市場は年末高へ向かうもその先に見える不安要素

週間株為替予想

来年の目標リターンはどのくらい?

Youtubeのコメント欄に書いてね!

こんにちはシーカーズです

ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円の、週初の予想からの振り返りと週末までの予想の動画、週間株為替予想です

毎週水曜日と土曜日にブログ更新と動画配信をしていますので、お時間がございましたら是非ご覧ください

グッドボタンバッドボタン、コメント欄へのご意見ご質問ご感想なんでも結構ですので、お気軽にご利用いただけると私のブログや動画を作る原動力になります

いつもリアクションを取ってくださる皆さん、本当にありがとうございます

【日経平均・ドル円・ダウ・ナスダックの予想】市場は年末高へ向かうもその先に見える不安要素【週間株為替予想】
年末に向けて株価もドル円も上昇するだろうと予想していましたが、今のところ大きな変調も無く推移している感じです。不安材料があるとすると、オミクロン株拡大による行動規制の強化、来月のFOMC、例年の年末から1月にかけての恒例の円高、動画内では触...

ニューヨークダウ

9月30日の終値を中心に、11月8日の終値を高値、12月1日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

週初のニューヨークダウの予想は上昇、予想値幅は35,400ドルから36,600ドルに設定しました

予想値幅下限は直近高安の半値基準の価格を、上限は最高値の価格を目処に設定、利益確定の売りに押される場面はありながらも全体的には上昇推移する展開を予想しました

週末までのニューヨークダウの予想は週初の内容を継続します

先週から引き続き強い上昇を見せているニューヨークダウですが、火曜日に発表された経済指標の内容も好調で、製造業の景況感は市場予想を上回っていますし、住宅再販価格はほぼ想定通り、ここまで特に問題のない展開と言った感じを見せています

気になるのは前回の高値と面合わせする形で頭を押さえられ、火曜日の取引を終えている点です

ここから予想通り利益確定売りに押される場面に入るのか、それとも上昇方向の注意ポイントである36,600ドルの上抜けから37,000ドル程度までの上昇を見せてくるのか、判断が難しい所ではあります

チャートのテクニカルから考えるとボリンジャーバンドに接触して塔婆の形になっているので一旦の上値の可能性はあります

インジケーターを見てみるとADXは20を下回り現在はレンジ相場と判断、レンジ相場であれば今は高値に達したと判断できそうなチャート形状ではありますが、RSIは15営業日前の陽線を計算から除外することで低下傾向になっています

4営業日経過すると大きな陰線が計算から除外されて数値が上昇しやすい環境になり始めるとは思いますが、そこまでは70を超えるような上昇を見せてこない可能性が高そうです

今週の予想通りに利益確定売りに押され始めた場合、来年に向かってほぼ横ばいのレンジ相場、もしくは上値を切り下げていくタイプのレンジ相場に入って行く可能性が高くなりそうです

予想外の上昇のパターンに入った場合は来年の年初まで上昇、1月の初旬に37,000ドル付近へ高値を試したところでRSIが高くなり、そこから調整に入るのではと言った感じです

どちらの値動きになりそうなのか今の時点で判断するのは難しいと思っていますので、水曜日以降の値動きを見て対応したいところです

世界的にオミクロン株の拡大は止まっていませんし、株式市場が急に材料視してくる可能性はまだ残っています

ヨーロッパでは厳しい行動規制が行われる可能性も高まっていますので、アメリカでも同様の動きが広まるのか注意した方が良いと思っています

ナスダック

8月18日の終値を中心に、9月3日の終値を高値、10月4日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックのチャート

週初のナスダックの予想は上昇、予想値幅は15,300ポイントから16,000ポイントに設定しました

予想値幅下限は直近高安の半値基準の価格を、上限は11月初旬に高値を付けた価格を目処に設定、ピッチフォーク中央2段の中を上昇推移する展開を予想しました

週末までのナスダックの予想は週初の内容を継続します

週初の予想ではナスダックの値動きはニューヨークダウに近いものになるのではとお話ししていましたが、火曜日はちょっと違う雰囲気になってきました

ニューヨークダウは塔婆ではありますが陽線なのに対して、ナスダックははっきりと陰線になっています

経済指標に問題が無い状態で売りに押される展開です

下げの材料として考えられるのは米10年債の値動きで、一旦は下落していたものが日中に反発して上昇に転じています

来週にはFOMC議事要旨がありますので、この辺りを警戒した動きの可能性はありそうです

チャートのテクニカルでは火曜日の高値は何か節目で帰ってきたという雰囲気はありませんし、下値付近には下値抵抗になりそうな一目均衡表の雲が控えています

インジケーターではADXは26付近とトレンド相場とレンジ相場の切り替わり直前の水準ですが、MACDは順調に上昇中ですし、RSIも50近辺と高値圏ではありません

DMIのPDIに関しても火曜日の陰線で下落はしていますが、特に弱気のサインを見せるものでは無いと考えています

年末に入ると強い陰線がRSIの計算から除外され始めますので、この辺りでRSIが上昇して高値サインを出すタイミングに入ると考えられますので、そのあたりから反落が始まるのではと警戒はしていますが、今のところはっきりと下落に転じそうなサインが出ているわけではない点には注意が必要だと思います

今週に関してはもう少し高値を試しそうだなと言った印象で、週初の予想通り16,000ポイント付近までの上昇を見せてくるのではと考えています

日経平均

10月6日の終値を中心に、11月16日の終値を高値、12月2日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均のチャート

