高値で陰線を出すアメリカ市場といつまでも跳ね上がらない日本市場

週間株為替予想

こんにちはシーカーズです

ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円の週初の予想からの振り返りと週末までの予想のブログ、週間株為替予想です

ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円の予想 高値で陰線を出すアメリカ市場といつまでも上に跳ねない日本市場そして円高へ切り返すドル円相場【週間株為替予想】
アメリカ市場で陰線が出て、なんだか怪しげ雰囲気になってきましたが、まだまだ年末高の予想は維持しています。それにしても日本株が弱く、一旦しゃがんで上に行くのかと思ってもずっと同じところでしゃがんだまま、今年の初めからスクワットばかりしています...

ニューヨークダウ

7月19日の終値を中心に、8月16日の終値を高値、9月21日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

週初のニューヨークダウの予想は上昇、予想値幅は35,500ドルから37,200ドルに設定しました

予想値幅下限は大きく陰線を出した10月27日の安値の価格を、上限はピッチフォーク一番上の線の週末の価格を目処に設定、ピッチフォーク上側2段の中を上昇方向へ推移、ただしどこかのタイミングで陰線が出た場合反落し始める展開を予想しました

週末までのニューヨークダウの予想は、横ばい気味の下落に変更します

卸売物価指数の発表に関しては特に問題は無かったと考えていますが、今のところパウエルFRB議長の発言内容に関してはまだ確認できていませんので何とも言えません

他に気になる動きとしてはFRB議長の後任人事ですが、現在の所はブレイナード理事が有力なようで、仮にバトンタッチしたとしても極端な方針転換はなさそうだと楽観視しています

火曜日のニューヨークダウの値下がり寄与度も業種はかなり幅広く、30社のうち17社が下落しています

米長期金利が下落を続けていますので、金融株の株価には重石になるだろうと想定されますので、もう少しの期間ニューヨークダウは軟調な値動きをする可能性があります

チャートのテクニカルでは日足で陰線が出ました

先週金曜日と今週月曜日も十字線や上陰陽線(うえかげようせん)に近い形状になっていて、火曜日には陰線となりましたので、下落方向への推移を警戒した方が良いタイミングに入っていると判断しています

現在のインジケーターの形状で似ているのは昨年11月半ばで、上下の調整をこなしながら全体的には上昇推移を継続、今年5月から横ばい気味に推移するまで上昇を半年間継続しました

まだ1営業日の下落ですのでこのまま上昇を継続する可能性もありますが、長期的には今回もこの昨年11月と似たような値動きになって上下を繰り返しながら緩やかに上昇推移するのではと考えています

短期的には一旦下落する方向に動くという予想で、この場合の値動きとして3パターン用意しています

1つ目は10月27日の安値と最高値の半値基準36,000ドル付近までの下落をこなしながら横ばい気味に下落して再度横ばい気味に上昇を継続する展開です

火曜日の終値から1%程度の調整で終わるパターンで、これが最有力です

2つ目が36,000ドルを強めに下抜けた場合に想定される下値、35,500ドル付近までの下落で、この場合は2%強の下落です

3つ目が直近高安の半値基準、35,000ドルまでの下落で、これでもまだ3.5%の下落です

水曜日には米長期金利への影響があると考えられる消費者物価指数の発表が控えていますので、これをこなした後に上昇する可能性もありますが、木曜日が休場ですので仮に上昇したとしても上値が重くなるだろうと考えています

このタイミングでの横ばい気味の下落予想への変更は短期的な調整の値動きがあると予想してお話ししていますが、長期目線ではまだまだ上昇相場が継続すると考えていますので、その点にはご注意ください

ナスダック

8月18日の終値を中心に、9月3日の終値を高値、10月4日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックのチャート

週初のナスダックの予想は上昇、予想値幅は15,250ポイントから16,500ポイントに設定しました

予想値幅下限はエンベロープ中央の価格を、上限は先週の上昇値幅を維持した場合の週末に予想される価格を目処に設定、上昇推移を継続すると考えていますが反落し始めた場合はエンベロープ中央を目指して調整に入る展開を予想しました

週末までのナスダックの予想は下落に変更します

エンベロープ中央を目指して方向感のある下落を開始すると予想します

ナスダックのチャート形状はとにかく悪いです

3営業日陰線が続いているうえに、火曜日はかなり強い陰線が出てしまいました

チャートのインジケーターでは明確に下落方向への推移を示すのはRSIくらいですが、今はADXがかなり高く信頼性としては低い状態です

MACDはまだシグナルから距離があり、下落方向への推移と判断するにはまだ時間がかかりそうです

ただ個別銘柄の面でとにかく悪いニュースがあります

それがテスラのイーロンマスク氏の保有株売却です

11月5日には弟のキンバル氏がすでに26億円以上の保有株を売却、高値で売り抜けています

今年の2月にも売却していますので、トータルで50億円以上売却しています

恐らくテスラ株はしばらく下落するだろうと思いますし、あくまで個人的な意見ですが内部関係者がこのタイミングで保有株を売却する会社の株を買うのはどうだろうかとも思いますが、この辺りは話し始めると動画が1本できそうなのでこのくらいにしておきます

ナスダックの今後の下落目処ですが、まずはエンベロープ中央を目指して下落、そこでいったん下値を固めてから再度上昇か横ばい推移に入るのではと考えています

米長期金利の下落が支援材料になる可能性はありますが、短期的には比較的はっきりした調整に入るのではと考えています

日経平均

5月13日の終値を中心に、6月15日の終値を高値、8月20日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均のチャート

週初の日経平均の予想は横ばい、予想値幅は29,000円から30,400円に設定しました

予想値幅下限は直近高安の半値基準の価格を、上限は9月の下落時に一度反発した際の高値の価格を目処に設定、方向感なく横ばい推移する展開を予想しました

週末までの日経平均の予想は、週初の内容を継続します

今週発表される企業決算で指数寄与度が高いものは、週末の東京エレクトロンのみとなりました

決算を控えてすでに高値まで上昇していますので、果たして決算で材料出尽くしになるのか、それともさらに上値追いをするのか、気になる銘柄ではあります

オプションに関してはPUTの29,500円での売買がかなり活発になっています

少し気になるのがSBI証券の建玉で、火曜日にPUT29,500円で大きく商いがありました

ABNアムロがかなり引き受ける形になっていますので、水曜日以降SQが過ぎるまで29,500円から大きく乖離した下落が無いように価格を維持しようとする強い力が発生する可能性があります

先物に関しては大きな動きはABNアムロの225mini12月限の火曜日の大幅の売り以外はありません

これは先ほどお話ししたオプションPUTの売りに対するカウンターの可能性が高いだろうと考えていますが、今のところまだ建玉自体はプラスを維持していますので、相場の流れを悪化させるようなものでは無いと考えています

話は変わりますが、それにしても日経平均のチャートは状況があまりにも悪いです

窓を開けて上昇した後は、黒三兵どころか4営業日連続の陰線、先週開けた窓を埋めに行く体制に入りました

ADXが低下傾向な中RSIは高値圏から下落中、これに関しては大幅下落を予感させるものではありませんが、DMIではMDIがPDIを上抜ける直前、MACDも下向きに変化してきてしまいました

このまま一目均衡表の雲辺りまでの調整はしても仕方ないだろうと考えています

28,800円まで下落すると仮定した場合の火曜日終値からの下落幅は約500円、1.7%程度になると想定されますので、そこまでの利幅の縮小は耐える準備をしています

ただ今週中の下落方向の注意ポイント28,750円の下抜けに関しては予想として維持しています

ここを明確に下抜ける動きをしてきた場合、いったんの利益確定、もしくは損切りを覚悟しようと考えています

もしポジションに余裕がある様であれば、28,500円の明確な下抜けまでは待った方が良いかもしれませんが、月曜日の時点でここまで下落するような弱い展開はあまり考えられませんでした

もちろんチャートのテクニカル的には下落する可能性がかなり高まっているのは理解していましたが、アメリカ株は想定通り上昇を継続しています

マイナーSQ週とは言えかなり危険な値動きだと思いますので、いざと言う時の対応策はしっかりと用意しておいた方が良いと思います

私自身もこれからさらにはっきりと対応方法を考えようと思っています

ここまでの話だと完全に下落方向に舵を切るような内容になっていますが、最初に申し上げましたが週初の予想、方向感なく横ばい推移する展開に関してもまだ維持しています

楽観視せず下落時に備えて対応しますが、日経平均はまだここから週末にかけて粘って、29,500円近辺で週を終えるのではとも考えています

ただストレートに言うとチャート形状はマジでやばいので、備えあれば患いなしです

ドル円

4月23日の終値を中心に、7月1日の終値を高値、9月21日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドと一目均衡表を表示しています

ドル円のチャート

週初のドル円相場の予想は横ばい気味に円高、予想値幅は112円00銭から114円00銭に設定しました

予想値幅下限は直近高安の半値基準の価格を、上限は先週金曜日の円安水準の価格を目処に設定、一目均衡表の雲を目指して円高推移する展開を予想しました

週末までのドル円相場の予想は、週初の内容を継続します

米長期金利の低下で円高傾向に推移しているドル円ですが、まだ下値のめどは見えません

米10年債利回りに関しては、少し下げ止まるかどうか微妙なところまで下落してきました

米10年債利回りのチャート

一目均衡表の雲まで下落して、6月半ばに2度底値を試した価格に突っかけてきました

ただ先週の時点でここを試して反発、2度目の試しと考えると下値支持としては少し弱い気がしますが、一旦は底値を付けた可能性も考慮していいとはお思います

ここを下抜けてしまうと1.30あたりまで下落してしまうと考えられますので、1.40を下抜けるような値動きをしてきた場合は、再度長期金利の強い下落に警戒した方が良いだろうと考えています

長期金利の下落が止まると仮定した場合、ここからは緩やかに一目均衡表の雲を目指して円高推移、ただ米長期金利が強い再下落に入った場合は直近高安の半値基準まで一気に下落する可能性があります

予想としてはそこまで強い下落はせず、週末に向けて上下しながら一目均衡表の雲を目指して下落推移するのではと予想しています

予想の内容としては週初の内容のまま継続と言う形になります

ここからは、米長期金利の1.40下抜けが起こるかどうか、ここを注意した方が良いだろうと考えています

最後に

上に向かう時には一旦しゃがむものだと、人生などで困難に直面した時によく聞くセリフかと思います

私の人生も転んでは立ち上がり転んでは立ち上がり、気が付けばYoutubeに動画を投稿したり、ブログを投稿したりしています

アメリカ市場がここまで好調でいつしゃがんだのかと思い返せば、大きくしゃがんだのは昨年の3月、ずっと跳ねたままです

日本株も昨年の3月に大きくしゃがんで跳ね上がりましたが、なぜか今年の2月からずっとスクワットをしています

いい加減跳ね上がっても良いと思うのですが、日本の蛙はなかなか上に跳ねません

年末円高アノマリーや中国経済の不安など、はねられない気持ちもまあわからなくはありません

年末高を見込んでいるとはいえここまでしゃがんでばかりいられると、さすがに利益確定したい誘惑に駆られます

売っちゃった方が良いですかね?

それでは今週もご覧いただきありがとうございました

水曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました