急落する株式市場の底値を探る!

週間株為替予想

こんにちはシーカーズです

ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円の予想と、予想外の動きをした時の注意ポイントのブログ、週間株為替予想です

自分の投資のためにしている予想を文章と動画にしていますので、楽しんで見ていただければと思います

私は命がけで考えていますが、皆さんまで一緒に命を落とすこともありませんので、投資をする際にはあくまで自己責任でお願いいたします

毎週水曜日と土曜日にブログ更新と動画配信をしていますので、チャンネル登録やコメント欄への書き込み、グッドボタンバッドボタンで反応をしていただけると励みになりますのでもし気が向いたらお願いいたします

今週は異常な相場環境になっていますので、いつも以上に予想内容に私のポジショントークが入っている可能性を考慮しながらご覧いただければ幸いです

【日経平均・ドル円・ダウ・ナスダックの予想】急落する株式市場の底値を探る!【週間株為替予想】
昨年までの上昇相場が嘘のように1月から急落する株式市場、底値の目処が付かないまま下落が続いています。特にナスダックの下落は激しく、反発のサインが見当たりません。しかしこんな時こそ買いのチャンス!あくまで私の個人的な見解ですが、ここは買いじゃ...

ニューヨークダウの予想と注意ポイント

9月30日の終値を中心に、11月8日の終値を高値、12月1日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

今週のニューヨークダウの予想は上昇、予想値幅は34,000ドルから36,000ドルです

予想値幅下限は12月にかけて下落した際の安値の価格を、上限は12月の反発局面で一旦値を戻した際の高値の価格を目処に設定、もう1段下押しする可能性はあるものの直近高安の半値基準を目指して強い反発を見せる展開を予想します

先週の予想ではピッチフォーク下限までの下落で下げ止まると予想していましたが、一気に下抜けてしまいました

予想が外れた際の下落方向の注意ポイントに入ってしまい、相場が下落方向へと転換するかどうかの境目に入っています

まず今週のニューヨークダウの主な予定からチェックしましょう

月曜
 1月製造業・サービス部門・総合購買担当者景気指数
火曜
 11月ケース・シラー住宅価格指数
 1月RIC連銀製造業指数
 1月消費者信頼感指数
水曜
 12月新築住宅販売件数
 FOMC終了後政策金利発表
 パウエルFRB議長定例記者会見
木曜
 10-12月期四半期GDP
 12月耐久財受注
金曜
 12月個人所得
 12月個人消費支出
 10-12月期四半期雇用コスト指数

週初から重要な経済指標の発表が続きますが、今週警戒しているのは水曜日の12月新築住宅販売件数・FOMC・パウエルFRB議長定例記者会見、そして金曜日の12月個人消費支出です

12月新築住宅販売件数は前月比で増加傾向に陰りが見える予定、さらに同日にFOMCやパウエルFRB議長の発言があります

今回のFOMCで注目されるのは1月にまさかの利上げが無いかどうか

これがあると相場は大混乱になるでしょうから、まずないだろうとは思っていますが要警戒です

そして3月の利上げはほぼ確実視されているものの、FRBがどの程度の姿勢なのか、具体的には0.25%の利上げを考えているのか、それとも0.50%の利上げを考えているのか、そして年内にどの程度の利上げ幅を見込んでいるのか、これを読み取る必要性が出てきます

これは結果待ちと言った感じですが、リスク管理には十分に注意する必要があります

金曜日の12月個人消費支出ですがこれもかなり重要度が高くなっていると思っています

今回の下落は1月5日のFOMC議事要旨発表を契機に始まっていますが、強い下落をするきっかけになったのは1月14日の12月小売売上高の前月比でのマイナス推移だと考えています

金曜日の個人消費支出でダメ押しの様に市場予想を下回る結果が出てくると、相場環境はさらに悪化してしまう可能性があります

チャートのテクニカルに目を移してみるとここまでの急落でピッチフォークを下抜け6月18日と12月1日の終値を結んだ線の延長線上まで下落、エンベロープ下限に接触してきました

ここまで下落してしまうとピッチフォークにそのまま戻るのは難しいでしょう

そこでピッチフォークの位置を移動したいと思います

12月20日の終値を中心に1月4日の終値を高値1月21日の終値を安値としてピッチフォークを表示します

ニューヨークダウのピッチフォーク移動後のチャート

以前のピッチフォークの角度とほぼ同様の角度のラインとなりますが、この中央ラインまでは値を戻してくるのではと考えています

インジケーターではADXは28台とレンジ相場かトレンド相場か難しい局面になっていますが、RSIはすでに安値圏に突入しているものの連続した下落をしているためMACDは強い下落方向への推移を継続しています

一度反発をすることによってMACDが横ばいもしくは上向きにならないとなかなか買い向かうには難しい環境だと考えています

安値水準にはなっていても、積極的に買いに入るのに十分なシグナルは出ていないというのが現状です

今週のイベントとテクニカルを合わせてみるとまだまだ下落が継続するかもしれない不安要素はありますが、十分に売り込まれたと判断しています

以上のことから今週のニューヨークダウは、もう1段下押しする可能性はあるものの直近高安の半値基準を目指して強い反発を見せる展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に注意していただきたいポイントです

上昇方向は35,600ドルの上抜けです

予想値幅上限の下側の水準ですが、ここを上抜けてさらに高値を目指した場合、一気に上昇幅の半値の下落が起こる可能性が出てきます

イメージは12月にあった相場の値動きです

ニューヨークダウの12月上昇時の反落チャート

ここをなぞるように動いてくる可能性がありますので、一気に高値まで戻した場合はそこで一回取引ボリュームを調整した方が良いだろうと考えています

下落方向は33,750ドルの終値基準での下抜けです

ここは昨年10月の終値基準での安値を下抜ける水準で、次の下値目処は6月の33,290ドルがあります

さらにそこを下抜けると下落が止まりそうなポイントは細かくあるのですが、今回の下落する強さを見ているとさらに下抜ける可能性が出てきます

どこまでの下落が起こるのかを予測するのがかなり難しい相場環境になってしまいますので、リスク回避を中心に考えてトレードをした方が良いだろうと思います

ナスダックの予想と注意ポイント

8月18日の終値を中心に、9月3日の終値を高値、10月4日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックのチャート

今週のナスダックの予想は上昇、予想値幅は13,500ポイントから15,000ポイントです

予想値幅下限は昨年3月の上昇のピークと6月の上昇局面での下押しの際の安値周辺の価格を、上限は直近高安の半値基準の価格を目処に設定、もう少し下押しするものの週内に強い反発を見せる展開を予想します

先週のナスダックはピッチフォークの中に戻れず、下方向のトレンドラインも下抜け、さらに3月8日と5月12日の終値を結んだ線すら下抜け、下落推移が一向に止まる気配がありません

先週の下落方向の注意ポイント14,500ポイントの下抜けが起こった後は危惧していた14,000ポイントへの下落どころかさらに下値を模索しに行っています

まず今週のイベントに関してですが、ナスダックにとって一番重要なのはFOMC終了後の政策金利発表とパウエルFRB議長の定例記者会見での発言でしょう

(※ニューヨークダウの経済イベント参照)

ここで今年の政策金利をどのようにコントロールしていくのか発言があると考えられますので、その強弱によってナスダックには強い値動きが上下に発生する可能性があります

特にまずいのが1月に利上げがあった場合で、この場合はナスダックが一旦クラッシュする可能性があります

FRBもそのあたりはわかっていると思いますので、さすがに1月の利上げは無いだろうとは思っていますが、警戒はしておくべきでしょう

チャートのテクニカルでは、下値支持になりそうなポイントをことごとく下抜け、金曜日の終値でもまだ反発の雰囲気すら感じられません

以前お話しした強い下落の際に起こる2段階の下落に関してですが、今回の1段目の下落幅は1,371.24ポイント、反発した高値から再度下落した場合に想定される下値は13,947.79ポイント、すでに金曜日の時点で約180ポイント下回っています

パニック的な強い下落が起こる場合の下値目処としては良い所まで下落してきたという印象です

この考えで1点気を付けたいのは、2020年の3月に起こった急落の場合、1段目の下落の1.55倍の下落が2段目で起こっている点です

今回も同様の下落が起こった場合、13,200ポイントまでの下落が起こりうる点には注意が必要だとは思います

今回に関してはコロナショックの際のような下落が起こるとは想定していませんので、すでに十分な下落幅を達成したのではと考えています

インジケーターではADXが30を上回りトレンド相場と判断、MACDは大きな下落を続けていて強烈な下落トレンドが発生しています

MACDのここまでの下落は10年遡ってみても2020年3月のコロナショックの急落以外では起こったことが無く、かなり危険な値動きになっていると考えるべきだと思います

RSIはすでに安値圏に入ってはいるものの強い下落トレンド相場に入っていると考えると底値のサインとしては弱く、このまま下落が続いてしまう可能性が出てきています

まずはMACDが横ばいもしくは上昇に転じないと、今回の下落局面がいったん終了したと判断するには時期が早いと言った感じです

テクニカル的には2段階の下落時の底値目処以外に反発の兆候が見られない一方、ファンダメンタルズ的には今週のFOMCを超えるといったんのあく抜けが起こる可能性がありますので、今週に関してはどこかのタイミングで反発に入るだろうと考えています

以上のことから今週のナスダックは、もう少し下押しするものの週内に強い反発を見せる展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は14,800ポイントの上抜けです

予想値幅の下ではありますが、直近高安の半値基準の価格でここまで回復するといったんの利益確定の売りが出る可能性が高まると考えています

この半値基準ですが金曜日の安値の価格を計算に使っていますので、下げ幅が拡大した場合は下方向に移動する点には注意してください

問題はここで利確売りが出た後の値動きで、そこで上値を抑えられて下落方向へ押されるようだともう1度強い下落相場へ入る可能性があります

ナスダック指数に強い影響を与えるGAFAMの成長が弱まるとは想定していませんので今は楽観的に相場を見ていますが、直近高安の半値基準を上抜けてきた場合、その後の値動きには要注意だと思っています

下落方向は13,200ポイントの終値基準での下抜けです

予想のところでお話ししましたが、ナスダック恒例の2段階下落が起こった場合、下げ幅が極端だったコロナショックの際を当てはめても最大下落幅は13,200ポイントですので、ここを下回ってしまうと下値目処をどこに設定したら良いのか難しくなっていきます

12,800ポイントと12,400ポイントあたりに下値がありそうな場所もありますが、もっと大きな商いがあったポイントは10,800ポイントから12,000ポイントです

中間点を取っても11,400ポイントと13,200ポイントからだと13.6%も下落した水準になってしまいます

今回の下落が今までの値動きを参考にして推し量っていいものなのか、それとも歴史的な転換点になっているのかまだわかりません

ただ13,200ポイントの終値基準での下抜けが起こった場合は、あまりに危険な値動きですので、相場への買いスタンスを完全に切り替えた方が良いだろうと考えています

日経平均の予想と注意ポイント

10月6日の終値を中心に、11月16日の終値を高値、12月2日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均のチャート

今週の日経平均の予想は上昇、予想値幅は26,400円から28,300円です

予想値幅下限は2020年12月にもみ合った際の下値付近の価格を、上限は直近高安の半値基準の価格を目処に設定、週初は下押しするものの週内に反発に入る展開を予想します

先週は水曜日の大幅下落が予想外でした

アメリカ株の下落自体はその後も継続していますが、チャートで見ると日経平均は比較的落ち着いた値動きをしている印象があって、先週の予想外の注意ポイント27,500円周辺での底値固めに入っているようにも見えますが油断大敵です

今週の日経平均の主なイベントですが、週末の1月東京都区部消費者物価指数以外特になく、引き続きアメリカ株の動向に一喜一憂する相場展開になりそうです

金曜
 1月東京都区部消費者物価指数

気になるのは「憂」ばかりにならないかどうかなのですが、今週のアメリカ株は上昇予想をしていますので、それが当たることを祈るばかりです

海外証券会社のオプション動向ですが、値動きが激しすぎて参考にすることができない状況になっています

市場全体のプットコールレシオは大きくマイナス方向へと傾いていますが、SQ通過後から1週間でここまで相場が急変してしまうと方向性などを読み取るのは難しいでしょう

先物に関しては週半ばに気になっていたTOPIX3月限でのクレディスイスの建玉減少が継続中なのは気になりますが、他の証券会社の建玉変化には大きなものは見られません

相場が荒れ模様の中、むしろ落ち着いた値動きになっている印象があります

例外があるとすれば225miniの3月限ですが、普段から225miniは相場の方向性を見るためには利用していませんし、オプションの値動きが激しすぎてどう絡み合っているのかも推測しにくいため除外して考えたいと思います

チャートのテクニカルではピッチフォーク下限、そして10月6日と12月3日の安値を結んだ線も下抜け直近安値も下回り昨年8月の安値まで接近しています

価格でいうと27,000円あたりになりますが、月曜日はここまでの下落は覚悟した方が良いだろうと思っています

更にその下の価格帯には昨年12月に高値もみ合いをした価格帯、26,400円から26,800円がありますので、更に下押しがあったとしてもここまででいったんは下落が止まるだろうと考えています

ただ日足はエンベロープ下限にタッチ直前まで下髭を出していて、一旦の底値が近くなっていることをうかがわせます

インジケーターではADXが20を下回る低い水準でレンジ相場と判断、RSIは35程度とまだ少し高く下落余地を残していると推測できます

週半ばの水曜日ごろには強い反発をしていなければRSIは下落基調を継続して安値圏に突入している計算になりますので、その前後が反発タイミングになりそうだなと思っています

水曜日の夜にはアメリカでFOMCもありますので、タイミングとしてはあり得そうな感じではあります

まだもう少し下値模索をしてもおかしくない状況ではありますが、底値は近いのではと言った感じです

以上のことから今週の日経平均は、週初は下押しするものの週内に反発に入る展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は28,300円の上抜けです

これは米株指数でも同じことを申し上げましたが、下落が終わった後に直近高安の半値基準まで一気に回復する場合、多くの場合は下押しが発生します

この下押しがどの程度になるかで今後の相場の強さを占うことができるわけですが、大きすぎる下押しが発生した場合はそのまま下落相場へ再度入ってしまう可能性がありますので、28,300円の上抜けが起こった場合は様子を見ながらポジションの調整が必要になるかもしれないと警戒しています

下落方向は26,400円の強い下抜けです

この水準を下回ると、次の下値目処は25,500円周辺と23,500円周辺です

一つ目の下値目処で下落が止まればいいのですが、そこを下抜けるとシャレにならない急落が待っています

今回の下落で最大に耐えても26,400円まで、そこから先はちょっとチャレンジするには危険すぎる水準に入りますので今週は26,400円の強い下抜けを注意ポイントに設定したいと思います

ドル円相場の予想と注意ポイント

11月9日の終値を中心に、11月24日の終値を高値、12月3日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドと一目均衡表を表示しています

ドル円相場のチャート

今週のドル円相場の予想は円安、予想値幅は112円50銭から115円50銭です

予想値幅下限は12月につけた円高水準の価格を、上限は11月の上昇局面で付けた円安水準の価格を目処に設定、週前半は円高方向を試すもののFOMC周辺を境目に円安方向へ推移する展開を予想します

円安予想なのに円高方向への幅がかなり広くとってありますが、これは円安方向へ振れる前に一旦微妙なポジションのトレーダーを焼け野原にするような円高推移が起こる可能性を考慮しています

そのような値動きが無ければ113円50銭近辺を底値に円安推移するだろうと考えています

ただそこを目処にポジションを調整していると、刈り取られる可能性がある点には注意が必要だとかなり警戒しています

今週のドル円相場の主なイベントですが、やはり水曜日のFOMC政策金利発表とパウエルFRB議長の定例記者会見が最重要でしょう

水曜
 カナダ銀行政策金利
 FOMC政策金利発表
 パウエルFRB議長定例記者会見
金曜
 12月個人消費支出

そこまでは仕掛け的な円高調整が起こる可能性がある点には注意が必要だと思います

過ぎてしまえばそこからは円安推移が始まると思いますが、金曜日の終値から考えると円安方向への推移だとは思いますが、今までほどの強烈な円安が起こることも無いだろうと予想しています

チャートのテクニカルでは一目均衡表の雲を支えに円高推移が停止、FOMCを消化するまでは雲の下抜けが起こる可能性はあるものの、基本的に一目均衡表の雲の上側に沿った上昇推移を展開していきそうな雰囲気があります

インジケーターではADXが40近くと高くトレンド相場と判断、MACDは下落方向への推移を続けています

ADXは低下傾向ですので、もう少し円高推移しつつボラティリティの低下が起こることで反発が起こるか、FOMCきっかけで一気に強い円安推移に入るかのパターンが想定されそうです

水曜日まで下押しが発生する可能性を残してはいますが、今週中に円安方向への転換を感じさせる値動きが現れるだろうと考えています

以上のことから今週のドル円相場は、週前半は円高方向を試すもののFOMC周辺を境目に円安方向へ推移する展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は115円50銭の上抜けです

現在の米10年債利回りは1.76%あたりなのですが、これが1.95%を目指して急上昇している可能性があります

この場合ドル円も強い円安推移が発生、一気に118円台を目指す可能性があります

ただ予想としてはまず起こらない値動きです

最近のドル円相場は米長期金利の上昇に対しての感応度が鈍くなっていて、日米金利差の拡大による円安推移よりも日本での利上げタイミングやロシアなどの情勢不安へのリスクオフの円高バイアスの方が強くなっている印象があります

株式相場の急激な回復とコロナ縮小やロシアによる政情不安の解消が合わされば可能性が無いわけではありませんが、そこまでの円安推移を想定するのは難しい環境だろうと思っています

下落方向は112円50銭の下抜けです

この値動きが発生した場合、ロシアのウクライナ侵攻やコロナの拡大、株式相場の予想以上の急落など、かなり強いリスクオフが発生している可能性が高いと思います

ドル円取引のリスク管理も必要ですが、株式相場に関してもかなり危険な状況で、一旦リスク回避に全力で動いた方が良い水準だと思います

仮に株式相場が下落しつつここまでの円高推移が発生した場合、私は損益を考えずにすべての投資資産を現金に逃避するだろうと今のところ思っています

この値動きが起こった場合のドル円相場のその後の見通しですが、111円00銭までの円高推移は起こるだろうと見込んでいます

今週のまとめ

今週のニューヨークダウの予想は上昇

予想値幅は34,000ドルから36,000ドル

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は35,600ドルの上抜け

下落方向は33,750ドルの終値基準での下抜け

今週のナスダックの予想は上昇

予想値幅は13,500ポイントから15,000ポイント

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は14,800ポイントの上抜け

下落方向は13,200ポイントの終値基準での下抜け

今週の日経平均の予想は上昇

予想値幅は26,400円から28,300円

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は28,300円の上抜け

下落方向は26,400円の強い下抜け

今週のドル円相場の予想は円安

予想値幅は112円50銭から115円50銭

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は115円50銭の上抜け

下落方向は112円50銭の下抜け

先週の私は結構ひるみました

早めに入れた買い銘柄は大きく下落、と言うより落ちるナイフを思いっきりつかんでしまいました

さすがに弱気になりつつも追加投資、とは言え迷いもありました

コメント欄での雷太さんとのやり取りで何とか平静を取り戻しつつ、金曜日に思いっきり追加投資しました

雷太さんありがとうございます、助かりました

もし月曜日以降も下落したら、その時は察してください(笑)

取引自体は自己責任ですので、損が出た時はもちろん気にしないでください

そして利益が出た場合は雷太さんの手柄です

皆さんもくじけそうなときや迷ったとき、コメント欄を気軽に使ってください

一人で投資をしていると心が折れそうになることはあるものですので、みんなで一緒に頑張っていきましょう

普段はあまりポジションの話はしないのですが、今回の内容はかなり際どい所での予想になっていますので、ポジショントークになっている可能性があります

という事で一応私のポジションのお話をしておきますが、積立投信のナスダック100インデックスが-6.21%、日本の現物株を週半ばの7銘柄から22銘柄に増加していて損益はほぼゼロ、投資資産の約75%が投資に回っています

結構強気なスタンスで今回の予想をしていますので、その分を差し引いて見ていただければと思います

それでは今週もご覧いただきありがとうございました

土曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました