株も為替も年末上昇期待だけれど少し漂う不安感

週間株為替予想

こんにちはシーカーズです

ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円の予想と、予想外の動きをした時の注意ポイントのブログ、週間株為替予想です

毎週水曜日と土曜日に更新していますので、お時間がございまいたらぜひご覧ください!

ユーチューブでも公開していますので、グッドボタンバッドボタン、コメント欄へのご意見ご質問ご感想なんでも結構ですので、お気軽にご利用いただけると私の動画を作る原動力になります

いつもリアクションを取ってくださる皆さん、本当にありがとうございます

水曜日の動画からチャートの陽線と陰線の色をデフォルトに戻しました

陽線が緑に、陰線が赤になっていますのでよろしくお願いします

【日経平均・ドル円・ダウ・ナスダックの予想】株も為替も年末上昇期待だけれど少し漂う不安感【週間株為替予想】
チャートのテクニカルもファンダメンタルズも株・為替に上昇期待を持てる状態ではあるのですが、少し高値圏に接近している雰囲気を感じています。丑躓くとは言いますが、果たして年末まで躓いてしまうのか、それともここはおとなしく年末ラリーに入るのか、気...

ニューヨークダウの予想と注意ポイント

9月30日の終値を中心に、11月8日の終値を高値、12月1日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

今週のニューヨークダウの予想は上昇、予想値幅は35,400ドルから36,600ドルです

予想値幅下限は直近高安の半値基準の価格を、上限は最高値の価格を目処に設定、利益確定の売りに押される場面はありながらも全体的には上昇推移する展開を予想します

先週は週初こそ大幅な下落をしましたが、商いが薄くなる中で3営業日連続陽線と力強い値動きをしてきました

オミクロン株の拡大懸念はあるものの、治療薬への期待感も高まっています

今年最後の1週間となりますが、アメリカ市場は5営業日しっかり最後まであります

今週の主なイベントですが景気動向のチェックとして火曜日の12月リッチモンド連銀製造業指数で製造業の景況感を、10月ケース・シラー住宅価格指数で主要10都市の戸建て住宅再販価格を、来週発表されるISM製造業景気指数の先行指標として木曜日の12月シカゴ購買部協会景気指数が注目されます

今のところ相場にとってネガティブな内容が出てくるとは考えにくそうですので、市場予想と大きく乖離せずに特に問題なく通過するだろうと思っています

チャートのテクニカルでは一気に下抜けてしまった一目均衡表の雲を3連続の陽線で上抜けて先週の取引を終えました

直近高値までもう少しと言った水準で、今のところ上値抵抗になりそうなのは直近高値の36,200ドル付近辺りかなと言った感じです

インジケーターではADXが下落して20代前半になっていますので現在はレンジ相場に入っていると判断、RSIは66を超えていますのでそろそろ高値圏に入りそうです

予想通りに上昇推移すればRSIが70を超えてくるのは時間の問題でしょう

先週よりは商いに厚みが出てくることで日中の値動きはもう少し落ち着いてくると思いますので、RSIが70を上抜けて高値圏に入った後は膠着感のある相場展開になる可能性がある点にも注意が必要だと思います

ここまでの上昇が強かったため利益確定が出る可能性はありますが、ファンダメンタルズとテクニカルのどちらも下落する要因は今のところ見当たりません

以上のことから今週のニューヨークダウは、利益確定の売りに押される場面はありながらも全体的には上昇推移する展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は36,600ドルの上抜けです

今週中に最高値を更新する値動きをする場合、ピッチフォーク中央の線を上抜ける強い上昇となります

この場合は先ほどお話ししたRSIの上昇速度が速まって、一気に高値圏に突入することが想定されます

予想外に最高値の更新をしてきたとしても、エンベロープ上限までは届かずに、反落に入ると考えられます

高値目処を以前の高値を結んだ線までだと仮定した場合、37,000ドル程度までの上昇が見込まれますが、そこで頂点を付けた後に高安の半値基準になる35,800ドル近辺まで反落すると考えています

年明けにはISM製造業景況指数やADP雇用統計、そしてFOMC議事要旨発表などイベントを控えていますので、そのまま強い上値追いに入れる相場環境では無いだろうと判断しています

下落方向は35,000ドルの下抜けです

ここは以前の大きな高安の半値基準と一目均衡表の雲の下限がある価格帯になります

先週の月曜日に強い下抜けが起こってはいますが、この辺りは強い下値抵抗となるのではと考えています

この水準を下抜けてしまうと、ダブルトップ気味にチャート形状が形成されてしまって、そこから34,000ドルまでは下落する可能性が出てきます

もちろん直近安値34,600ドル近辺で下げ止まる可能性も残されますが、そこで下落速度が一旦緩まることはあるかもしれませんが、今のところ下抜けてしまうだろうと考えています

先週の終値から考えると約1,000ドル下落した水準と少し離れすぎていますので、もし早めに判断したい場合は、直近高安の半値基準である35,400ドルを目処にするのも良いかとは思います

ナスダックの予想と注意ポイント

8月18日の終値を中心に、9月3日の終値を高値、10月4日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックのチャート

今週のナスダックの予想は上昇、予想値幅は15,300ポイントから16,000ポイントです

予想値幅下限は直近高安の半値基準の価格を、上限は11月初旬に高値を付けた価格を目処に設定、ピッチフォーク中央2段の中を上昇推移する展開を予想します

ニューヨークダウと強弱が異なることもあったナスダックですが、ここ最近のチャートはニューヨークダウと似通ったものになっています

米長期金利の今後の変動がどうなるのかによってまた乖離が起こるタイミングが来る可能性はありますが、今週に関しては米10年債利回りの値動きも落ち着いていますので、ニューヨークダウと似通った値動きになるだろうと予想しています

今週のイベントの内容に関しても、特に大きな問題があるとは思えませんし、ニューヨークダウと同じスタンスでいいと思います

ただ来週にはFOMC議事要旨がありますので、この内容によっては長期金利への影響が出る可能性はありますので注意は必要だろうと考えています

ただ先週お話ししたドットチャートの件ですでに強い利上げペースは折り込まれていますので、例えばですが利上げ幅が0.25%から0.50%になる可能性があるなどのショックが無ければ、無難に通過できるとは思っています

あまりにインフレ圧力が強すぎる場合は通常より利上げ幅が大きくなってしまい、ナスダックにとっては下押し圧力になる可能性がる点には注意が必要だと思います

チャートのテクニカルでは一目均衡表の雲を下抜けはしたものの終始陽線で取引を終え、そのまま強い反発を見せて雲の上側に戻ってきました

これはとても強い値動きだったという印象です

インジケーターではADXが30を下回りトレンド相場からレンジ相場へと移行しそうですが、MACDはシグナルを上抜ける直前で上昇方向へ推移、DMIでもPDIがMDIを強く上抜けそのまま30を上回って上昇中、かなり強い相場に入っていると判断できます

レンジ相場の際に威力を発揮するRSIはすでに60を少し下回る水準まで上昇していますので、このまま強い値動きを続けてしまうといったんの頂点を付けてしまいそうです

今週に関しては上昇を継続すると予想していますが、その後は直近高値辺りで一旦高値もみ合いか反落をしてもおかしくなさそうだなと言った感じです

ファンダメンタルズ的にもちょうど来週にはFOMC議事要旨がありますので、この辺りに向けて膠着感が出てくる可能性はありそうだなと思っています

以上のことから今週のナスダックは、ピッチフォーク中央2段の中を上昇推移する展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は16,200ポイントの上抜けです

今週中にここまで強い上昇をしてくると、なにか上昇するだけの新しい支援材料があるのかも知れません

予想をしている時点では全く思いつかないのですが、仮にそのような材料がある場合そのまま強い上昇を維持していく可能性があります

この場合はエンベロープ上限を押し広げるように強い上昇を維持することが想定されます

逆に何も支援材料が無いままにここまで強い上昇を見せた場合、基本通りエンベロープ上限に接触後に反落か横ばいに入ると考えられます

上昇方向の注意ポイントに入った場合は、ナスダックの上昇にとって明確な支援材料があるかどうかで対応が変わる点に注意が必要だと思います

下落方向は15,300ポイントの下抜けです

直近高安の半値基準ですが、ここを下抜けてくると、まずは14,800ポイント周辺までの下落の可能性が出てきます

一番よくないのが15,800ポイント周辺まで上昇しないパターンで、例えばですが月曜日から反落してしまった場合です

仮にですが直近高値に面合わせして反落、15,300ポイントを下抜けた場合であれば、15,000ポイント周辺まで下落して再上昇、そこから再度16,200ポイントを目指すような上昇に入る可能性が高いと予想できます

ですが上値切り下げの状態で半値基準を下抜けてしまった場合は、14,800ポイント周辺で下げ止まらないと新しい下値模索の値動きになってしまう可能性が高まります

今週中の15,300ポイントの下抜けが無いかと共に、どこまで上値を戻せるのかにも合わせて注意したいところだと考えています

日経平均の予想と注意ポイント

10月6日の終値を中心に、11月16日の終値を高値、12月2日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均のチャート

今週の日経平均の予想は上昇、予想値幅は28,400円から29,200円です

予想値幅下限は12月中旬に付けた安値の価格を、上限は大きな高安の半値基準と一目均衡表の雲の下側の価格を目処に設定、ピッチフォーク下2段の中を上昇推移する展開を予想します

先週は月曜日に予想外に大きな下落に見舞われましたが、そこからは上昇基調となって堅調な値動きになりました

個人的には月曜日の下落で相場から落馬しましたが、損切りした銘柄はその後も日経平均とは異なり軟調な値動きになっています

皆さんはどうでしょうか、お時間がございましたらコメント欄に書いておいてください

今週の日経平均の主なイベントは火曜日に集中しています

市場予想では失業率は横ばい、鉱工業生産は良好な結果が期待されています

失業率に大きなブレは無いだろうと考えていますが、鉱工業生産の速報値に関しては注意が必要かもしれません

この予想をしている時点では、市場予想は前月比4.0%増と強い見通しになっていますので、思いのほか弱い結果が出た場合は火曜日の相場の重荷になる可能性があります

また金曜日は大晦日で日本市場は休場ですので、12月の権利付き最終売買日は12月28日になる点にもご注意ください

オプションでは全体的な建玉は28,500円あたりを中心にCALLが優勢な状況に変化、上昇方向への見通しが強いようです

海外系証券会社の動向ではクレディスイスは28,250円と30,000円あたりに損益分岐点があって上下どちらに振れても利益が出る形に、これは同じCTA系のモルガンはどの価格帯でも利益が出るポジションですが利益が増加する傾向は似ています

JPモルガンがおとなしい中で積極的に取引しているのがABNアムロとゴールドマンで、CALLが29,000円、PUTが28,500円での取引が活発になっています

先物では主な取引が集中している3月限の225ラージ及びTOPIXでの大きな変化は見られません

CTAのクレディスイスとモルガンは225ラージでは弱気もTOPIXでは強気、グローバルマクロではゴールドマンは弱気ですがシティとJPモルガンは強気、長期のメリルリンチはどちらもポジティブで特にTOPIXが強気と言った感じです

オプションと先物の感じだと今週前半の主戦場は28,500円から29,000円あたり、週を通して値動きは緩慢なものの強気目線、1月のSQまでの動向はポジティブと言った印象を受けます

チャートのテクニカルでは直近高安の半値基準まで値を戻しましたが大きく上抜けるまでには至っていません

一目均衡表の雲が上に控えているのも、上値抵抗になりそうな雰囲気があります

来年になると雲の方から下がってきますのでそのまま自然と交差するかと思いますが、今週に関しては雲を大きく上抜けるほどの材料はなさそうです

インジケーターではMACDとDMIのPDIが緩やかにですが順調に上昇を継続中で、下落傾向にあったADXは24台まで低下、トレンド相場からレンジ相場へと移行したと判断していますが、RSIは60の少し下と言った水準で、高値圏まであと少し余裕があると言った感じです

今週中に強い上昇を見せてしまうとすぐに高値圏に入って、その後は反落するのではと言う雰囲気になっています

以上のことから今週の日経平均は、ピッチフォーク下2段の中を上昇推移する展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は29,400円の上抜けです

以前の高値9月14日と11月22日の終値を結んだ線を上値抵抗として表示していますが、29,300円あたりがこの線を上抜ける水準で、さらに29,400円まで上昇すると一目均衡表の雲を上抜けます

この水準まで今週中に上昇すると強い上昇相場に入る可能性があるのですが、難しいのがインジケーターのRSIがどう変化するかで、ここまで強い上昇をすると70を上抜け高値圏へ入ってしまい、そこから反落する可能性が高まるのではと警戒しています

オプションや先物の動向から考えるとさらに上値追いをしても良い環境ではあるかもしれませんが、過熱感があることは否めませんので、一旦は反落してしまうだろうと考えています

29,400円を上抜けた場合の上値目処は29,600円から30,000円、この辺りを頂点に再度下落すると思いますのでそこには注意が必要だと思います

下落方向は28,400円の下抜けです

12月半ばに安値を付けた水準ですが、ここをしっかり下抜けてきた場合は、再度下値模索に入る可能性が高いと考えています

先週の月曜日の様に急落してしまっていったん下抜け、すぐに戻すのであればいいのですが、今週のピッチフォーク下限は28,500円あたりですので、ここも下抜けてしまう水準です

このような値動きが出てしまうと一旦は27,500円まで下値を試しに行く可能性が高いのではと考えられますので、年末の弱すぎる値動きには注意したいところです

ドル円の予想と注意ポイント

4月23日の終値を中心に、7月1日の終値を高値、9月21日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドと一目均衡表を表示しています

ドル円のチャート

今週のドル円相場の予想は円安、予想値幅は113円60銭から115円50銭です

予想値幅下限はピッチフォーク中央線の週末の価格を、上限は直近高値の価格を目処に設定、ピッチフォーク上から2番目の線近くを円安推移するも、週末に円高方向へ下落する展開を予想します

今週のドル円相場の主なイベントは火曜日の米リッチモンド連銀製造業指数と木曜日の日本の外国為替平衡操作の実施状況です

アメリカの製造業指数は市場予想から大きく乖離しないと思いますし、外国為替平衡操作も特に介入していないと思いますので、ドル円の動向にはニュートラルだと考えています

チャートのテクニカルでは予想通り一目均衡表の雲の上を推移、インジケーターではRSIは高値圏ですがADXが上昇して40台目前でトレンド相場になっていると判断、MACDはシグナルを上抜けた後は順調に上昇していますしDMIのPDIも同じように上昇中で、順調な円安推移を続けています

にもかかわらず週末に円高方向へ振れると予想しているのは季節性の要因です

ドル円相場はよほど強い円安推移をしている場合を除いて、年末から年初にかけて一旦円高方向へ振れる傾向があります

これは例年ある事なので、恒例行事だと思って受け入れるしかないものだと思っています

円安への支援材料があるとすれば日米金利差の拡大ですが、これもすでに織り込まれていると考えていますので、恐らく今年も年末から年始にかけて、どこかのタイミングで円高方向へ推移し始めるタイミングがあるだろうと思っています

テクニカル的には特に兆候はありませんが、相場が円高に振れ始めたらぜひこの話を思い出してください

以上のことから今週のドル円相場は、ピッチフォーク上から2番目の線近くを円安推移するも、週末に円高方向へ下落する展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は115円50銭の上抜けです

特に注意したいのが連続した強い上昇で、この値動きが発生した場合は年末の円高推移も無くなる可能性があります

上値目処は118円台ですが、ここまでは一気に円安推移する可能性が出てくるのではと警戒しています

1営業日で強い上昇を見せた場合は反落して元の予想に戻る可能性はありますが、特に警戒したいのが連続陽線での上抜けです

イメージとしては2013年にあった円安推移なのですが、25日単純移動平均線を下回らないような上昇を見せてきた場合には要注意です

下落方向は113円50銭の下抜けです

12月も最終週に入り、いつ円高推移に切り替わってもおかしくないタイミングに入っています

テクニカル的にはまだまだ円安推移する可能性の方が高いのですが、いかんせん十中八九と言うほど年末は円高推移しますので、113円50銭の下抜けが起こってしまうとそのまま112円50銭から113円まではいったんの下値模索に入ると思いますので、警戒した方が良いと思います

アメリカの利上げ見通しや日銀の金融政策から考えてもそこからさらに強い円高推移が起こるとは考えにくいのですが、日足が一目均衡表の雲の中に入ってきたらいったん警戒して見た方が良いともいます

今週のまとめ

今週のニューヨークダウの予想は上昇

予想値幅は35,400ドルから36,600ドル

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は36,600ドルの上抜け

下落方向は35,000ドルの下抜け

今週のナスダックの予想は上昇

予想値幅は15,300ポイントから16,000ポイント

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は16,200ポイントの上抜け

下落方向は15,300ポイントの下抜け

今週の日経平均の予想は上昇

予想値幅は28,400円から29,200円

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は29,400円の上抜け

下落方向は28,400円の下抜け

今週のドル円相場の予想は円安

予想値幅は113円60銭から115円50銭

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は115円50銭の上抜け

下落方向は113円50銭の下抜け

2021年の丑年は、牛躓くとはいいますが本当に躓いてしまいました

私自身も躓いてしまいましたのでその印象が強いのかもしれませんが、ニューヨークダウとナスダックが1年かけて堅調に上昇したのに比べて日経平均はほぼ横ばい、躓いています

来年は寅年になりますので、寅千里を走るなんて言いますが、歴史的に大波乱が起こる年でもあります

既に色々波乱はありましたので、せいぜいあっても私のユーチューブチャンネルの登録者数が爆発的に増えるとか、そういう大波乱だったら大歓迎です

水曜日が今年最後の更新になるかと思いますが、ブログや動画をご覧になってくださる皆さん、今年1年ありがとうございました

来年もよろしくお願いします

今年も残り少なくなりましたが、良いお年をお過ごしください

それでは今週もご覧いただきありがとうございました

土曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました