経平均のインジケーター

RSIは65台を少し角度は弱くなっていますが上昇推移、RSIがここまで上昇した3月25日と6月9日の際にもRSIはこの辺りまで上昇して反落していて、そろそろ上昇が終わる可能性が高そうです

MACDはシグナルを上抜けて上昇推移、現在の所シグナルとの乖離幅を拡大中でレンジ相場時に相場の反転を早めに示すシグナルとの乖離幅の拡大が止まる現象も今のところ確認できていません

インジケーターからはまだ日経平均が上値を付けたと判断できる材料は無いものの、RSIから考えるともう高値も近くそろそろ反落を始めてもおかしくないタイミングに差し掛かっていると言った印象です

相場の反落が始まればそこからの下落を示すシグナルがすぐに点灯すると思いますので、反落への備えを十分にしておかなければならないタイミングだと思っています

土曜日の時点でアメリカの株式市場の下落を受けて日経平均の時間外先物はすでに0.72%程度の下落をしています

そして今まで相場への援護となっていたドル円相場もここに来て円高方向への強い調整に入っています

日経平均の上値目処から考えるともう少し上を目指したいところですし、ここから横ばい気味に推移しつつもう少し上昇推移する可能性も残ってはいます

ですがテクニカル的にはここで下落推移が発生すると一気に弱気に転換する境目にいることも確かですし、支援材料となるドル円相場の円安推移が発生するか不透明です

そのため予想内容としてはここから下落する可能性を重視したものにした方が良いだろうと判断しました

以上のことからこれから1週間の日経平均は、エンベロープ中央線を目指して下落推移をする展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に注意していただきたいポイントです

上昇方向は28,400円の上抜けです

この価格は現在の横方向レンジ相場で頭を押さえている価格になります

ここを上抜けることができるとレンジ相場の価格帯が変化する可能性のある大事なポイントだと思います

予想としてはまず無理だろうと考えている値動きではありますが、ここを上抜けると次の上値目処は29,400円周辺になります

この勢いのまま上昇して29,400円まで達してしまうと、現在のレンジ相場から上昇トレンド相場へと切り替わる可能性が出てきますので、その場合には上昇途中で反落したとしても積極的に押し目で買いに入っていい相場になっていると考えられます

かなり強いリスクオンの動きとなりますので注意したいポイントだと思います

下落方向は25,500円の下抜けです

今週中にここまで下落することは無いと思います

また予想値幅下限は26,500円を見込んでいますが、相場が強い調整に入った場合には下抜ける可能性があります

今週の予想値幅下限は、日経平均が下落したとしてもここまでしか下落しないだろうという水準では無くて、今週中はここまでの下落で収まるだろうと考えている価格です

その後にどう値動きするのかと言えば、25,500円までの下落は十分にあり得ます

そのため予想値幅下限からは1,000円も離れていますが、気を付けなければならないポイントは25,500円の下抜けです

これから1週間の日経平均の推移は強い下落が起こる可能性が高いと考えていますのでかなり気を付けた方が良いと思います

話を25,500円の下抜けが起こった場合に戻しますが、この場合はさらに下の24,700円周辺までの下落を覚悟する必要があります

横方向レンジ相場であっても1段下に水準が下がりますので、その後の上値目処も再度27,000円付近になってしまう点にも注意が必要だと思います

ドル円相場の予想と注意ポイント

チャートではボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ドル円相場のチャート

これから1週間のドル円相場の予想は下落、予想値幅は134円50銭から137円70銭です

予想値幅下限はエンベロープ下限の価格を、上限はボリンジャーバンド中央線の価格を目処に設定、ボラティリティが高い状態で上下しながらエンベロープ下限を目指して下落推移する展開を予想します

ここ1週間のドル円相場の値動きですが、月曜日はFRBの強い利上げ観測が後退しドルが主要通貨に対して売られ円高、火曜日は景気悪化懸念後退で株式市場が上昇、債券が売られ米長期金利が上昇し円安、水曜日はロシア産天然ガスの供給不安からユーロが対ドルで売られ円も連れ安し円安、木曜日はECBの50bp利上げというニュースで値幅を大きくしますが、アメリカでの景気減速懸念につながるような経済指標発表が続き債券が買われ米長期金利が低下し円高、金曜日はアメリカで発表された購買担当者景気指数が市場予想を下回り好不況の分かれ目である50を下回ることで景気悪化懸念が高まり、債券が買われ米長期金利が低下して強い円高推移をして週を終えました

米10年債利回りのチャート

ここまで一方的に円安推移を見せてくることが多かったドル円相場ですが、アメリカで発表される経済指標に弱い内容のものがあり、これに反応してここまでの強い円安推移への巻き戻しが起こっている印象があります

また米長期金利の推移との相関性がかなり低くなっている印象がありますので、米長期国債債利回りの動向から、ドル円相場の予想をしてくことが難しいタイミングに入っているという印象があります

しいて言えば2年債利回りの値動きが近いかもしれませんが、それでもそこまで相関性が高いとは言えないのではと考えています

米2年債利回りのチャート

これから1週間の主なイベントですが、火曜日の日銀金融政策決定会合議事要旨は強い金融緩和の継続を確認することで多少円安要因に、米6月新築住宅販売件数は市場予想が減少見通しですのでドル円相場には円高要因に、恐らく日本時間とアメリカ時間で方向感が変わるのではと考えています

火曜
 日銀金融政策決定会合議事要旨
 米6月米新築住宅販売件数
水曜
 米6月耐久財受注
 FOMC政策金利発表
 パウエルFRB議長定例記者会見
木曜
 米4-6月期四半期GDP
金曜
 米4-6月期四半期雇用コスト指数
 米6月個人所得
 米6月個人消費支出

木曜日の米四半期GDPと金曜日の米6月個人消費支出は市場予想では改善見通しですので、景気回復期待が高まりドル円相場には円安要因になるのではと考えています

問題なのは水曜日に予定されているFOMC政策金利発表とその後のパウエルFRB議長の定例記者会見です

FOMCでの利上げ自体はおそらく予想通りの75bpになるだろうと思っているのですが、その後のパウエルFRB議長の定例記者会見でどのような内容が出てくるのかに関しては全く予想ができていません

9月の利上げ幅がどの程度になのか、年末までの金融引き締めの強弱はどうなるのか、そして最も気になるのが来年の利上げ見通しです

ここ最近発表されている経済指標には弱いものが見られていますが、今のところFRBの利上げ判断の基本的な考え方は、インフレをいかに抑え込むかに重きを置いているという印象があります

これは以前のパウエルFRB議長がそのような発言を行っていましたので、改めて姿勢に変化があるような発言が無い限り継続されていると考えていいと思います

ただこれ自体も定例記者会見で変化が見られる可能性もあります

水曜日のFOMCというイベントに関しては、ドル円相場の方向感を一気に転換させるだけのインパクトがありますので、その時点で一気に予想外の値動きに発展していくことを覚悟しておいた方が良いと思います

チャートのテクニカルでは水曜日まではボリンジャーバンド中央線を下支えにするように堅調な値動きをしていましたが木曜日に相場が一変、ボリンジャーバンド中央線を下抜けたドル円相場はそのまま一気にエンベロープ中央線まで下抜けていきました

あまりに強い下落方向値の値動きが発生していますので、まずは買戻しが入ると考えた方が良いと思います

そのため一旦はエンベロープ中央線を上回る水準まで上昇、そこから改めて様子を見ながら円高推移をするのではと考えています

月曜日はイベント的には空白になり、アメリカである個別の企業決算に関しては予想が難しくドル円相場がどちらに動くのかは予想しにくいですが、さすがにここまで下落すれば自律反発はあるでしょうし、火曜日には日銀金融政策決定会合議事要旨があり、これは円安要因になると考えられます

この辺りで一旦は少し円安に振れると思います

その後は水曜日のFOMCはやはりどちらに動くが予想できないわけですが、株式市場がリスクオフに動いた場合、ドル円相場も一気に円高方向へと動くだろうと考えられます

チャート形状的には自律反発後に少しもみ合い、再度円高方向へと推移を始めるタイミングかなと言った印象です

インジケーターではADXは27台を下落推移、現在は相場の方向感が失われている状態だと判断しています

ドル円相場のインジケーター

RSIは49台まで下落、短期的に考えるとかなり安い水準まで下落しています

ここで判断が分かれるのが、ここまでの強い円安推移を継続してきた相場の流れで考えるのであれば現在のRSIの水準は割安でいつ反発してもおかしくありません

一方で通常の相場であれば49は中間点付近で、決して割安な水準ではありません

今回ドル円相場の下落でRSIがどこまで下落するのかによって、ここからドル円相場が以前のようなテクニカルが効きやすい相場に戻るのか、それとも相変わらず強い円安推移を基調とした上昇相場を継続するのか、その判断ができそうです

予想としては40までは下落、ここからは以前よりはテクニカルが効きやすい相場に変化していくだろうと見込んでいます

MACDはシグナルを下抜けて下落を開始、相場の方向感が下向きになっていることがうかがえます

現在のドル円相場はトレンド相場ではありませんので、これからMACDで確認できるシグナルは、MACDシグナルとの乖離幅縮小による一旦の転換ポイントの確認だと思いますが、これは信頼度が低めのシグナルですので注意が必要です

ここから先の値動きのイメージは5月中の物を参考にしていいだろうと思います

一旦は強い下落から反発、再度下落に入ってエンベロープ下限を目指し、一目均衡表の雲との距離を詰めるように円高推移する展開です

これから1週間に関しては一旦上昇するかもしれませんが、すぐに下落に転じると思いますので、予想としては下落という表現を使いたいと思います

以上のことからこれから1週間のドル円相場は、ボラティリティが高い状態で上下しながらエンベロープ下限を目指して下落推移する展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に注意していただきたいポイントです

上昇方向は139円40銭の上抜けです

直近高値を上抜ける水準ですので、改めて強い円安推移が発生していることになります

恐らくですがどんなに好調な企業決算が出たとしても、それだけでここまで強い円安推移を見せるようなリスクオンが出てくるとは考えにくいですので、きっかけがあるとすればFOMCだと思いますが、ここで米長期金利が上昇するような内容が出てきた場合に想定される値動きです

この値動きが出てくるとそのまま148円あたりを目指す円安推移が再度発生する可能性が出てきます

今のところFRBが明確に利上げペースを弱めるという姿勢を出していないので、ドル円相場はまだ円安基調ではあるだろうとは考えていますが、特にボリンジャーバンド上限を押し広げるバンドウォークを伴うような強い上昇が現れた場合は、思いもしないほどの強烈な円安推移が起こる可能性もありますので注意が必要だと思います

下落方向は134円00銭の下抜けです

特に大きな陰線を伴って一気に下抜けた場合は危険だと思います

今回の様な下落推移が発生した場合、おおむねエンベロープ下限への接触か多少の下抜けを起こす水準までの下落は起こりえます

ただそれ以上に強い下落が発生してしまうと、相場の方向感が上昇推移から下落推移へと大きく切り替わる可能性が出てきます

この値動きが発生するためにはFRBの金融政策に大きな転換が無ければちょっと難しいのではとは思うのですが、FOMCでの内容がどのようなものになるのかは予想もつきません

金曜日のような強い陰線を伴いつつ134円を下抜けるような値動きを見せた場合には、相場の今後の方向感が変わるかもしれないタイミングの可能性があると思いますので注意が必要だと思います

あとがき

FOMCを控えて相場が思惑で上下することはありますが、今回は企業決算が重なることで景気見通しが左右されその影響が為替相場にも強く出ているという印象があります

これから1週間に関してもゼネラル・エレクトリック、コカ・コーラ、マクドナルド、ムーディーズ、スリーエム、ゼロックス、ゼネラルモーターズ、アルファベット、マイクロソフト、テキサス・インストゥメンツ、クラフト・ハインツ、ボーイング、クアルコム、サウスウエスト航空、コムキャスト、ハーレーダビッドソン、メルク、マスターカード、ファイザー、アップル、インテル、シェブロン、エクソンモービル

主要処だけでもこれだけあります

特に大手ハイテクが集中していてナスダックへのインパクトは大きなものになるでしょう

そして今年はFOMCでの政策金利や今後の利上げがどうなるのかも焦点になります

これから1週間は予想外の不確定要素があまりに多い週になります

これらを加味したうえでどのようなポジションを取るべきか、吟味に吟味を重ねて週末を過ごしていただいて、月曜日に臨んでいただければと思います

私もそうしようと思います

それでは今週もご覧いただきありがとうございました

土曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

【インジケーターの基本設定(変更する場合もありますのであくまで参考です)】
・単純移動平均線
 5・25・75・200日
・一目均衡表
 転換9・基準線26・先行スパン(1)26(2)52・遅行スパン26
・ボリンジャーバンド
 期間9・乗数(1)2(2)1
・エンベロープ
 期間20・乗数5(ドル円は乗数1.5)
・MACD
 期間12・長期26・シグナル9
・DMI
 DI14・ADX14・ADXR14
・RSI
 期間14・シグナル9

コメント

タイトルとURLをコピーしました