週初の日経平均の予想は上昇、予想値幅は28,400円から29,200円に設定しました

予想値幅下限は12月中旬に付けた安値の価格を、上限は大きな高安の半値基準と一目均衡表の雲の下側の価格を目処に設定、ピッチフォーク下2段の中を上昇推移する展開を予想しました

週末までの日経平均の予想は週初の内容を継続します

月曜日は一旦下落したものの、火曜日にはアメリカ株の上昇を材料に上昇、朝に発表された11月鉱工業生産も市場予想を大きく上回り支援材料となりました

水曜日は12月決算企業の権利落ち日になりますので下落して始まるとは思いますが、上昇するためにはここが踏ん張りどころです

海外系証券会社の動向ですが、オプションではこれと言った兆候は感じられませんが、年末に入って手控えになっている雰囲気はあります

先物もそこまで大きな動きはありませんが、グローバルマクロのゴールドマンがTOPOIX3月限の売り建玉を減らし始めていますので、これが継続してゴールドマンが建玉をプラスに転換すれば、CTA・グローバルマクロ・長期の3つのタイプの海外系証券会社が全て買い建玉になりますので、TOPIXの上昇推移への支援材料になりそうかなと期待しています

チャートのテクニカルでは火曜日の上昇で一目均衡表の雲にトライしましたが上値を抑えられる形となってしまって、今週中にここを上抜けられるかどうかが勝負になりそうな雰囲気です

ただこの水準は結構強い上値抵抗になる価格帯と考えられますので、しばらくもたついた値動きになる可能性はありそうです

気になるのが上値を切り下げているトレンドラインで、9月14日と11月22日の終値を結んだ線、ここで頭を押さえられないか心配しています

インジケーターではADXが20を下回っていてレンジ相場と判断、RSIはまだ50代前半と高値には遠い状態で過熱感は全くありません

今後問題になるのはレンジ相場の中で上値を抑えられてしまう弱い展開になるのか、それとも上値抵抗を上抜けて強い上昇に入ることができるのか、そういった局面になるだろうと言った感じです

年末までの値動きに関しては主要な経済イベントも通過してしまいましたので、アメリカ株の大きな変調が無い限り、29,000円付近での横ばい推移に切り替わってしまい、週全体としては予想通り上昇で終わるのではと考えています

ドル円

4月23日の終値を中心に、7月1日の終値を高値、9月21日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドと一目均衡表を表示しています

ドル円のチャート

週初のドル円相場の予想は円安、予想値幅は113円60銭から115円50銭に設定しました

予想値幅下限はピッチフォーク中央線の週末の価格を、上限は直近高値の価格を目処に設定、ピッチフォーク上から2番目の線近くを円安推移するも、週末に円高方向へ下落する展開を予想しました

週末までのドル円相場の予想は週初の内容を継続します

月曜日からリスクオンのドル買いが入り円安基調、ただ火曜日のリッチモンド連銀製造業指数が好調だった割には火曜日の上値は妙に重いなと言った印象があります

チャートのテクニカルでは115円の節目で一旦足踏み状態、一目均衡表の雲から少し離れる上昇を見せていますが、火曜日は十字線となっています

インジケーターではADXは40を超えていてトレンド相場と判断、MACDは順調に上昇中で、ドル円相場は上昇トレンドの中にいると考えています

ドル円相場はRSIが高値圏を判断するのに使いやすくはありますが、ADXがここまで上昇しているとだましの可能性が高まりますので、単純に高値の判断に使用するのは難しそうです

今のところファンダメンタルズとテクニカル、どちらの面からもドル円相場に円高要因は見当たりません

そのため予想通り円安推移を継続すると考えてよさそうですが、ここからは年末から年始にかけて恒例の円高推移が発生する可能性があります

普段からファンダメンタルズとテクニカルを合わせて合理的に予想をすることを心がけていますが、どうしても逆らえない相場の流れと言うのはあります

今のところ円高への反転材料はいったんの115円へタッチした達成感と高値圏にあるRSI、そしてオミクロン株拡大による行動規制強化で起こるリスクオフの動きですが、前半のテクニカルの話は材料としては弱いですし、行動規制の強化もアメリカで起こらない限りそこまで強い影響をしてくるとは思えません

米10年債利回りの動きも今のところ急落を起こしそうな環境でもありません

これだけ思えませんとかありませんと言っているのに何で円高に振れるタイミングがあると考えているのか自分自身でもおかしいと思うのですが、それでも年末から1月中の急な円高推移には気を付けていただきたいと思います

毎年高確率であることを無視するのは危険です

最後に

日本でのコロナの拡大はある程度抑えられていますが、オミクロン株の市中感染が始まり感染者数が増加傾向になり始めています

個人的には色々言いたいことがあるのですが、あまりにも政治色が強すぎますのでここでは控えたいと思いますが、今回のオミクロン株の件も含めてアメリカの基地問題に関してはいい加減にしろと言いたいところです

これ以上は言いません、感情的になりすぎても取引のノイズになりますので、トレーダーとしては平常心で行きたいと思います

損失が出た時に頭を抱えているトレーダーが言えたことでもないかもしれませんが(笑)

年末に向けてヨーロッパでは強い行動規制が必要になるほどコロナの感染者数が増加しています

以前の流れに倣うなら、この後はアメリカでも州によって強弱はあるものの同様の動きがみられる可能性はあります

年末に向けて閑散としていく相場と街並みを考えるとなんだか寂しくもありますが、来年は賑やかな年末になることを祈願しつつ今年最後のブログを締めくくりたいと思います

それでは来年もよろしくお願いいたします、良いお年をお迎えください

水曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました