相場の値動きはクラッシュへ向かう?

週間株為替予想

こんにちはシーカーズです

ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円相場の、週初からの振り返りと週末までの予想の動画、週間株為替予想です

自分の投資のためにしている予想をブログと動画にしていますので、楽しんで見ていただければ幸いです

私は投資に生活が懸かっていますが、皆さんまで泥沼にはまる必要はありませんので、投資をする際にはあくまで自己責任でお願いいたします

毎週水曜日と土曜日にブログの更新と動画配信をしていますので、チャンネル登録やコメント欄への書き込み、グッドボタンバッドボタンで反応をしていただけると励みになりますのでもし気が向いたらお願いいたします

【日経平均・ダウ・ナスダックの予想】急落するニューヨークダウとナスダックに連れ安する日経平均はここから急落するのか?【週間株価指数予想】
ニューヨークダウとナスダックの強い下落をきっかけに、日経平均にも売りが波及しています。日経平均の日中のボラティリティはそこまで高くないものの、相場展開としてはかなりネガティブな値動きとなってきました。この下落は相場がクラッシュする兆候なのか...
【ドル円相場の予想】遂にエンベロープ上限に差し掛かるドル円相場【週間ドル円予想】
ここまで強烈な円安推移を継続していたドル円相場に遂に反転の兆しが見えてきました。チャート形状ではエンベロープ上限に下支えされるように下落をとどまっていてここからの調整相場を予想するのは一歩早いものの、インジケーターには反転下落のシグナルが出...

ニューヨークダウの週初からの振り返りと週末までの予想

12月1日の終値を中心に1月4日の終値を高値3月8日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

週初のニューヨークダウの予想は下落、予想値幅は32,000ドルから34,600ドルに設定しました

予想値幅下限は今年の最安値の価格を、上限は大きな高安の半値基準の価格を目処に設定、ボラティリティを伴いながら下落する展開を予想しました

週末までのニューヨークダウ予想は週初の内容を継続します

月曜日は先週のアメリカ株の下落を受けて日本や中国のアジア株や欧州株が下落、時間外CFDで下落していたニューヨークダウも一旦強い下落を見せますが、米長期金利の低下を手掛かりにハイテク株に買戻しが入り日中のボラティリティは高かったものの反発を見せました

火曜日は中国でのロックダウン強化による景気減速懸念から中国での売上高比率の高いボーイングが大幅下落、ナイキやビザ、ハイテクのマイクロソフトやアップルも大幅下落していて、ニューヨークダウは全面安の展開となっています

ちなみに火曜日の欧州株は堅調な推移を見せていましたが、アメリア株の下落を受ける形で上げ幅を縮小、もしくはマイナスに転じてしまっています

ここまでの経済指標発表を見ていて気になるのは火曜日に発表された3月新築住宅販売件数で、前月比が市場予想を大きく下回る結果となってしまいました

景気動向の先行指標として重視される経済指標だけに、これは株式市場へはネガティブインパクトになっている可能性があります

チャートのテクニカルでは月曜日は一目均衡表の雲の中に戻って引けたものの直近高安の半値基準に頭を押さえられる形となってしまっていて、ここでいったん底値を付けるのかどうか判断に迷う展開でした

火曜日は月曜日の安値も下抜けて終値も安値引けとなっていて、先週金曜日の値動きに近い状態となってしまっています

ここまで強い下落が発生してしまうと、エンベロープ下限への接触が起こるまでは下落が継続する公算が高そうだなと考えています

価格帯としては直近安値か今年の最安値付近で一旦下げ止まるか、少しオーバーシュートが発生して予想値幅下限32,000ドル周辺まで下落するのではと予想しています

問題となるのはその後の値動きだと思います

今回の下落はダブルトップを形成する形で発生していて、この場合の下落は強いものになることが多いです

底値目処は予想した範囲の場所でいいと思いますが、反発がどの程度になるか判断が難しいところで

今のところ今回の下落の底を形成した後、1度34,000ドル付近までの反発をしてくるのではと見込んでいますが、そこからの値動きがどうなっていくのか予想することが今の段階では難しく、日中のボラティリティが大きくなっている点からもどの時点で手を出すべきなのか悩ましい局面です

ピッチフォーク下限で粘る動きを見せるのであれば上昇相場を維持できる見込みもありますが、予断を許さない状況です

インジケーターではADXは13台と低位を推移していますが、強い下落が発生することでDMIの+DIと-DIの乖離幅が一気に拡大して上昇傾向に変化し始めていて、下落トレンド相場が発生する危険性が高まっています

ニューヨークダウのインジケーター

ただ気を付けたいのは、仮にADXが上昇を開始して下落トレンドが発生したと判断した場合でも、今までのニューヨークダウであれば底値を付けた後は反発局面に入ることがあります

丁度今年の1月が同じような形状になっていてわかりやすいかと思います

この時に注意したいのは、反発は思ったより強いものになるものの、上値は基本的に切り下げられてその後の谷はさらに深くなる点です

今回の下落でも今年1月から3月の底を形成するまでのチャートと同じようなパターンに入る可能性がありますので要注意だと考えています

あくまで私見ですが、ここからは底でつかんだ場合でも利益確定まではフットワークを軽くしておかないと危険かもしれません

MACDは火曜日の下落で一気に下落の角度を増してシグナルとの乖離幅を拡大、強い下落が発生する兆候が見られます

インジケーターは全体的に弱気方向へと傾いていて、相場全体がしばらく下方向へ向かう可能性が高まっているのではと感じています

当面の課題はエンベロープ下限への接触で底値を形成できるかどうか、仮に底値を形成できたとしても戻り高値が34,000ドル付近で頭を押さえられてしまわないかどうかになるかなと言った感じです

どちらかを達成できない場合、このまま下落トレンドの相場展開が継続してしまいそうですので、ニューヨークダウの今後の見通しはちょっと厳しそうな雰囲気になってきたなと考えています

ナスダックの週初からの振り返りと週末までの予想

1月27日の終値を中心に2月9日の終値を高値3月14日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックのチャート

週初のナスダックの予想は下落、予想値幅は12,400ポイントから13,600ポイントに設定しました

予想値幅下限は直近安値の少し下の価格を、上限は直近高安の半値基準の価格を目処に設定、週内に直近安値を試しに行くような下落をする展開を予想しました

週末までのナスダックの予想は週初の内容を継続、ただ予想値幅下限は12,000ポイントまで引き下げます

月曜日は先週金曜日のアメリカ株下落の流れを引き継いだアジア株や欧州株の下落を受けナスダックも続落、ただ中国の景気減速懸念から米長期金利が低下しハイテク株に買戻しが入ることでナスダックには強い上昇が起こりました

ただ金曜日の下落幅を月曜日だけで取り戻すことはできませんでした

火曜日は引き続き米長期金利は低下しているものの中国のロックダウンによる景気減速懸念や企業決算を控えた売りが重なり下げ幅を拡大、今年の最安値を記録してしまいました

短期的には米長期金利の下落が起こってはいるものの、来週に予定されているFOMCでの利上げや今後の金融引き締めを見越したハイテク株への売りが継続していることをうかがわせる展開となっています

米10年債利回りのチャート

チャートのテクニカルでは直近安値を終値基準で下抜けてかなり危険な値動きに入っています

予想値幅下限に設定している12,400ポイントまであと少しと言った感じです

週初の予想でお話ししましたが、今回の下落が1段目と同様の値幅まで下落するのであれば12,400ポイントまで、2倍下落する場合であれば12,000ポイントを下抜ける可能性もあります

週初の予想ではここまでの高いボラティリティを維持したまま下落を継続するとは考えていなかったため予想値幅下限を12,400ポイントまでの設定でいいだろうと考えていましたが、2営業日でここまで下落してしまうのであれば、予想値幅下限は引き下げておいた方が良さそうだと判断しました

ちなみに、今回の下落幅を最大の2倍で見積もった場合、計算上では底値は10,860ポイント周辺となります

あくまでこれは1段目の下落幅を単純に2倍した場合の数字でしかありませんので、今は目処程度に考えていただければとは思いますが、可能性としてはここまでの下落があり得ると言った感じです

恐らくですが、10,800ポイントから12,000ポイントは2020年9月から11月にかけて上下にもみ合った価格帯ですので、この価格帯の間で底値を形成するか、12,000ポイントあたりが強い下値抵抗になるのではと考えています

1段目の下落幅と同じ下げ幅や2倍の下げ幅というのは、あくまでテクニカル的に目処として用いることができる下落幅であるというだけで、そこまで予想確度の高いものでは無いと考えていますので、気にしすぎるのは良くないと思います

ただ危険性がある事だけは念頭に置いた方がいいと言った感じです

インジケーターではADXは21台まで上昇していて、下落トレンド相場へ入っていると判断しています

ナスダックのインジケーター

MACDはシグナルとの乖離幅を拡大中で強い下落を示唆しています

RSIは33台まで下落していて安値圏が近づいています

下落トレンド相場へと突入し始めてはいますが、ナスダックの下落速度はオーバーシュート気味になっていますので、RSIが安値圏に入ってからすぐに底を付けるかは疑問ですが、さすがに30を下回った後は一旦底を付けても良いのではといった環境になっていると思います

インジケーターから感じ取れるのは、ナスダックがこれから今年1月からの下落トレンド相場のような相場展開に入ってしまう可能性です

かなり危険な状態です

仮にですが、火曜日の下落でナスダックの急落が止まって反発する場合、チャート形状から考えるとダブルボトムの形成とそこからの反発を期待することができます

ただインジケーターはすでにかなり弱気に傾いてしまっていますので、このまま12,000ポイント周辺までの下落をしてしまいそうです

そうなってくると安値更新と下落トレンド突入が重なって、今年1月からの相場のように反発しても高値には戻れず、再度下値を試す展開に入ってしまいそうです

来週予定されている5月のFOMCが反転のきっかけになればいいのですが、今のところテクニカル的にはナスダックの今後の推移は弱気見通しと判断せざるを得ないと言った感じです

日経平均の週初からの振り返りと週末までの予想

チャートではボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均のチャート

週初の日経平均の予想は下落、予想値幅は25,800円から27,000円に設定しました

予想値幅下限は2月の下落時の1つ目の安値の価格を、上限は大きな高安の半値基準の価格を目処に設定、アメリカ株に連れ安して下落推移する展開を予想しました

週末までの日経平均の予想は週初の内容を継続します

月曜日は金曜日のアメリカ株の大幅下落を受けて日本株も大きな下落をして始まりました

下落率は最大で2%を超える大きさとなりましたが日中のボラティリティは比較的低い状態でした

反発したアメリカ株を材料に火曜日は反発、ただこちらもやはり日中のボラティリティは低く、強い方向感を出さない2日間となりました

火曜日に発表された3月の失業率や有求人倍率は市場予想から大きな乖離は無く、特に大きな材料とはならなかった模様です

水曜日に関してはアメリア株の大幅下落、特にナスダックの下落率が極端に大きくなっていますので、ハイテク銘柄には厳しい1日となりそうです

海外系証券会社の動向ですが、オプションではABNアムロ・JPモルガンともに強い買いの場合は225miniで売りに回っていますので、通常通りの裁定取引が行われている状態だと判断しています

225mini先物の建玉

国内証券会社も含めたオプション全体での取引は月曜日ではPUTの26,000円と26,500円に、CALLは26,750円と27,500円に、火曜日ではPUT25,750円と26,000円、CALLは27,000円と27,500円に取引が集中していました

オプションの建玉からは下方向は26,000円、上方向は27,500円あたりで相場の動きに勢いがつく可能性があるなと警戒しています

先物に関しては月曜日の下落幅が大きかった割には建玉の急激な増減も無く、方向感をうかがうことはできない状態で、様子見をしているのかなと言った印象を受けます

225ラージ先物の建玉
TOPIX先物の建玉

期近の限月も6月ですので、まだそこまで強く見通しを変更するような相場環境ではないと判断しているのかなと言った感じです

チャートのテクニカルでは大きな高安の半値基準を窓開けで一気に下抜けて、直近高安の半値基準を底に粘っています

窓を開けるような強い下落をした割には日中のボラティリティは低くなっていて、相場が急激な調整に入る兆候は火曜日の時点までは無いと言った感じです

この程度の下落であればこれまでの価格帯であった節目、直近であれば月曜日に底値を付けた直近高安の半値基準や、1月と4月の下落で底値を付けた26,200円あたりを底にして反発する可能性が残っています

またこの2か所を下抜けても今週の予想値幅下限25,800円も底値として機能するかもしれません

相場の方向感自体は弱い状態を維持してはいますが、月曜日と火曜日に粘った値動きを見せたことで今後の展開にはまだポジティブな材料が残っている状態だと考えています

インジケーターではADXは12台と低位で現在はレンジ相場だと判断しています

日経平均のインジケーター

RSIは45台を少し上昇、日経平均が今後真横にレンジ相場を展開するのであれば、下側は40周辺、上側は60周辺での上下を繰り返すことが予想されますので、もう少し下押ししたところで反発する可能性があります

先ほどの価格帯のテクニカルから考えると、タイミング的に一回26,200円あたりまで下落するとRSIは反発するタイミングに入るかもしれません

DMIでは+DIと-DIは上下を繰り返しながら絡み合うように推移、これは日経平均が横ばい推移に入る際に見られる動きです

MACDはシグナルを下抜けた状態を維持したまま0を下抜けてきました

シグナルとの乖離幅が広がり相場の弱さを示してはいますが、現状では相場の方向性を強く示すものでは無いと判断しています

日経平均単体で考えるとここから横方向レンジ相場に入るのであればそろそろ反発してもおかしくないタイミングに差し掛かっています

今週木曜日に予定されている黒田日銀総裁の定例記者会見などはそこまで大きな材料とはならないだろうと見込んでいるのですが、今週末金曜日の休日を皮切りに日本はゴールデンウィークに入ります

好調な企業業績によって個別銘柄に買いが入る可能性はあるものの、連休を控えたタイミングでの強い買い材料が乏しい状態が来週いっぱい続くと考えられますので、週初に考えていたほどのダイナミックな下落を起こす可能性は低下しているものの、強い上昇を見せられるような相場環境でもないと考えています

特に来週はアメリアでFOMCがありますので、これをにらんだアメリカ株の動向が上下どちらに振れるのかによって日経平均も強く引っ張られる展開が継続するのではと予想しています

ゴールデンウィーク前後になると、市場参加者の顔ぶれが変わって普段とは違う日中の値動きを見せることがあります

今週末にかけてそろそろそのような値動きが起こり始める可能性がありますので注意した方がいいかもしれません

ドル円相場の週初からの振り返りと週末までの予想

チャートではボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ドル円相場のチャート

週初のドル円相場の予想は円安、予想値幅は127円00銭から132円00銭に設定しました

予想値幅下限は週末のエンベロープ上限の価格を、上限は金曜日の終値から3円円安の価格を目処に設定、週初は横ばい気味に推移するも週後半から再度円安推移を開始する展開を予想しました

週末までのドル円相場の予想は円高に変更、予想値幅下限を125円50銭まで引き下げます

予想値幅下限の水準はエンベロープ中央のラインと考えていただければと思います

月曜日は金曜日のアメリカ株の下落を材料に世界的に株価が下落、中国ではコロナの再拡大に伴いロックダウンが強化され景気減速懸念が台頭します

これを受けてアメリカでは長期金利が低下、ドル円相場は下落方向へと舵を切ります

火曜日も引き続き米長期金利は低下、ドル円相場も続落します

米10年債利回りのチャート

来週にFOMCを控える中で米長期金利が続落するという何とも不穏な雰囲気になってきてしまいました

注目していた火曜日に発表されたアメリカの3月住宅販売件数の前月比が市場予想を大きく下回ったのは、アメリカ経済の先行き見通しにネガティブだったかもしれません

チャートのテクニカルでは、ここまで強い上昇していたドル円相場は先週の時点でいったん横ばい、週明けから陰線を2連続で出してきました

今のところ予想値幅下限に突っかけた状態でエンベロープ上限を下支えに下落を押しとどめている状態です

ここまで何度かお話ししているドル円相場が調整に入るタイミングに関してなのですが、エンベロープを上抜けて強い上昇に入った場合、次にエンベロープ上限を下抜けて日足がエンベロープ内に戻ると、そこからしばらく横ばい気味にレンジ相場へと入ることが多く見られます

火曜日までの値動きで判断すると、日足はエンベロープ内に戻るかどうかの非常に微妙な位置取りですので、まだ調整相場に入ると判断するのは1歩早いタイミングです

インジケーターではADXは69台で横ばい気味に変化していて、ここまでの強い円安トレンド相場が一旦終わりに近づいている可能性が出てきています

ドル円相場のインジケーター

ただここまで強いADXの上昇が起こってしまうと本当に終わったのか判断が悩ましい所です

MACDは2台という非常に高い水準にいますが下落傾向で、シグナルの下抜けを見せてきています

これは相場が一旦の下落方向への調整に入るシグナルだと考えられます

先ほどのエンベロープ上限と日足の接触で円高方向への調整に入ると判断するのは1歩早いとしながらも週半ばの予想で下落へと予想を切り替えたのは、このMACDのシグナルの下抜けが相場転換のシグナルとして信頼度が高い可能性があると考えたためです

このMACDのシグナル下抜けが騙しなのか、それとも反転を示すシグナルとしてとらえて良かったのか、水曜日以降のドル円相場の値動きが下落してエンベロープ内に戻ってくるかどうかですぐに結果が出ると思います

RSIは66台と高い水準を下落中です

ここからレンジ相場へと切り替わる様であれば、これからはシグナルとして利用できる場面が出てきそうですが、今のところまだ高値圏からの下落をしているとしか言えません

今後の見通しとしては、アメリカの利上げは今後も行われると考えられますので、米長期金利は再度上昇するタイミングが来ると思います

その上昇が今までのような極端なものでなければ、ここからは円安方向への推移は続けるものの、RSIが高安をシグナルで示すことのできる横方向レンジ相場へと切り替わるのではと見込んでいます

その際にはエンベロープと合わせて相場の天井と底を予想する展開になるかと思います

ただここからの展開で気を付けたいのがいったんの底値がどこになるかです

エンベロープ中央や下限で下落が止まればいいのですが、一方的な円高推移には要注意です

相場がクラッシュする場合、ドル円相場の円高推移も高確率でセットになると個人的には考えています

いわゆるリスク回避の円買いというやつです

日本円がリスク回避するには通貨として魅力が薄いという見方もあるのですが、私の見解は異なります

特に今回の円安推移は日米の金利差拡大によってもたらされている面が大きいと思いますが、市場がクラッシュするような場合はリスク回避のために資金は一気に安全資産へと逃げます

そのリスク回避の目指す先がアメリカ国債です

ニュースなどでは安全資産の円が買われと言う表現が使われることで円が安全資産だから買い戻されるイメージが強いかと思いますが、私自身はあくまで円高が起こった場合のニュースでの表現方法の1つくらいにしか考えていません

円高が起こる要因はもっと複雑なはずです

ただ相場のクラッシュが起こる場合はドル円相場も強い円高推移が発生する可能性がありますので、ここからはアメリカ株が極端な下落を継続してしまわないか、それと共に米長期金利の低下が継続してしまわないかどうか、この辺りを確認することで通常の調整相場なのか、それとも危険回避の結果起こる強い円高推移に発展するのかどうか判断する必要があると思います

今のところはそこまでのリスクオフが起こっているとは判断していませんが一応気を付けた方がいいと考えていますので、頭の片隅に覚えておいていただければ幸いです

それと有事の金買いと言いますので金も同様の傾向があるかもしれませんが、私はコモディティに関しては門外漢ですのでこれに関してはコメントを差し控えます

それでは今週もご覧いただきありがとうございました

水曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました