月末に控えるFOMCとインフレ懸念高まる危険性ある今週の米経済イベント

週間株為替予想

こんにちはシーカーズです

ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円の、週初の予想からの振り返りと週末までの予想の動画、週間株為替予想です

毎週水曜日と土曜日に動画配信していますので、チャンネル登録をして株価の動きをチェックしていただければと思います

グッドボタンバッドボタン、コメント欄へのご意見ご質問ご感想なんでも結構ですので、お気軽にご利用いただけると私の動画を作る原動力になりますので、合わせてよろしくお願いいたします

いつも動画をご覧になってくださる皆さん、本当にありがとうございます

【日経平均・ドル円・ダウ・ナスダックの予想】月末に控えるFOMCとインフレ懸念高まる危険性ある今週の米経済イベント【週間株為替予想】
一旦の米長期金利上昇一服を受け反発する株式市場ですが、アメリカでの経済イベントは水曜日からが本番です。ここからのインフレ懸念を振り払い月末に予定されるFOMCまで上昇を継続できるのか、そのあたりに関しての予想をさせていただきたいと思います。...

ニューヨークダウの予想

9月30日の終値を中心に、11月8日の終値を高値、12月1日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

週初のニューヨークダウの予想は下落、予想値幅は35,800ドルから37,000ドルに設定しました

予想値幅下限は直近高安の半値基準の価格を、上限は直近高値の価格を目処に設定、直近高安の半値基準を目指して調整する展開を予想しました

週末までのニューヨークダウの予想は週初の内容を継続、予想値幅下限を35,500ドルまで広げます

週初の2営業日は予想していた以上にボラティリティが高く、今後の株価の振れ幅が大きくなるのではと警戒感が高まります

月曜日は予想値幅下限を下抜ける水準まで下落、そこから強い反発を見せています

火曜日も同様の値動きをして陽線で終わっていますので、直近高安の半値基準付近が強い下値抵抗として働いている印象があります

チャート形状としてはここから反発局面に入りそうな雰囲気が漂います

ですがニューヨークダウの注目される経済イベント発表は水曜日から本格化しますので、週初の2営業日で織り込んだと考えるのは少し危険だろうと思っています

インジケーターを見てみるとADXは20を下回る低い水準でレンジ相場と判断、RSIは月曜日の時点で70ギリギリまで上昇、ここからのRSIは12月中旬の強い上昇局面の日足が順次計算から除外され低下傾向になりますので、今週に関してはよほど強い上昇をしない限りRSIがここから再度強い上昇に入ることは無いと思いますが、すでに一旦の高値を付けている可能性がある水準までは上昇してしまっています

直近の類似しているインジケーター形状が11月半ばにありました

この際にはエンベロープ下限まで下落、200日単純移動平均線を下支えに再反発に入っていますので、今回も同様の値動きがみられる可能性もあるのではと警戒しています

日足の形状は安値圏で底を付けるときに見られる下影陽線になっていて反発への期待感がありますが、ここからのイベントの内容を考えるとあく抜けしたと考えるのは難しいと判断していますので、このまま下落予想を継続したいと思います

ナスダックの予想

8月18日の終値を中心に、9月3日の終値を高値、10月4日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックの予想

週初のナスダックの予想は下落、予想値幅は14,400ポイントから15,400ポイントに設定しました

予想値幅下限は昨年8月の安値と10月の上昇局面で下押しした価格を、上限は直近高安の半値基準の価格を目処に設定、週前半は買戻しの上昇があるものの後半に再下落する展開を予想しました

週末までのナスダックの予想は週初の内容を継続します

ナスダックは月曜日に強い下落を見せていましたが終わってみれば底堅い値動き、火曜日にはその勢いを引き継いで強い上昇を見せています

チャートの形状だけ見ると、すでに底値を付けて強い反発に入っていると判断できる状況です

難しいのはこれが本当に底値を付けた後の値動きなのかという事なのですが、ニューヨークダウの所でもお話ししましたが、今週のイベントは水曜日から本格化します

週初の2営業日は思惑だけでいったん動いた値動きと判断した方が良いだろうと思いますので、ここからは実際に発表される経済指標をにらみながらの値動きに変化してくるだろうと考えています

その実際の経済指標はある程度強い内容が出てくるだろうと予想されていますので、ナスダックにとってはおそらく下押し圧力になってしまうでしょう

1月26日にFOMCが控える中ですでに底値を付けて反発局面に入ったと考えるのは、少し難しいかなと言った印象がありますので、水曜日にもう少し反発する可能性はありますがそこからはむしろ反落への警戒をした方が無難だろうと考えています

インジケーターを見てみるとADXは20を少し上回った水準でレンジ相場と判断、RSIは40半ばといまだに安値圏には入っていません

火曜日の時点でRSIは強めの下落に入ると思われたのですが火曜日の反発が強すぎました

ここから週末まではRSIは下落方向に推移しやすいタイミングに入りますので、ナスダックが強めの調整に入ればすぐに安値圏にタッチすることが予想できます

土曜日の予想の際にもお話ししましたが、ナスダックは2段階の下落をする場面が多く見受けられるという特徴があります

月曜日の底値が1段階目の下落だと想定した場合の下落幅は約1,370ポイント、火曜日の反発からもう少し上値を試すと想定して15,300ポイントあたりを一旦の戻り高値と考えた場合、次に目指す底値は14,000ポイント周辺になるのではと言った感じです

ナスダックにとって1点、月曜日が底だったのではと考えられる支援材料があるとすると、月曜日の下影陰線で200日単純移動平均線にタッチして強く戻したことです

この点に関してはナスダックのここからの反発を予感させる材料ではありますが、それ以外はまだ下落方向への警戒をした方が良い環境だと判断できる材料が多い状況ですので、予想としては週初の内容を継続したいと思います

私のナスダック100の投資信託は含み損になる価格帯になってしまいましたので、個人的には予想が外れて強い上昇をしてくれるとありがたいです

日経平均の予想

10月6日の終値を中心に、11月16日の終値を高値、12月2日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均の予想

週初の日経平均の予想は下落、予想値幅は27,600円から29,000円に設定しました

予想値幅下限は直近安値の価格を、上限は9月14日と11月22日の終値を結んだ線の週末の価格を目処に設定、いったん反発する場面はあるかもしれませんが週全体としては下落する展開を予想しました

週末までの日経平均の予想は週初の内容を継続します

まだ1営業日しかこなしていない日経平均ですが、12月2日と20日の終値を結んだ線周辺を下値に反発、下げ渋ったという印象があります

水曜日に関しては28,500円あたりから寄り付きそうで、恐らく一目均衡表の雲に頭を抑えられつつも強めの展開になるのではと考えています

今週の日本で注目される経済イベントは水曜日の黒田日銀総裁の発言だけですので、10時前後には一応警戒しても良いかもしれません

ただ内容としては特にサプライズは無いだろうと予想していますので、材料としてはニュートラルです

日本独自のイベントとしてご注意いただきたいものとして、東証の4月からの新市場区分、プライム・スタンダード・グロースのすみわけに関してですが、各企業がどの市場を選択したのか、JPXから1月11日に発表がありましたので、ご自身の保有銘柄や監視銘柄がどの市場区分を選択したのか、チェックされておいた方が良いと思います

各リンクがJPXの市場区分選択の結果ですので、詳しくはそちらをご覧ください

ページが見つかりません | 日本取引所グループ
日本取引所グループは、東京証券取引所、大阪取引所、東京商品取引所等を運営する取引所グループです。

また新市場区分に関しては、以前にお話しさせていただいたものがありますのでそちらをご覧いただければと思います

東証の新市場区分、プライム・スタンダード・グロースの内容と以前との違い | シーカーズちゃんねる 【株トレーダー】 (seekerz-trader.com)

水曜日に関してはこれが材料視されて、個別に今までとは異なる値動きが起こる可能性がある点にはご注意いただければと思います

それと今週末はSQですので、225miniやオプションを取引されている方はご注意いただければと思います

インジケーターではADXが11程度と低くレンジ相場と判断、RSIは40半ばと言った水準で高安の判断はできない状況が続いています

インジケーターから週初の予想を変更しなければならないような兆候は感じられません

今のところ日経平均の強い反発を予感させる材料には乏しく、しばらくは軟調な状況が続きそうだなと言った感じです

ドル円の予想

11月9日の終値を中心に、11月24日の終値を高値、12月3日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドと一目均衡表を表示しています

ドル円のチャート

週初のドル円相場の予想は横ばい、予想値幅は114円40銭から118円50銭に設定しました

予想値幅下限は直近高安の半値基準の価格を、上限は2016年末から2017年にかけての円安水準の価格を目処に設定、週前半に利益確定の下落をこなした後再度円安推移する展開を予想しました

週末までのドル円相場の予想は週初の内容を継続します

週初のいったんの下押しは予想範囲内に収まっていますが、問題はここから再度円安推移に入れるかどうかです

経済イベントから考えると週末にかけてインフレ懸念が高まり米長期金利は上昇、それに伴って円安推移をするのではと言う予想を変更する必要は無いと思えますが、その米長期金利の指標である10年債利回りのチャートがちょっと厳しいことになり始めています

完全に月曜日にピークを付けていて、高値シグナルにしてもあまりにもわかりやすい形状になっています

とは言えここから予定されるアメリカでの経済イベント、月末のFOMCで利上げ前倒し懸念を高める可能性がありますので、油断はできないと言った感じです

インジケーターではADXが60を超える高い水準を維持していますのでトレンド相場と判断、MACDはシグナルとかなり接近していてデッドクロス直前です

直近の似通った場所は10月半ば、この際にはMACDはデッドクロスしたものの大きな下落方向への相場転換にはならず横ばい推移しています

ここからは金利上昇圧力がかかりやすい相場環境ではありますが米長期金利はすでにいったんの高値を付けてしまっていますので、週初の予想内容をそのまま維持したいと思います

最後に

年明けから一気にボラティリティが高まっていますが、この値動きは1月26日のFOMC通過後まではまだまだ続くかもしれません

報道などでは今年は最大4回の利上げがあるのではと言う声さえ聞こえてきていますし、いっそのこと今月1回利上げしちゃった方があく抜けするのではとさえ思えてきてしまいます

テクニカルの動画やら長い期間でのピッチフォークでの分析やら作りたい動画はまだまだあるのですが、米長期金利の上昇を見込んだ市場環境の変化の影響がどうなるのか、個別銘柄の分析で手一杯になってきましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか

それでは今週もご覧いただきありがとうございました

水曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました