FOMC控えて膠着する株式市場とドル円相場

週間株為替予想

こんにちはシーカーズです

ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円の予想と、予想外の動きをした時の注意ポイントのブログ、週間株為替予想です

毎週水曜日と土曜日に更新していますので、お時間がございましたら是非ご覧ください

Youtubeで動画も公開していますので、グッドボタンバッドボタン、コメント欄へのご意見ご質問ご感想なんでも結構ですので、お気軽にご利用いただけると私のブログと動画を作る原動力になります

いつもリアクションを取ってくださる皆さん、本当にありがとうございます

【日経平均・ドル円・ダウ・ナスダックの予想】アメリカの早期利上げを警戒する株式市場とドル円相場、水曜までは身動き取れす?【週間株為替予想】
オミクロン株のニュースが流れリスクオフの相場展開から先週は一気にリスクオン、強い上昇を見せてきましたが、週末にかけて値動きが緩慢になる展開となりました。今週水曜日の夜にはアメリカでFOMCがあり、ここでのテーパリング前倒しがどの程度になるの...

ニューヨークダウの予想と注意ポイント

9月30日の終値を中心に、11月8日の終値を高値、12月1日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

今週のニューヨークダウの予想は横ばい気味に上昇、予想値幅は35,500ドルから36,400ドルです

予想値幅下限は11月下旬のオミクロン株発見によるニュースで下落する前の下値の価格を、上限は11月中旬の下落時に一度ピークを付けた価格を目処に設定、一目均衡表の雲を下支えにピッチフォーク中央線の角度に近い上昇推移をする展開を予想します

今週のニューヨークダウの主なイベントは、全体的にインフレ懸念による景気悪化が起こっていないかに焦点が当たるのではと考えています

11月卸売物価でインフレ率がどの程度なのか先読み、ニューヨーク連銀製造業景気指数で来月の景況感の先読みを、11月小売売上高と11月住宅着工件数でインフレによる個人消費の悪化が起こっていないか確認し、フィラデルフィア連銀製造業景気指数でニューヨーク連銀製造業景気指数との齟齬が無いか確認すると言った流れになると思います

インフレ懸念が起こることは想定していますが難しいのが個人消費の動向で、仮にここで個人消費が鈍っているような結果が出てくると、ニューヨークダウは上昇しようとしても頭を押さえられる展開になると考えられます

今のところ市場予想では、小売売上高は悪化傾向、住宅着工件数は増加傾向ですが、小売売上高の悪化傾向が上昇相場に水を差す形になるのではと警戒しています

チャートのテクニカルではエンベロープ下限に接触後一気に直近高安の半値基準と一目均衡表の雲を上抜ける上昇を見せ、ピッチフォーク中央線まで上昇してきています

これは10月初旬から11月初旬に見せた上昇に近い値動きになっていますので、今回も同様の値動きをする可能性が出てきています

インジケーターではADXが高止まりしている状態でMACDはシグナルを上抜け上昇、下落トレンド相場から上昇トレンド相場へと一気に切り返しています

DMIは以前の強い下落相場をまだ消化していませんのでプラス転換していませんが、日柄をこなすことでPDIがMDIを上抜けるものと考えています

これらのことから今後も上昇方向への推移が続くのではと予想しています

全体としてテクニカル的にはポジティブですが、ファンダメンタルズの面で懸念が台頭して頭を押さえられるのではと言った感じです

以上のことから今週のニューヨークダウは、一目均衡表の雲を下支えにピッチフォーク中央線の角度に近い上昇推移をする展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は36,600ドルの上抜けです

直近高値の水準を上抜けることになる値動きですが、今週の経済指標の発表やテクニカル的に考えて、ここまで強い値動きが出てくることは考えにくい状況です

予想外にここまで強い値動きが発生した場合、よほど市場にポジティブなニュースが出ているのだと思われますが、今のところ思い浮かぶものはコロナの特効薬登場とかだと思いますが、現実的では無いと思います

予想外に上昇が起こったときにそれを納得できるだけの材料が出ていればいいのですが、材料もなくここまで強い上昇をした場合は、むしろその後の強い反落に注意した方が良いかも知れません

今週はアメリカのSQになりますので、それに絡んだ荒い値動きが発生している可能性も考慮した方が良いと思います

下落方向は35,000ドルの終値基準での下抜けです

直近高安の半値基準を下抜ける水準ですので、ここまで下がるのは下げ過ぎだと考えています

状況としては予想以上の個人消費の悪化、コロナの再拡大、過度なインフレ懸念、中国恒大のデフォルトによる影響、ヨーロッパでのコロナ感染拡大など、マイナス方向の懸念材料は上げるときりがありません

今週の予想値幅下限を35,500ドルと金曜日の終値から見るとかなり幅を狭めに設定しているのも、これらの懸念から下落を開始した際に危ないかもしれないと感じ取るタイミングを早めに設定しようと考えたからと言う面もあります

今の市場環境はかなり悪材料が多い状況ですので、引き続き急落には警戒しつつ取引に臨みたいところだと考えています

今週内での直近高安の半値基準までの急落は注意ポイントに入りますが、ある程度の日柄をかけて下落する場合はそこを下値に再上昇相場へ入る可能性がありますので、あくまで今週中の急落が注意ポイントである点には気を付けてください

ナスダックの予想と注意ポイント

8月18日の終値を中心に、9月3日の終値を高値、10月4日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックのチャート

今週のナスダックの予想は横ばい、予想値幅は15,200ポイントから16,000ポイントです

予想値幅下限は12月6日の終値の価格を、上限は11月初旬の高値の価格を目処に設定、直近高安の半値基準付近を上下して全体としては横ばい気味に推移する展開を予想します

今週のナスダックの主なイベントはやはりFOMCでしょう

ここでテーパリング前倒しがどの程度になるか、そして利上げ時期が2022年に前倒しされるかに焦点が当たると考えています

全体的にインフレ懸念は高まる経済指標が発表される傾向にあると思われますし、仮に利上げに関しての言及がなかったとしても、ナスダックには今後も利上げ懸念は付きまとうと思います

むしろここで利上げのスケジュールがある程度出てしまって一旦織り込んでしまえば、そこで下落はするかもしれませんがその後の市場環境は改善するのではとも思います

FOMCでどのような内容が出てくるのかを予測するのは難しいですので、水曜日の内容次第で臨機応変に対応するしかない状況だと思っています

チャートのテクニカルではエンベロープ下限を底に直近高安の半値基準まで上昇して落ち着いています

順調な相場環境であればピッチフォーク中央線に沿った上昇を継続しても良いような印象を受けます

インジケーターではADXは30後半と高止まりしていてトレンド相場を継続中ですが、MACDはいまだ0付近を横ばい推移していてシグナルの下にいます

DMIも強い反発サインは出しておらず、方向感がつかみにくい印象です

ファンダメンタルズとテクニカルどちらから見てもナスダックの市場環境は強いものではなく、今のところ方向感を迷っている印象を受けます

以上のことから今週のナスダックは、直近高安の半値基準付近を上下して全体としては横ばい気味に推移する展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は16,200ポイントの上抜けです

最高値更新を続ける展開になりますが、この値動きが起こるイメージは全くありません

ニューヨークダウ同様そこまで強い相場環境だとは考えにくい状況ですので、この値動きが出た場合はそこまでポジティブなニュースがはっきりと出ているのかどうか確認した方が良いだろうと考えています

なんとなく強い上昇を見せてきた場合には、むしろその後の急落に注意した方が良いだろうと思います

SQが絡んでボラティリティが高い展開に入ることもあるかもしれませんが、それにしても最高値更新は強すぎる動きだと思いますので、高値掴みには要注意だと考えています

下落方向は15,100ポイントの終値基準での下抜けです

ナスダックに強い下押し圧力がかかった場合、先週火曜日に開けた窓を埋めに行く形で下落する可能性はあると考えていますが、それでも一目均衡表の雲下側を下抜けるほど弱い展開にはならないだろうとも考えています

SQなども絡みボラティリティが高まった場合、下髭で抜けることはあるかもしれませんが、終値基準で下抜けてしまうとその後の相場展開に警戒した方が良いかもしれません

この動きが出てしまっても、その後は横方向のレンジ相場に入る程度で済むかなと今のところは思っていますが、予想より相場環境が悪化している場合はさらに強い調整に入ってしまう可能性もありますので、一目均衡表の雲を終値基準で下抜けるような値動きをしてきた場合は、ナスダックの今後の見通しを少しネガティブに修正しようと考えています

日経平均の予想と注意ポイント

5月13日の終値を中心に、6月15日の終値を高値、8月20日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均のチャート

今週の日経平均の予想は横ばい気味に上昇、予想値幅は28,300円から29,000円です

予想値幅下限はピッチフォーク一番下の線の価格を、上限は以前の高安の半値基準の価格を目処に設定、直近高安の半値基準周辺で推移する展開を予想します

今週の日経平均の主なイベントでは10-12月期の日銀短観が注目だと思います

日本経済には停滞感が漂っていますし、大手の企業が今後の日本経済の先行きをどう考えているのかしっかり確認しておきたいポイントです

悪化することは無いと思いますので、月曜日は日経平均上昇のサポート材料になってくれるのではと見込んでいます

日銀の動向に関しては現状維持になるだろうと見込んでいますので、日経平均への影響はニュートラルだろうと考えています

金融政策で気になると言えば、むしろ水曜日にアメリカで予定さえているFOMCの方でしょう

この内容次第でアメリカ市場の値動きに変化があれば日本市場にもダイレクトに影響がありますので要注意だと思っています

オプションの動向ですが、28,000円から28,500円を中心に、全体的にはマイナス方向へ分布している感じで弱気目線です

外資系証券会社の建玉にあまり顕著な傾向があるわけではないのですが、CTAのクレティスイスとモルガンスタンレーが下方向で利益拡大のポジションを取っているのが気になります

先物に関しては12月限からのロールオーバーで3月限はかなり活発に取引がありましたが、225先物ラージとTOPIXの建玉残が反対方向に積まれているところが多く、方向感をつかみにくい状況になっています

今週以降の取引で増減の傾向を見て判断していきたいと思っていますので、今のところ予想には組入れないでおこうと考えています

チャートのテクニカルではエンベロープ下限に接触後に直近高安の半値基準まで上昇しましたが反落、少し弱い印象を受けます

同様の値動きは10月初旬の底値からの反発時にも見られていて、この際にも一度半値基準を回復後に反落、その付近でもみ合った後に再上昇しています

今回も同じような値動きになるのではと予想していますが、全体的に気になるのはその値幅です

上値が押し下げられる形になってしまっていますので、長い目で見ると9月14日と11月22日の終値を結んだ線を上抜けて上昇推移を継続できるかが勝負になりそうです

今週に関しては直近高安の半値基準と以前の半値基準、一目均衡表の雲、そして28,900円の少し下にある200日単純移動平均線が上値抵抗になってしまって、全体的に上昇しても上値の重い展開になるのではと考えられます

インジケーターではADXが40を超えて高値で横ばい推移していますのでトレンド相場と判断、先週の反発でMACDが上昇してきましたがシグナルを上抜けることはできずに横ばい推移へと移行、下落トレンドから上昇トレンドへ変化できるかどうかのギリギリのラインにいます

市場環境としてはかなり不安定で、早い時期に強い上昇をしてこないと相場の方向感が無くなってしまう可能性が出てきています

このままだと再度下落トレンド相場に入ってしまうか、方向感を失って横方向のレンジ相場に移行する可能性が出てきてしまいます

以上のことから今週の日経平均は、直近高安の半値基準周辺で推移する展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は29,500円の上抜けです

この水準は6月15日や10月20日に頭をさえられた水準で、今後も日経平均が上昇しようとする際に上値抵抗として意識される水準だと考えています

今週に関しては予想の際にお話しした9月14日と11月22日の終値を結んだ線を上抜ける水準にもなりますので、この上昇が起こった場合はその後も強い上昇相場へと入って行くことが考えられます

このような強い上昇が起こる要因が想定されるのかと言われると、アメリカ市場での予想の際と同じで全く思いつかないのですが、日経平均でこの値動きが起こった場合、その後の相場展開はポジティブになると考えていますので、ここは潮目が変わるポイントとして注目しています

下落方向は27,600円の下抜けです

今回の急落時の安値水準ですが、まさかここまで下落はしないだろうとは思っていますが、一応警戒しておこうと思います

今の市場環境は悪材料を上げればきりがありません

アメリカでの利上げ前倒し、世界でのコロナ拡大と経済停滞、ロシアのウクライナ侵攻、原材料価格や原油の価格高騰、全世界的な政府のプライマリーバランスの悪化、これでよく相場が上昇しているなと言ってもいいくらいです

市場環境があまりに悪いですので、引き続きポジションボリュームには気を配る必要があると思いますが、それとは別に27,600円の下抜けが発生するような状況になっていると、日経平均は大きな調整相場へと突入する可能性が高まりますので要注意だと思っています

その後の展開としては、27,300円周辺を底に再度反発する可能性も残されてはいますが、最悪の場合は2020年に停滞した価格帯、23,000円台への下落も考えられますので、かなり警戒しています

さすがに23,000円台への突入はかなりネガティブな場合ですのでそこまで重視しなくていいとは思いますが、一応頭の片隅には入れておいた方が良いと思います

ドル円の予想と注意ポイント

4月23日の終値を中心に、7月1日の終値を高値、9月21日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドと一目均衡表を表示しています

ドル円のチャート

今週のドル円相場の予想は円安、予想値幅は112円50銭から115円00銭です

予想値幅下限は12月初旬に円高推移した安値の価格を、上限は直近高値の少し下の価格を目処に設定、ピッチフォーク中央の線付近を円安推移する展開を予想します

今週の為替のイベントで注目なのは、やはり水曜日に予定されているFOMC政策金利とパウエルFRB議長の定例記者会見だと思います

ここでテーパリング前倒し発言は出るものと思われますが、来年内での利上げに言及が及ぶのかどうかをかなり気にしています

今のところ利上げの時期に関して具体的な言及は無いだろうと考えているのですが、FRBが予想以上にインフレに対しての懸念を高めている場合は利上げ時期に関しての発言が出てくる可能性はあり、この場合は米長期金利の上昇をきっかけに強い円安推移が起こることが予想されます

今のところその可能性は低いとは思っていますが、思わぬ円安推移には注意が必要な週だと思います

金曜日の日銀金融政策決定会合の政策金利に関してはおそらく現状維持だと思われますし、黒田日銀総裁もサプライズにつながるような発言を行う事も無いだろうと見込んでいます

そのためこれは材料にはならないだろうとは思っています

チャートのテクニカルではADXは上昇傾向ではありますが、30を下回った状態ですのでレンジ相場であると判断、RSIは30台ではあるものの方向感がわかりにくい値動きになっています

MACDはほぼ0付近を横ばい推移、仮にADXが上昇して来たとしてもやはり方向感がありません

ただこのままボラティリティが低下していけばADXは低下傾向になると考えられますので、レンジ内での推移を継続する可能性が高そうだと考えています

今年4月付近のドル円相場のチャート

雰囲気としては今年4月中旬からの値動きに近い推移になるのではと予想しています

以上のことから今週のドル円相場は、ピッチフォーク中央線付近を円安推移する展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は115円50銭の上抜けです

FOMCでのテーパリング前倒しに関する発言などで円安推移がいったん強く出る可能性を考慮して115円00銭までの推移は予想範囲で設定していますが、115円50銭を上抜けてきた場合は予想外に利上げ時期に関する言及があったのではと思われます

この場合は米長期金利の急激な上昇とセットになって推移すると考えられますので、予想外に円安推移が始まってそれが利上げ関連への発言きっかけである場合、米長期金利の値動きで上昇方向の予想外の注意ポイントのパターンに入ってしまったのか確認できると思います

この場合の円安推移は米長期金利の動向とリンクすると考えられますので、一気に118円まで行くようなことは無いと思います

円安推移が強く出ているにもかかわらず米長期金利の上昇が確認できない場合は、まったく想定外の事態ですので、118円台まで一気に円安推移する可能性がありますので、予想が外れるにしても想定内のことなのか、それとも全く想定外のことなのかでその後の円安推移の強さが変わると考えられますので、その際には強い円安に注意が必要だと思います

下落方向は112円00銭の下抜けです

直近高安の半値基準と一目均衡表の雲を下抜ける水準ですので、強い下値支持になると思われる価格帯を2か所下抜けるような強い下落です

この値動きが起こるとすると、金曜日の日銀金融政策決定会合で金融政策の引き締め発言があった場合に起こる日米金利差縮小によるものか、中国恒大のデフォルトやコロナ拡大による経済へのダメージが懸念された場合に起こるリスクオフの動きだと考えられます

ドル円相場にどの程度の影響を与えるかは、出てきた円高要因の内容によって変わるかとは思いますが、テクニカル的には直近安値109円00銭あたりを目指して円高推移を開始する可能性がありますので注意が必要だと思います

日米金利差に関わるものであれば短時間で、リスクオフの動きの場合は調整が少し長くなる可能性も考慮した方が良いだろうと思っています

今週のまとめです

今週のニューヨークダウの予想は横ばい気味に上昇

予想値幅は35,500ドルから36,400ドル

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は36,600ドルの上抜け

下落方向は35,000ドルの終値基準での下抜け

今週のナスダックの予想は横ばい

予想値幅は15,200ポイントから16,000ポイント

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は16,200ポイントの上抜け

下落方向は15,100ポイントの終値基準での下抜け

今週の日経平均の予想は横ばい気味に上昇

予想値幅は28,300円から29,000円

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は29,500円の上抜け

下落方向は27,600円の下抜け

今週のドル円相場の予想は円安

予想値幅は112円50銭から115円00銭

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は115円50銭の上抜け

下落方向は112円00銭の下抜け

先週の予想は週初から外れて強い上昇相場へと入りましたが、そのまま強い上昇を維持するのはさすがに難しく気持ち弱い推移となっています

ニューヨークダウは他の市場に比べて強くはありますが、個人消費の低下が起こり始めた時にどのような反応をするのか心配ですし、ナスダックはFOMCを前に足踏み状態、日経平均もなぜか一緒に足踏みしつつ、ドル円相場は方向感なし

今週水曜日のFOMCをきっかけに相場はもう少し方向感をもって動き始めるのではとは思っていますが、来週はクリスマス、再来週には大晦日です

ここから薄商いになることが予想されますし、果たして強い相場が戻ってくるのか疑わしい所もあります

相場が全体的にスタックしたような値動きになりそうな1週間ですが、動かない間に自分の買いたい銘柄の精査などを粛々と進めたいと思います

皆さんも是非この時間を有効にご利用ください

それでは今週もご覧いただきありがとうございました

土曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました