反発試す株式市場、上値試すドル円相場

週間株為替予想

こんにちはシーカーズです

ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円の、週初からの振り返りと週末までの予想のブログと動画、週間株為替予想です

自分の投資のためにしている予想をブログと動画にしていますので、楽しんで見ていただければ幸いです

私は投資に生活が懸かっていますが、皆さんまで泥沼にはまる必要はありませんので、投資をする際にはあくまで自己責任でお願いいたします

毎週水曜日と土曜日にブログ更新と動画配信をしていますので、チャンネル登録やコメント欄への書き込み、グッドボタンバッドボタンで反応をしていただけると励みになりますのでもし気が向いたらお願いいたします

【日経平均・ダウ・ナスダックの予想】期待が膨らむ大陽線が発生するニューヨークダウとナスダック、それに追従する日経平均【週間株価指数予想】
ニューヨークダウとナスダックに底値固めをしたところから強い陽線が発生、ついに強い上昇相場が現れるかもしれないという期待感が高まります。ここで上昇すると考えて相場に乗ってしまって良いのか、それとも週初の予想を継続するべきなのか、お話しさせてい...
【ドル円相場の予想】円独歩安【週間ドル円予想】
ドル円相場が安いだけではなくユーロ円まで安くなり、主要通貨に対して独歩安を展開し始めた円の推移ですが、この円安推移は何をきっかけに反転する可能性があるのでしょうか?週末のフランス大統領選挙が気になる中、週内にはベージュブックの発表やパウエル...

ニューヨークダウの週初からの振り返りと週末までの予想

12月1日の終値を中心に1月4日の終値を高値3月8日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

週初のニューヨークダウの予想は横ばい、予想値幅は34,000ドルから35,200ドルに設定しました

予想値幅下限は直近高安の半値基準を、上限は直近高値の少し下の価格を目処に設定、方向感なく横ばい推移する展開を予想しました

週末までのニューヨークダウは週初の内容を継続します

月曜日は原油高で消費関連株が売られる中で米長期金利上昇に伴い金融株に買いが入り全体としては横ばい推移、火曜日は強い米長期金利の上昇をものともせず、トラベラーズ・シェブロン・メルクの3銘柄以外は全面高となり強い上昇を見せました

19日にはシカゴ連銀のエバンス総裁が今後のFOMCで2回の0.50%の利上げ可能性に言及することで長期金利の急上昇が起こっていますが、ここまでの相場の反応とはちょっと違った結果になっています

米10年債利回りのチャート

火曜日の日足の上昇はここからの強い相場の出現への期待感があるのですが、週末にかけて長期金利に影響をするイベントがまだまだ控えています

一番気にしていた住宅関連の経済指標では、4月NAHB住宅市場指数は市場予想通り少し減少気味でしたが、火曜日に発表された3月住宅着工件数は市場予想を上回り好調、まだまだアメリカ経済の好調さが維持されていることを示す内容となりました

週末にかけて米長期金利へのインパクトがありそうなイベントとしてベージュブックやパウエルFRB議長の発言があります

月曜
 NAHB住宅市場指数
火曜
 3月住宅着工件数
水曜
 3月中古住宅販売件数
 米地区連銀経済報告
木曜
 4月PHL連銀製造業景気指数
 3月景気先行指標総合指数
 パウエルFRB議長発言
金曜
 4月購買担当者景気指数

19日のエバンス総裁の発言が強い利上げ見通しを先に織り込ませに行っている可能性はあるものの、市場が長期金利上昇への耐性を付けていてここからは長期金利の上昇とは切り離される形で株式市場の上昇が継続するのかはまだ不透明です

チャートのテクニカルでは大きな高安の半値基準を強い陽線で上抜けてきていて、これは上昇方向の注意ポイントに入る可能性が高まっている可能性があります

特に米長期金利の上昇を無視するような株式市場の上昇が起こっていて、これは相場の反応としてはポジティブです

火曜日の上昇は一旦ボリンジャーバンド上限に接触するところで止まっていますが、水曜日以降にバンドウォークを開始した場合、予想が外れた場合の上昇方向の注意ポイント、35,200ポイントの上抜けが発生する可能性があります

ニューヨークダウはここまで一旦の底値を固めるような値動きを継続していましたので、ここから強い上昇に入ると判断してもおかしくないタイミングではあります

ここで上昇方向への相場展開が始まる可能性を考えてエントリーするのも手ではありますが、今のところ3月末高値で頭を押さえられないか判断を迷うところです

35,000ドルの少し上に200日単純移動平均線もあり、水曜日も火曜日の勢いのまま上昇できるかどうかがカギになりそうです

インジケーターではADXは10台を横ばい気味に推移、現在はまだまだレンジ相場だと判断しています

ニューヨークダウのインジケーター

RSIはシグナルを上抜けて上昇を開始、相場のいったんの上昇方向への推移を示しています

一旦は60周辺へ達するまでは上昇を継続する可能性が高そうです

MACDはシグナルとの乖離幅を縮小、ここまで軟調推移して底値を固める動きをしていたニューヨークダウが上昇方向への相場展開へ転換したと判断するタイミングが近い可能性を示しています

火曜日の上昇は一目均衡表の雲や昨年6月18日と12月1日の終値を結んだ下値抵抗線の上抜けを見せていて、ここからの強い相場が現れる前兆と考えることもできるのですが、週末に向けてまだまだ重要なイベントも控えていますし、ロシアのウクライナ侵攻に対する見通しもまだまだ立ちにくい状態が続いています

上昇相場への期待感は高まっているものの、まだ判断を下すには少しタイミングが早いかなと言った印象ですので、予想としては週初の内容を維持していたと思います

ただ火曜日の強い上昇は個人的にはかなり期待感が高く、水曜日以降の値動きには要注意だとも思っていますので、35,200ドル周辺での値動きには警戒したいと思います

ナスダックの週初からの振り返りと週末までの予想

1月27日の終値を中心に2月9日の終値を高値3月14日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックのチャート

週初のナスダックの予想は下落、予想値幅は12,600ポイントから13,800ポイントに設定しました

予想値幅下限は直近安値の価格を、上限は3月の戻り高値の価格を目処に設定、週初は横ばい推移する可能性はあるものの基本的には続落する展開を予想しました

週末までのナスダックの予想は週初の内容を継続します

月曜日は長期金利の上昇を背景に上値が重い展開が続きましたが、火曜日は一転して反発しました

シカゴ連銀のエバンス総裁が年内の0.50%利上げが2回以上行われる可能性への発言があり米長期金利は強い上昇を見せましたが、通常であれば強い下押し圧力となるはずのところを無視するようにハイテク株も強い上昇を見せてきました

これが米長期金利の上昇が起こっても今後のアメリカ経済への期待感が優先されて株式市場が上昇していくタイミングに入る兆しなのか、それとも1営業日だけの気まぐれだったのか、判断が難しい所です

ただニューヨークダウと同様に底値から強い陽線を出してきたのは、ここからの強い相場展開への期待感が高まります

チャートのテクニカルでは一目均衡表の雲を下支えに1月安値あたりを底に反発を開始、直近高安の半値基準を上回る水準で火曜日の取引を終えていて、ここからの反発相場への期待感が高まっています

ただ今のところ先週までの値動きの範囲内で、本当にここから反発していくのかはまだ未確定と言った感じです

週末に向けてまだまだ長期金利上昇へのきっかけになると考えられるイベントは控えていますので、引き続き米長期金利の上昇が起こってもナスダックが上昇を続けるようであれば、火曜日の反発は相場が転換するポイントになった日になるかもしれませんが、現時点で判断を行うのは難しいタイミングです

インジケーターではADXは19台を下落傾向で現在はレンジ相場であると判断しています

ナスダックのインジケーター

RSIは40近くまで下落した後反発を開始してシグナルを上抜け、相場の一旦の上昇方向への推移が始まる可能性を示しています

MACDは下落傾向でしたが火曜日の強い上昇でシグナルとの乖離幅を縮小し始めていて、一旦の底値を付けた可能性があります

ただMACDで底値を判断するのはちょっと危険なタイミングです

ニューヨークダウの値動きと合わせて考えると、ナスダックの火曜日の値動きは底値からの反発を期待させる強い陽線でした

ただ慎重に予想するのであれば、ナスダックの反発は一旦の買戻しの可能性も残されていますので、2月の戻り高値である13,800ポイント周辺の強い上抜けを確認するまでは予想を上昇方向へと切り替えるのは勇み足の可能性があると判断しています

そのため予想としては週初の内容を継続したいと思います

日経平均の週初からの振り返りと週末までの予想

チャートではボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均のチャート

週初の日経平均の予想は横ばい、予想値幅は26,500円から27,900円に設定しました

予想値幅下限は直近高安の半値基準の価格を、上限は2月の戻り高値の価格を目処に設定、方向感なく上下しながら横ばい推移する展開を予想しました

週末までの日経平均の予想は週初の内容を継続します

月曜日は先週金曜日の下落からの反発と米長期金利上昇を背景にしたグロース株への売りから始まりましたが、売り一巡後は主力株に買戻しが入り下げ幅縮小、火曜日はアメリカのSOX指数の上昇と強い円安推移の影響を受けてハイテク株と輸出関連株中心に買いが入り上昇しました

円安の援護はあるものの、方向感としては下押し圧力が強くかかっている印象があります

海外系証券会社の動向ですがオプションではABNアムロが強気スタンスに変化した可能性があります

週初の2営業日でオプションのプラス方向への建玉を増やしていますが、その間も225miniの買い建玉も増やしていて、通常の裁定取引とは違う反応を示しています

225mini先物の建玉

どちらも方向性としては今後の上昇相場を見込んだ動きの可能性があります

オプション全体の取引傾向としては26,000円・26,500円・27,000円での建玉が多くなっています

水曜日は27,000円を超えて寄り付きますので、意識されるのは先週までCALLの取引が活発だった27,500円周辺での値動きになると考えられます

先物に関してはあまり激しい動きは無い模様で、225ラージとTOPIXの両先物で相場の方向感をうかがわせるようなものは今のところないと考えています

225ラージ先物の建玉
TOPIX先物の建玉

チャートのテクニカルでは直近高安の半値基準に近づいたものの反発、強い円安推移があった割には大きな高安の半値基準に頭を押さえられ、一目均衡表の雲の中に戻ってしまっています

先週末の2営業を上抜けるような強い値動きとはなっていない状態で、チャート形状としては少し弱い展開かなと言った印象です

来週末からは日本市場はゴールデンウィークに入ってしまいますので、ちょっと動きにくい面もあるかもしれません

ここから上昇方向に値動きするかどうかの最初の転換点は終値基準で27,200円を上抜けできるかどうかにかかっていそうですが、そのすぐ上にはエンベロープ中央も控えていますので、この辺りが上値抵抗になりそうな印象があります

時間外の日経平均CFDの値動きからも水曜日は27,200円を少し上抜けた辺りで寄り付きそうですので、寄り付いた後に強い上昇を見せられるかどうかは注目です

インジケーターではADXは14台と低い状態に入っていて現在はレンジ相場だと判断しています

日経平均のインジケーター

RSIは49台を上昇していますが、シグナルと絡み合いつつ推移していて方向感は掴みにくい状態です

MACDは横ばい気味に推移し始めていますがシグナルの上抜けを見せてくるような状態では無く、相場の方向性は今のところ下落方向なのではと言った感じです

ただ現在はレンジ相場に入っていますので、MACDの相場の方向性に関する信頼度はそこまで高くないと考えています

それでも上値を切り下げるように推移する日経平均の相場観が変化する可能性があるとしたら、MACDのシグナル上抜けからの上昇が起こる少し手前がポイントになるのではといった感じです

現在は横ばい気味に推移していますので、あまり早仕掛けする必要は無く、MACDがシグナルの上抜けを行なったら相場観は上方向のレンジ相場に変化した可能性があると考えればいいかなと言った感じです

ドルとユーロ、どちらに対しても強烈な円安推移を見せているにもかかわらず日経平均の上値は思った以上に重く、相場の弱さが感じ取れます

予想としては円安による相場の押し上げ効果はあるものの、方向感としては下落基調、これらが相殺することで展開としては上下に横ばい推移すると言った相場展開が続きそうです

3市場とも反発タイミングに入る可能性のあるチャート形状が現れ始めていますが、本格的な上昇相場が現れるのかは非常に難しいタイミングになっていますので、私はもう少し様子を見たいという判断です

ドル円相場の週初からの振り返りと週末までの予想

チャートではボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ドル円相場のチャート

週初のドル円相場の予想は円安、予想値幅は125円00銭から129円50銭に設定しました

予想値幅下限は週末のエンベロープ上限の価格を、上限は金曜日の終値から3円円安の価格を目処に設定、引き続き強い円安推移を継続する展開を予想しました

週末までのドル円相場の予想は週初の内容を継続します

週初から米長期金利の上昇に合わせるようにドル円相場は円安推移を継続、19日にはシカゴ連銀のエバンス総裁が今後のFOMCで0.50%の利上げを2回以上行う可能性に関しての発言を行い、火曜日の米長期金利は一層の強い上昇を見せドル円相場もそれに呼応するように強い円安推移を見せてきています

米10年債利回りのチャート

週末までにはベージュブックやパウエルFRB議長の発言などが控えていますので、今後も米長期金利の上昇が意識される場面が続くと考えられます

火曜
 豪中央銀行金融政策会合議事要旨
水曜
 3月貿易統計
 米地区連銀経済報告 
木曜
 ベイリーBOE総裁発言
 パウエルFRB議長発言
 ラガルドECB総裁発言
日曜
 フランス大統領選挙

ただ週初に警戒していた市場が5月のFOMCでは0.25%の利上げしか織り込んでいなくて、0.50%の利上げが意識されたタイミングで米長期金利が強い上昇を見せるかもしれないと考えていたことに関しては、火曜日のエバンス総裁の発言で織り込んだ可能性はあります

そのためベージュブックやパウエルFRB議長の発言では、テーパリングに関する強い発言があった場合の米長期金利上昇はあるかもしれませんが、強い利上げスタンスに対する火曜日のような金利上昇は無くなったかもしれない点には注意が必要かもしれません

もう1つ気になるのが日本からの為替介入の可能性です

今週も通りすがりさんから情報をお寄せいただきましたが、21日に日米の財務相会談が予定されていて、この会見の後にここまでの急激なドル円相場の円安推移に対して具体的な対応が出てくる可能性があります

この会見はアメリカで20日に開催されるG20に合わせて行われるもので、ロシアのウクライナ侵攻への対応などへの協議と合わせて行われる見通しの物です

主要課題がドル円相場に関しての話し合いではないためどこまで具体的な対応策が話し合われるのか不透明であるとは考えていますが、イベントとしては意識しておきたいものです

特に難しいのがアメリカ側の財務長官がイエレンさんだという点です

イエレンさんと言えば前のFRB議長ですので金融に関してはプロ中のプロです

麻生さんが財務大臣の時には失言はありつつも心強い面もあったのですが、義理の弟でもある鈴木財務大臣がどの程度の手腕があるのか、今回の会見後の対応である程度その実力が図れるかもしれません

このタイミングで何も反応が出ない場合は、期待外れの人選だったのか、それとも5月のFOMCでの利上げで米長期金利が上昇した際にぶつけるように介入をするつもりなのか、後者であることを祈るばかりです

今週に入ってからは、すでに黒田日銀総裁と鈴木財務大臣からの口先介入は行われていますが、その効果はほぼありません

日米金利差の拡大に伴う円安推移は継続していて、日本の金融政策の転換が意識されない限りこの状況は継続していきそうな環境になっています

ただここで少し気になるのが対ユーロの反応です

ECBは現在のところ政策金利を0%で維持していて、これは日本とも変わりません

金融緩和も維持していて、引き締めを行うのは利上げが行われた後だとしていて、ステルステーパリングに入っているのではと考えられている日本に比べても緩和姿勢は強いのではとさえ考えられます

違いがあるとすれば、現在の金融緩和相場からの出口戦略の見通しです

日銀からの発言はとにかく経済の下支えのためには金融緩和とゼロ金利政策の維持が必要とのスタンスで、2%の物価上昇目標を達成するまではこれを続けるとしています

この発言からは日銀の出口戦略の話を伺うことは難しく、これが今後の利上げやテーパリングスケジュールの見通しを出しているECBとの大きな差になっている可能性があります

ここから口先介入ではドル円相場の円安推移に歯止めがかからず、どこかのタイミングで実際に為替介入が行われるタイミングは訪れるかと思いますが、日銀の今後の見通しに関してのスタンスへの変化やアメリカでのインフレ懸念が落ち着かない限り、今後も円安推移は継続していってしまう可能性が高いのではと見込んでいますので、一旦の為替介入があったので円安推移が終わると判断するのは危険で、はっきりとした日米の金融政策の変化が確認されるまでは今後も円安推移が継続すると考えて対応した方がいいだろうと考えています

チャートのテクニカルではボリンジャーバンド上限を押し広げるようにバンドウォークを再開していて、強い円安推移を継続しています

特に火曜日のボリンジャーバンド上限を押し広げるような値動きは強烈でした

この時点で次回FOMCでの0.50%利上げを織り込んだ可能性が高いと考えていますので、今週に関してはここまで強い上昇が継続することは無いだろうと見込んでいます

そのため予想値幅上限の変更は行っていませんが、テクニカル的にはボリンジャーバンド上限を押し広げるバンドウォークの状態での上昇が起こると、どこまで上昇が続くのかは判断が難しいですので、予想外の注意ポイントである130円の上抜けも覚悟した方がいいと思います

インジケーターではADXは66台をまだ上昇中で、強い円安トレンド相場を継続中だと判断しています

ドル円相場のインジケーター

MACDはすでに2.41まで上昇していますが再度シグナルとの乖離幅を広げていて、一向に円安推移が弱まる兆候がありません

RSIは87台とかなりの高水準ではありますが、あまりに強いトレンド相場に入ってしまっていますので、シグナルとして機能しなくなっています

インジケーターから値動きを考えるのは、引き続き難しい環境が続いています

引き続きドル売りから入るのは危険な相場になっていますが、そろそろ為替介入もありそうな動きもあります

相場の転換が週後半にも訪れるかもしれませんのでご注意ください

それでは今週もご覧いただきありがとうございました

水曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

【インジケーターの基本設定(変更する場合もありますのであくまで参考です)】
・単純移動平均線
 5・25・75・200日
・一目均衡表
 転換9・基準線26・先行スパン(1)26(2)52・遅行スパン26
・ボリンジャーバンド
 期間9・乗数(1)2(2)1
・エンベロープ
 期間20・乗数5(ドル円は乗数1.5)
・MACD
 期間12・長期26・シグナル9
・DMI
 DI14・ADX14・ADXR14
・RSI
 期間14・シグナル9

コメント

タイトルとURLをコピーしました