岸田首相の日本市場へのフレンドリーファイア

週間株為替予想

こんにちはシーカーズです

ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円の、週初の予想からの振り返りと週末までの予想の動画、週間株為替予想です

毎週水曜日と土曜日に更新していますので、お時間がございましたら是非ご覧ください

Youtubeでも公開していますので、グッドボタンバッドボタン、コメント欄へのご意見ご質問ご感想なんでも結構ですので、お気軽にご利用いただけると私のブログや動画を作る原動力になります

いつもリアクションを取ってくださる皆さん、本当にありがとうございます

【日経平均・ドル円・ダウ・ナスダックの予想】岸田首相から日本市場へのフレンドリーファイア、とことん嫌われる内部留保とトレーダー【週間株為替予想】
岸田首相が参院予算委員会で行った質疑応答で、企業の自社株買いに対してのガイドライン策定を考えているとの趣旨の発言が飛び出してに一系平均は約200円急落、金融課税の強化など株式相場へフレンドリーでは無いとは思っていましたが、まさかフレンドリー...

ニューヨークダウ

9月30日の終値を中心に、11月8日の終値を高値、12月1日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

週初のニューヨークダウの予想は横ばい気味に上昇、予想値幅は35,500ドルから36,400ドルに設定しました

予想値幅下限は11月下旬のオミクロン株発見によるニュースで下落する前の下値の価格を、上限は11月中旬の下落時に一度ピークを付けた価格を目処に設定、一目均衡表の雲を下支えにピッチフォーク中央線の角度に近い上昇推移をする展開を予想しました

週末までのニューヨークダウの予想は、週初の内容を継続します

アメリカでは週末にとてつもない規模の竜巻が発生、ニューヨークダウは月曜日から強めの下落を見せ、火曜日には一目均衡表の雲にかかるところまで下落、あと少し下げてしまうと12月6日と7日の窓を埋めに下落してしまいそうな値動きですが、火曜日に発表された11月卸売物価指数は市場予想を上回りましたが、ニューヨークダウの上昇をそこまで強く抑えるものにはなっていません

今のところFOMC通過前の売りが優勢な状態なのだろうと考えています

水曜日に控えるFOMCではテーパリング前倒しに関しては出てくる可能性が高いだろうと予想していますが、2022年内の利上げへの言及があるかはわかりません

ここは見守るしかない状況です

それと同時に気になっているのが水曜日に発表される11月小売売上高と木曜日に発表される11月住宅着工件数です

市場予想は週初の予想の際と同様で、小売売上高は悪化傾向、住宅着工件数は増加傾向ですので、水曜日のFOMCと共に小売売上高の結果がどうなるのかにも注目しています

ここが年末高へと上昇できるかどうかの正念場と言った感じです

チャートのテクニカルでは一目均衡表の雲を下支えに下落を耐えている状態です

インジケーターはADXが50近くを維持していて現在はトレンド相場と判断、MACDは強い株価の調整からの反発でシグナルを上抜けて0のラインも上抜けてきていて、上昇トレンド相場の中にいると考えています

DMIがいまだに弱気なところが気になりますが、FOMCを通過後にほかの経済指標でもアクシデントが無ければ、再度上昇推移に戻ってもおかしくない状況だと思っています

月曜日の下落が強かったので少し不安になるような値動きにはなっていますが、ニューヨークダウの予想は週初のまま継続しても問題ないだろうと言った印象です

ナスダック

8月18日の終値を中心に、9月3日の終値を高値、10月4日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックのチャート

週初のナスダックの予想は横ばい、予想値幅は15,200ポイントから16,000ポイントに設定しました

予想値幅下限は12月6日の終値の価格を、上限は11月初旬の高値の価格を目処に設定、直近高安の半値基準付近を上下して全体としては横ばい気味に推移する展開を予想しました

週末までのナスダックの予想は、週初の内容を継続します

トルネードの発生とFOMCを控えた状況で月曜日は強めの下落をしましたが、火曜日はさらに一部のコロナ関連のバイオ系企業が急落、アダジオがADG20の対外中和活性の低下を報告したことが要因になっていると考えられます

アドビなども安く、FOMCを控えて大きく売りが出ている状況だと思います

FOMCでのテーパリング前倒しに関しては想定内だと思いますが、問題は利上げ時期への言及があるかどうかです

ここは予想ができないところではありますので、出たとこ勝負と言ったところになりそうです

チャートのテクニカルでは一目均衡表の雲に突入、以前の高安の半値基準付近で下落を一旦止めている状況です

インジケーターはADXが40を上回り現在はトレンド相場と判断、MACDはシグナルを下回った状態で0のラインを再度下抜け、下落トレンド相場を示唆しています

インジケーターの状態から考えると、ナスダックにはもう1度下押しが起こってもおかしくない状態です

チャートのテクニカルだけで考えると、もう1度エンベロープ下限に接触する水準、今の状況だと14,800ポイントまでは下落してもおかしくない状態だろうと言った印象を受けます

この場合週初でお話しした予想外の動きをした際の下落方向の注意ポイントのパターンに入る可能性が出てきます

再確認しておくと、15,100ポイントを終値基準で下抜けた場合、その後のナスダックの値動きは横ばい気味に変化、今後の見通しを少しネガティブに修正と言うものでした

ナスダックに関しては今後も上昇を継続するだろうとは考えていますが、その上昇率が今までよりは弱くなる可能性が高まると言った感じです

FOMCを控えて売り圧力が高まっている中でチャートのテクニカルにも不穏な雰囲気が漂っていますので短期的には少し強めの調整が入る可能性を考慮した方が良いとは思いますが、長期目線ではナスダックの上昇推移を変更するほどのものでは無いだろうと考えています

日経平均

5月13日の終値を中心に、6月15日の終値を高値、8月20日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均のチャート

週初の日経平均の予想は横ばい気味に上昇、予想値幅は28,300円から29,000円に設定しました

予想値幅下限はピッチフォーク一番下の線の価格を、上限は以前の高安の半値基準の価格を目処に設定、直近高安の半値基準周辺で推移する展開を予想しました

週末までの日経平均の予想は週初の内容を継続、予想値幅下限を28,100円まで広げます

火曜日の時点で予想値幅下限28,300円まで下落してしまいましたが、まさか岸田首相からフレンドリーファイアを受けるとは思ってもいませんでした

衆院予算委員会での企業の自社株買いへのガイドライン策定の可能性への言及は、日経平均を一気に200円程度押し下げました

恐らくあの発言が無ければ、火曜日の終値は最低でも28,500円は割り込まなかったでしょう

月曜と火曜にあった各種経済指標の発表内容が悪くはなかっただけに、今回の岸田首相の発言は大きなネガティブサプライズでした

この分を加味して予想値幅下限は200円広げておきたいと思います

ただ下落方向の注意ポイントは27,600円の下抜けと、かなり余裕幅をもって設定していますので、今のところ予想内容自体はこのまま維持しようかなと考えています

オプションでは仕掛けをよくするABNアムロがPUTは28,000円、CALLは29,000円に売り建玉を増やしている模様です

今週はおそらくこの価格帯が主な値動きをするポイントになるのではと考えられますが、予想値幅ともほぼ同じ価格帯ですのでほぼほぼ予想通りと言ったところでしょうか

先物に関しては、225ラージとTOPIXに関しては相変わらず方向感がつかみにくい状態で、判断に迷っています

225miniで一つ気を付けたいのは、大きな取引は期近限月の1月物ではなく、3月物に移行しています

3月限の建玉残が今後すぐに東証から情報開示されるかわかりませんので、しばらくは日々公開の内容を蓄積して分析することになるかもしれませんが、実際の数値と乖離が発生する可能性がありますので、その点には注意しながら分析していきたいと思っています

チャートのテクニカルでは、月曜日の上昇は直近高安の半値基準で頭を押さえられる形になり火曜日は反落、ピッチフォーク下限にタッチする形となっています

ピッチフォーク下限を多少下回ることがあったとしても、この周辺の水準を維持できるかどうかは年末相場がここから下落に向かうのかの分かれ目になりそうな雰囲気があります

インジケーターでは上昇していたRSIは30後半で横ばい気味に推移、ADXが50を超えていてトレンド相場であると考えていますが、その際に方向感を示すMACDはシグナルを上抜けているもののいまだマイナス圏で、しかも横ばい気味になり始めています

ここで強い上昇をしてあく抜けしないと、もう1度シグナルと絡んでしまい相場が方向感を失ってしまいそうです

ここでDMIがクロスしようとし始めてくれたらいいのですが、今のところまだ距離があり上昇転換のサインを出すには日柄がかかりそうです

テクニカル的にはかなり厳しい環境になっていると感じています

水曜日の夜に控えるアメリカでのFOMCをきっかけに、アメリカ市場がどのような反応を示すのか、これによって日本市場の値動きも大きな影響を受けるのではと考えられますが、テーパリング前倒し発言はあるものと想定していますが、利上げ時期への言及があるかは不透明です

FOMCの結果とパウエルFRB議長の発言を受けてアメリカ市場がどのような反応を示すのか、緊張して待つことになると思っています

今のところ相場が大崩れすることは無いだろうと楽観的にとらえているところはありますが、あくまで私個人の投資ポジションですが、今は積極的に攻めるタイミングではなく、資金を減らさないようにディフェンシブな投資を心がけた方が良さそうだと言う印象を持っていますし、実際にかなりボリュームを絞って資金を入れています

ここからの相場展開は読み切れませんし、テクニカル的にも上下どちらに離れるのか微妙な状況が続いています

今のところFOMC通過後に株価は上昇基調になって、週を通してみると横ばい気味の上昇に落ち着くだろうと言う見通しですが、FOMC通過後の株価の反応を予想するのはギャンブルに近いものがありますので、慎重に対応した方が良いと考えています

ドル円

4月23日の終値を中心に、7月1日の終値を高値、9月21日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドと一目均衡表を表示しています

ドル円のチャート

週初のドル円相場の予想は円安、予想値幅は112円50銭から115円00銭に設定しました

予想値幅下限は12月初旬に円高推移した安値の価格を、上限は直近高値の少し下の価格を目処に設定、ピッチフォーク中央の線付近を円安推移する展開を予想しました

週末までのドル円相場の予想は、週初の内容を継続します

火曜日にアメリカで発表された11月卸売物価指数は堅調な結果だったことから、今後のアメリカの利上げを見込んだ値動きでドル円相場は緩やかに円安推移を継続しています

そんな中でドル円相場にとって非常に緊張感の高まる今年最後のイベント、水曜日のFOMCがついにやってきます

ここでテーパリングの前倒し発言があるのは想定していますが、利上げに対してどのような発言が出てくるのか、これによってドル円相場の推移は強い影響を受けるだろうという事は私がわざわざ言うまでも無いことでしょう

今のところ来年中の利上げへの言及は無いだろうとは思っていますが、正直FOMCの内容に関しての予想はギャンブルに近いものがあります

仮に2022年内での利上げへの言及が出てくれば、ドル円相場は強い円安推移を見せてくると考えられますので、その点には注意が必要だと考えています

チャートのテクニカルでは一目均衡表の雲を下支えに円安推移を開始、インジケーターではADXが30を少し超えた水準でレンジ相場からトレンド相場への切り替わりを見せてきそうないタイミングで、MACDはシグナルとクロスする直前、ここで強めの円安推移が起こった場合、そのまま円安トレンド相場へと移行していきそうな状況になっています

FOMCでどのような結果が出たとしても、アメリカが利上げに向かうという姿勢自体に変化が出てくるタイミングでは無いだろうと考えていますし、テクニカル的にも円安推移へ転換するような兆候が見られますので、FOMC通過後は円安トレンド相場へと入って行くだろうと言う予想です

ドル円相場に関しては円安推移の強さがどの程度出てくるのか、FOMC通過後に警戒するポイントはそこだろうと思っています

最後に

日本市場で火曜日の後場に出てきた衆院予算委員会での岸田首相の自社株買いに対するガイドライン設定発言、フレンドリーファイアも良い所です

ただでさえオミクロン株の拡大と政情不安で株式市場の動きは鈍くなっているのに、ここで日本市場の味方だと考えらえる日本政府から攻撃がなされるとは、がっかりするのを通り越してあきれるしかありません

元々金融課税の見直しと言う名の増税をする気まんまんなのはわかっていましたが、企業からも内部留保を社員への給与に回してほしいようです

まあそれで上向くのは正社員だけで、非正規労働者を増やしておいてからこれをやっても、貧乏な人は貧乏なままですが

私自身体を壊して若いころにドロップアウトしていますので、せめて今主業にしている株式取引くらい残してくれませんかねと思いますが、聞こえないでしょうね

私のことはともかくとして、日本政府からは今後もフレンドリーファイアが続くことも考えられますので、自社株買いの減少や金融取引への増税、それ以外にも新しいネガティブインパクトが出てくる可能性には気を付けた方が良いなと改めて思っています

今後は世界的に金利が上昇するでしょうし、そういう面でも財務が健全な会社を選択したいところですが、そういう会社は内部留保が多く目を付けられるかもしれない

どの程度のリスクに備えたらいいのか、今はまだはっきりと見えてきませんが、岸田首相の発言は今後の投資先の選別にも影響が出てくるかもしれないと警戒しています

それでは今週もご覧いただきありがとうございました

水曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました