週末に控える米雇用統計と1月波乱相場

週間株為替予想

お正月に買って食べる好きなものは何ですか?

私は入船の伊達巻です

コメント欄に書いてね

あけましておめでとうございますシーカーズです

今年もよろしくお願いいたします

ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円の予想と、予想外の動きをした時の注意ポイントの動画、週間株為替予想です

毎週水曜日と土曜日にブログ更新と動画配信していますので、お時間がございましたら是非ご覧ください

【日経平均・ドル円・ダウ・ナスダックの予想】週末に控える米雇用統計が波乱要因になるのか?日本市場は3週連続4日立ち合い【週間株為替予想】
ドル円相場の波乱要因になる米雇用統計を週末に控えて、チャートはすでに高値圏に突入、ナスダックには調整しそうな雰囲気が漂い始めます。極端な下落は予想していないものの寅年の株式市場はパフォーマンスが悪く、波乱相場になることもあります。ここの所急...

ニューヨークダウの予想と注意ポイント

9月30日の終値を中心に、11月8日の終値を高値、12月1日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

今週のニューヨークダウの予想は上昇、予想値幅は36,000ドルから37,000ドルです

予想値幅下限は11月高値から下落した際に一旦反発した価格を、上限は昨年5月7日と11月8日の終値を結んだ線の今週末の価格を目処に設定、ピッチフォーク中央線付近を緩やかに上昇推移する展開を予想します

堅調なアメリカ国内の個人消費や経済指標、そしてオミクロン株の重症化リスクが低いのではとの見方から強い展開をしているニューヨークダウですが、先週木曜日に頂点を付けて反落、金曜日もその下落分を取り戻すまでには至りませんでした

今週はイベントが週初から連続していて、景気動向の先行指標となるものが5つ(12月製造業購買担当者景気指数・12月ISM製造業景況指数・12月サービス総合購買担当者景気指数・12月ISM非製造業景況指数・11月製造業新規受注)あって多少横ばい気味の結果が予想されていますが内容自体はまだまだ好調、雇用関連が2つありますが少し弱い見通しでADP雇用統計の内容で週末の12月雇用統計がどうなりそうなのかある程度予想できると考えられます

そして注目されるFOMC議事要旨となっていますが、ここではテーパリングの速度や利上げの時期に関して、前回のFOMCでどのような内容だったのかその詳細が出てきます

特に注目なのが今週末の雇用統計の結果で、ここで市場予想を上回る内容が出てきた場合、今月の25日から予定されているFOMCでの利上げに対してのスタンスに大きな影響が出る可能性がありますので注意が必要だと考えています

チャートのテクニカルでは最高値更新をしたものの上髭の陰線で下落、一旦の頂点を付けた可能性があります

ここで調整局面に入る場合、36,000ドルまでの下落はあると考えた方が良さそうです

ここは11月の高値からの下落で一旦下値を支えた水準ですので、今回も下値抵抗になる可能性があるのではと考えています

12月の上昇局面の高値もこの辺りですので、36,000ドルから下落しても直近高安の半値基準あたりまでで収まるだろうと言った感じです

インジケーターはADXが16台とかなり低くなっていてレンジ相場に入っていると判断、RSIは50台半ばですので少し高めではありますが、高値圏と言える程でもありません

12月の上昇でもRSIは70を超える水準までは上昇していませんので、今回調整があったとしても高値からの下落と言うよりも、レンジで上昇している際の下押し程度の推移で済むのではと考えています

ここから1週間は1営業日大きな陽線を挟みますが、それ以外は大きな陰線を14営業日の計算から除外していきますので、RSIは上昇しやすい環境に入って行きます

今週中に37,000ドルを目指す上昇を見せてきた場合、RSIは強めの上昇を見せて高値圏に突入すると思いますので、そこから反落する可能性が高くなりそうです

ファンダメンタルズとテクニカルの内容をまとめると、一旦は36,000ドル付近まで下落する可能性はあるものの、ピッチフォーク中央線付近を上昇推移すると考えていますが、上振れが起こって37,000ドルに向かって強めの上昇をした場合はRSIが高値圏になっていったんの反落の可能性があるという感じです

以上のことから今週のニューヨークダウは、ピッチフォーク中央線付近を緩やかに上昇推移する展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は37,200ドルの上抜けです

今週中に37,000ドルへタッチした場合、その時点でRSIは高値圏に突入して一旦反落する可能性が高まります

これを回避してさらに強い上昇を見せるパターンがあるとすると、今週の予想のように緩やかに上昇を続けるか、ADXが強い上昇をするほどの一方的な値動きをするかのどちらかになると思います

37,200ドルを上抜ける強い陽線を連続で出してきた場合、RSIは高値圏に入ってしまいますが、そこでDMIのMDIは下落傾向になると思いますのでADXは上昇、うまくレンジ相場から上昇方向のトレンド相場へとバトンタッチできれば強い上昇を見せてくる可能性が出てきます

予想としてはここまで強い値動きはできないだろうと思っていますが、予想外に強い値動きが現れた際にはファンダメンタルズと共にインジケーターのチェックを再度し直した方が良いだろうと考えています

下落方向は35,600ドルの強い下抜けです

今週調整に入ったとしても36,000ドルまでの下落で止まって、少し下抜けても直近高安の半値基準までの下落で済むだろうと予想しています

ですが予想外に直近高安の半値基準を下抜けてきてしまうと、ここから横方向のレンジ相場に入ってしまう可能性が出てきます

今のところそうなったとしても、ピッチフォーク下限の価格帯、来週末でいうと35,200ドル付近までの下落で済むだろうと楽観視はしているのですが、オミクロン株の拡大と重傷者数の推移がどうなるのかは全く予想ができません

今のところ予想外に35,600ドルを強く下抜けた場合でも楽観的にとらえても良いかもしれませんが、強い悪材料を伴った下落の場合は本格的な調整相場に入ってしまう可能性もありますので、35,600ドルの強い下抜けを下落方向の注意ポイントに設定したいと思います

ナスダックの予想と注意ポイント

8月18日の終値を中心に、9月3日の終値を高値、10月4日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックのチャート

今週のナスダックの予想は横ばい、予想値幅は15,400ポイントから15,900ポイントです

予想値幅下限は直近高安の半値基準の価格を、上限は直近高値の価格を目処に設定、予想値幅の中を方向感なく上下しつつ横ばい推移する展開を予想します

先週は10年債利回りの上昇と薄商いの中、下押し圧力がかかり続けたかなと言った印象の1週間でした

一旦の戻り高値を付けた後の連続陰線で、あまりいい形とは言えない状態になっています

今週のイベントの中で最も気を付けなければならないのは週末の12月雇用統計ではと考えています

ニューヨークダウの予想でもお話ししましたが、雇用統計の内容が市場予想を上回ってきた場合、月末に控えるFOMCでの利上げタイミング前倒しへの布石になる可能性がありますし、最も警戒しなければならないのが利上げ幅の拡大が起こるかもしれない点です

利上げのペースは0.25%幅で行うのが一般的で、通常であれば市場はこの利上げ幅を見込んで予想していますが、予想以上に市場に過熱感がある場合は利上げ幅を0.50%まで拡大してくる可能性が出てきます

株式市場が早めにその可能性を織り込んでくれたらいいのですが、もし不意打ちの様にこの話が出てきた場合は、強い下押し圧力になってしまうかもしれない点には注意した方が良いだろうと警戒しています

まずは週末の12月雇用統計の先行指標である水曜日のADP雇用統計の内容が市場予想通りに出てくるのか、この辺りを確認したいところです

チャートのテクニカルでは戻り高値からの連続陰線で一目均衡表の雲に突入、雲が下支えになりませんでした

15,600ポイント付近にいったんの下値抵抗があるものの少し弱いかなと言った印象がありますが、50日単純移動平均線もこの辺りなので反発タイミングとしては一応警戒しておきたい価格帯ではあります

強い下値抵抗になりそうなのは直近高安の半値基準、15,400ポイント周辺ではと言った感じです

チャートのインジケーターではADXが25を下回っていてレンジ相場と判断、RSIは12月の強い反発でも高値圏までは上昇せずに先週の下落で横ばい推移に変化、高値圏に入ったわけでもありませんので強い調整に入る兆候もありません

水曜日のFOMC議事要旨や週末の12月雇用統計を控えて動きにくい環境の中、テクニカルにもその兆候が見られると言った感じです

以上のことから今週のナスダックは、予想値幅の中を方向感なく上下しつつ横ばい推移する展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は16,000ポイントの上抜けです

直近高値15,900ポイントを上抜けて16,000ポイントまで上昇、そこで跳ね返されなければ最高値まで上昇すると思いますが、この上昇の際に連続陽線などの強い上昇をした場合、レンジ相場から強いトレンド相場へと転換する可能性があります

その時点ではRSIは高値圏のサインを出している可能性が高いと思いますが、トレンド相場への切り替わりと共にインジケーターでの判断はMACDへとバトンタッチされます

今のところMACDは横ばい気味に推移してはいますが、シグナルと0の上の水準を維持していますので、予想外に強い上昇局面が出た場合はMACDも上昇推移を始めていて強い上昇トレンド相場と判断できると思います

今週に関しては直近高値と直近高安の半値基準の間でのレンジ相場を予想していますが、予想外に強い展開になった場合には上昇トレンド相場へ戻る可能性が高い点には注意が必要だと思います

下落方向は15,400ポイントの下抜けです

ナスダックの値動きは一方的になることが多いという印象があるのですが、特に節目を抜けた場合その傾向が強い印象があります

一目均衡表の雲に関しては結構下抜けてしまい、一旦下方向に試して反発と言うパターンも見られるので下値抵抗としては弱いと考えていますが、以前のもみ合った価格帯や直近高安の半値基準と言った場所は強い下値抵抗になる傾向があると感じています

今回下落方向に振れたとしても強い下値抵抗として9月の高値水準と直近高安の半値基準、この2か所は重なっていますがこの価格帯が作用するのではと予想しています

逆にこの下値支持を下抜けてしまうと、そのままするすると次の強い下値抵抗と考えられる直近安値付近まで下落する可能性が出てきます

今のところ下落方向に推移した場合、反発のきっかけになりそうなのは1月26日のFOMCあたりだろうと見込んでいますので、そこまでは軟調な値動きになってしまうかもしれない点にも注意が必要だろうと思います

日経平均の予想と注意ポイント

10月6日の終値を中心に、11月16日の終値を高値、12月2日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均のチャート

今週の日経平均の予想は横ばい、予想値幅は28,300円から29,250円です

予想値幅下限は12月の上昇で一旦下押しした価格を、上限は高値を結んだ線の週末の価格の少し上の水準を目処に設定、方向感なく上下しながら横ばい推移する展開を予想します

先週は高値を試しに行ったものの一目均衡表の雲に跳ね返されて反落、直近高安の半値基準の価格帯で足踏みして終えました

今週の日経平均の主なイベントですが、気になるのは12月消費者態度指数です

市場予想では少し改善する見通しですが、年末の人の動きから考えても順当な数字が出てくるのではと考えています

もし弱い結果が出てしまうとネガティブサプライズになってしまう可能性はありますので、その点には注意が必要だろうとは思っています

また今週の月曜日、そして来週の月曜日も休場となりますので、2週連続で4営業日立ち合いである点にもご注意ください

昨年を含めれば3週連続です

オプションの全体的な建玉は28,500円あたりを中心に分布、全体的に上目線です

海外系証券会社の動きで気になったのは長期投資のバンクオブアメリカ、以前はメリルリンチでしたが、普段はあまり大きな動きをしない印象がありますが、週末にPUT28,000の売りとCALL29,250の買いを大きめに入れています

先物の225miniでは売りに回っているので状況としてはニュートラルなのかもしれませんが、損益分岐点が28,800円あたりとちょうど今もみ合っている水準ですのでちょっと気になる動きです

海外系証券会社の先物の動向ですが、CTAとグローバルマクロの証券会社はTOPIXにプラス建玉を持っている感じで、その中で唯一弱かったゴールドマンも少しずつマイナス建玉を減少させています

日経平均やTOPIXがここから極端に値動きしそうな兆候は見てとれません

チャートのテクニカルでは一目均衡表の雲に頭を押さえられはしたものの、このまま横ばい気味に推移すると自動的に雲の上に出る形になります

気になるのは上値を以前と同じ水準で抑えられてしまったことで、下値切り上げの三角持ち合いになっている可能性があります

日経平均の三角持ち合い

このパターンに入るとどこかで上方向にブレイクすることが多い点には注意が必要だと考えていますが、この持ち合い相場が続くのであればブレイクするのは3月あたりになってしまいそうです

もう1つ気になるのは以前の高値を結んだ線が上値抵抗になるかどうかですが、三角持ち合いより先にこちらを上方向にブレイクできるかどうかが先に結果が出そうです

以前の高値を結んだ上値抵抗線

ちょっとどの抵抗線を目処にするべきか、悩ましい局面に入っている印象です

インジケーターではADXが14台とかなり低くレンジ相場と判断、RSIは50台半ばと方向感が無い水準で横ばい気味に推移、どちらに動くのか判断が付きにくい状態になってしまっています

こうなってしまうと何かきっかけがあるまで横ばい気味に推移しそうな雰囲気です

立ち合い日数も少なめの中でイベントはあまり強いものも無く、オプションや先物には先高観はあるもののテクニカルでは方向感がつかみにくいと言った感じです

以上のことから今週の日経平均は、方向感なく上下しながら横ばい推移する展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は29,250円の上抜けです

9月14日と11月22日の終値を結んだ線の週初の価格を上抜ける水準で、この場合下値切り上げの三角持ち合いの上値抵抗、29,100円近辺も大きく上抜けます

この値動きをしてくる場合、日経平均はこれまでのレンジ相場から、一気に上値追いをする上昇相場へと展開していく可能性が出てきます

この値動きをした際に注意したいのがRSIの上昇で、ここから日中のボラティリティが高かった陰線が連続して計算から除外されて行きますので、予想外に強い上昇を見せてきた場合、早い段階で高値圏に突入してしまう事が予想されます

恐らく直近高値30,000円近辺までの上昇が精一杯、順当なところで29,500円までの上昇くらいで収まって反落するとは思いますが、一旦は高値にトライしてくる可能性がある点には注意が必要だと思いますが、ある程度の上昇で利確しないと反落に巻き込まれる可能性が高そうだなとも思っています

下落方向は28,000円の強い下抜けです

まず下値抵抗として考えられる三角持ち合いの下側の線を抜けてしまっていますし、直近安値と面合わせする水準でもあります

28,000円を多少下抜けてもそこで反発する可能性はあるのですが、強く下抜けてしまった場合は翌営業日で反発しないとちょっと危険かもしれません

27,500円周辺はかなり強い下値抵抗があると考えられますので、よほどネガティブな外部要因でもない限りこの近辺で下げ止まるとは思いますが、そこから反発しても9月14日と11月22日の終値を結んだ線に頭を押さえられ上値切り下げの三角持ち合い相場に入ってしまう事が想定されます

予想の内容としては28,000円の強い下抜けを注意ポイントにしたいのですが、できればその前の価格、予想値幅の範囲内ではありますが28,500円の下抜けが起こったら、下落方向の注意ポイントの動きに入る確率が高くなると考えて対応した方が良いだろうと考えています

ドル円の予想と注意ポイント

4月23日の終値を中心に、7月1日の終値を高値、9月21日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドと一目均衡表を表示しています

ドル円のチャート

今週のドル円相場の予想は円安、予想値幅は113円00銭から115円50銭です

予想値幅下限は以前の高値からの急落時のいったんの安値の価格を、上限は直近高値の価格を目処に設定、週前半は円安推移するも水曜日か金曜日辺りから強い下落をする展開を予想します

先週は一貫して円安推移を継続、予想では週末に円高方向へ舵を切るのではとしていましたがその兆候はいまだ見られません

今週に関しても特に強いシグナルが出ているわけではないのですが、相変わらず週末の円高推移を予想します

今週のドル円のイベントには、普段から鬼門とされているアメリカの雇用統計が控えています

ドル円相場の取引をされている方であればこの雇用統計で一波乱あるのはなじみのことかとは思います

今のところドル円に極端な上昇からの切り返しのシグナルが出ているわけではないのですが、年末から1月にかけてはどうしても円高に振れるタイミングが出てきますので、それが出るなら水曜日のADP雇用統計か週末の雇用統計、その中でも週末の雇用統計は危なそうだなとかなり警戒しています

先週の予想でもそうですが、ドル円相場に関しては今月中にどこかのタイミングで円高推移が起こらない限り、円高推移が来ると呪文と言うか呪いと言うか、ずっと唱えているのではと思いますが、とにかく1年の中で年末から1月にかけての今の期間は危険なタイミングです

チャートのテクニカルでは一目均衡表の上をそのまま上昇推移、直近高値の115円50銭を目指しています

予想通りの順調な円安推移をしています

インジケーターではADXが45を上回る高い水準を維持、円安方向のトレンド相場を継続していると判断しています

トレンド相場ではRSIが作用しにくいとはいえ70を上回る高値圏に入っていますし、チャート形状から考えても直近高値に面合わせする直前まで来ています

DMIではPDIが30を上回りそうな水準まで上昇、通常であれば一旦下押しても良い水準ではあります

日々の値動き次第と言ったところはありますが、日足に塔婆が出てしまえばそこが高値となって反落のきっかけになることは十分に考えられますが、今のところはっきりとした下落サインが出ているわけでもなく、予想としては高値までは円安推移してもおかしくないだろうと言った感じです

以上のことから今週のドル円相場は、週前半は円安推移するも水曜日か金曜日辺りから強い下落をする展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は115円50銭の上抜けです

米10年債利回りの強い上昇があった場合、それにつられる形で更に強い円安推移が起こる可能性はあります

この場合は例年あるのではと考えているいったんの円高推移が起こらず、逆に強い円安推移が起こってしまう可能性があります

このきっかけとして考えられるのはFOMC議事要旨・ADP雇用統計・週末の雇用計あたりかと思われます

米10年債利回りは一目均衡表の雲に突入、このまま上昇推移を継続してもおかしくない値動きになっています

米10年債利回りのチャート

インジケーターで見てもRSIは低い水準から上昇中ですがまだまだ過熱感はなく、MACDもシグナルとクロスした後は上昇傾向を維持しています

少なくとも1.6%までは上昇してもおかしくなさそうなチャート形状となっています

米10年債利回りの上昇が支援材料となり週末の雇用統計が思わぬほど無風で通過出来てしまった場合、115円50銭の上抜けが起こっていると118円台までの円安推移が起こる可能性が出てきますので、直近高値の上抜けには注意しておきたいところです

下落方向は週末の雇用統計です

ここまで予想をやってきて注意ポイントが価格で示されないのは珍しいかと思いますが、今週末の雇用統計はとにかく危険です

チャートのテクニカル、インジケーター、ファンダメンタルズ、雇用統計はこれらを無視して理不尽な相場の値動きを誘発することが良くあります

特に今週のドル円相場のポジションは、すでにある程度の円安水準の高値にあって、仕掛けるなら最高の環境が整っています

このタイミングでどれだけ強い円高推移が現れたとしても、仕方が無いと言った感じだと思います

私の年末から1月にかけての強い円高への警戒が杞憂で終わってくれたらそれはそれでいいのかもしれませんが、急激な円高推移でロスカットにならないようにポジションボリュームの調整はしっかりした方が良いと思います

本当に気を付けてください

今週のまとめ

今週のニューヨークダウの予想は上昇

予想値幅は36,000ドルから37,000ドル

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は37,200ドルの上抜け

下落方向は35,600ドルの強い下抜け

今週のナスダックの予想は横ばい

予想値幅は15,400ポイントから15,900ポイント

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は16,000ポイントの上抜け

下落方向は15,400ポイントの下抜け

今週の日経平均の予想は横ばい

予想値幅は28,300円から29,250円

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は29,250円の上抜け

下落方向は28,000円の強い下抜け

今週のドル円相場の予想は円安

予想値幅は113円00銭から115円50銭

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は115円50銭の上抜け

下落方向は週末の雇用統計

年末とか年始とか、取引をしているとそういうものを感じるのは税金の話だけで、基本的に年中無休状態です

投資でお金を稼いでファイヤーするぞ、なんてお話をよく聞きますが、私は消し炭になりそうです

こんな気楽な冗談を言っていられるのも今のうち、恐らく今年は去年以上に難しい相場になるのではとかなり警戒しています

一番怖いのがやはりコロナの拡大で、これがいつ収まってくれるのか、オミクロン株の重症化リスクは本当に低いのか、この辺りがまずは相場に影響を与えそうだなと思っています

寅年は大きな波乱がある年でもあると記憶しています

ちなみに過去8回の寅年の勝率は2勝6敗と結構分が悪いです

逆に考えればここで利益を出せるのであれば、結構優秀なトレーダーだと思いますので、私自身ここは気を引き締めて頑張っていこうと思います

取引も動画も頑張っていきますので、今年も1年よろしくお願い致します!

それでは今週もご覧いただきありがとうございました

土曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました