チキンレースに入ったアメリカ市場と乗り遅れるの日本市場

週間株為替予想

こんにちはシーカーズです

2005年からあすなろ投資家の私がなぜ生き残って利益を出し続けられるのか、このブログを見れば皆さんにもわかります

個別銘柄に投資する際にも、代表的な株価指数や為替である、ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円の値動きを予想し、できるだけ有利なポジションでエントリー、仮に予想が外れた時にどのような値動きをする可能性があるのかに備える、現役トレーダーの私が、今週のポジションをどう考えているのかすべてお話しします

毎週土曜日に1週間の予想を、水曜日に途中経過と修正のお話をしていますので、お時間がございましたら是非ご覧ください

ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円の予想 アメリカ市場はチキンレースの様相でいつ下落してもおかしくない状態で上昇継続中、日本株は相変わらず軟調、ドル円は明確な円高推移へ【週間株為替予想】
アメリカ株式市場は高値更新を続けすでに高値圏での推移、その様相はまるでチキンレースです。早く降りてしまえば利益は減るし、遅れてしまえば崖から真っ逆さま、果たしてどこが最高のタイミングなのか誰にもわかりません。そんななか寂しく佇む日経平均、な...

ニューヨークダウの予想と注意ポイント

7月19日の終値を中心に、8月16日の終値を高値、9月21日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

今週のニューヨークダウの予想は上昇、予想値幅は35,500ドルから37,200ドルです

予想値幅下限は大きく陰線を出した10月27日の安値の価格を、上限はピッチフォーク一番上の線の週末の価格を目処に設定、ピッチフォーク上側2段の中を上昇方向へ推移、ただしどこかのタイミングで陰線が出た場合反落し始める展開を予想します

今週のアメリカでのイベントで気になるのは月曜日と火曜日に連続するパウエルFRB議長の発言、そして10月の卸売と消費者物価指数です

先週のFOMCでは、金融緩和のテーパリングは開始するものの、労働市場が回復するまで利上げを考えないと発言していますので、物価指数に関しては今のところあまり問題にならないだろうと考えています

もちろん極端な結果が出てきてしまった場合、経済活動への悪影響も考えられますし、FRBの姿勢に変化が現れる可能性はありますが、コンセンサス見通しから大きく乖離しないようであれば特に問題は無いと考えています

パウエルFRB議長の発言に関しては、今後の利上げ見通しなどに関して、さらに深堀する形で発表があるかもしれない点には注意が必要だと考えています

特に労働市場の回復と言うのが具体的に何を示しているのか、その間にどの程度のインフレであれば許容するのか、この辺りに関わる発言があるかどうか注意深く見守りたいと考えています

チャートのテクニカルでは、金曜日まで週を通して陽線を維持、木曜日こそ前日比でマイナスではありましたが、ボリンジャーバンドを押し広げるような上昇を続けています

RSIは高値圏を維持していますが、ADXは上昇中で強いトレンド相場に入っていると判断できますので、このまま上昇推移を継続しても不自然では無いと考えています

市場環境からもアメリカ市場が強い上昇方向のトレンド相場に入っていると判断していますので、今週も上昇を継続する可能性は高いのではと思っています

ただ株式市場には必ず上下の波があります

いまはひたすら上昇を続けていますが、どこかのタイミングで必ずマイナス方向へ調整に入ります

仮にですが月曜日から調整に入った場合、8月半ばの高値と今回の上昇で一旦休んだ価格帯の35,600ドル周辺が下値目処として有力です

ここにはエンベロープ中央が株価を追いかけるように上昇していますので、35,600ドルあたりまで下落すると、ちょうど接触する水準になると思います

他方で月曜日以降も上昇を継続した場合、反落した際の下値目処はどんどん上昇していきます

そして強い陰線を出してもそれをこなして横ばい気味に推移した場合、なだらかな上昇を継続していってしまう可能性もあります

正直なところ今の段階でニューヨークダウの今後の値動きを正確に読み取ることは、ほぼ不可能だと思っています

想定は上昇維持、横ばい気味へ変化、ある程度の調整の3種類、予想としては上昇で対応していますが、次にあり得るのはある程度の調整、その次が横ばい気味へ変化だと考えています

ただ共通しているのは、どの推移に入ったとしても年末へ向けて上昇推移を継続するだろうという予想です

繰り返しになりますが、ここから大きな調整に入るとは考えていませんが、一旦の上値を迎えられてしまうかもしれないタイミングに差し掛かっている可能性がある点には注意が必要だと考えています

以上のことから今週のニューヨークダウは、ピッチフォーク上側2段の中を上昇方向へ推移、ただしどこかのタイミングで陰線が出た場合反落し始める展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は37,600ドルの上抜けです

今週中にここまで上昇すると、さすがに相場の過熱感が意識されると考えられます

そこでいったん強い上昇は終了しそこまでの上昇と比べると一気にボラティリティが低下、横ばい気味に上昇推移するか反落に入ると考えられます

ここまで上昇しても継続してきた上昇方向の推移が終わるわけでは無いと考えていますので、特に悲観する必要は無いと考えていますが、10月半ばから始まったダイナミックな上昇相場はいったん終了してしまうかもしれない点には注意が必要だと思います

下落方向は35,600ドルの強い下抜けです

予想の所でもお話ししましたが、ここは8月半ばの高値、今回の上昇時に一旦下押しした価格、そしてエンベロープ中央と下値目処が集中しているところです

今週中にここを強く下抜けした場合、そのまま直近高安の半値基準35,000ドル周辺まで一気に下落する可能性があります

今週の予想値幅下限は35,500ドルと注意ポイントより100ドル下に設定しています

この程度の値幅であれば問題ないと思いますが、勢い良く強い陰線で下抜けてきた場合には特に注意が必要だと思います

今の相場環境や今週のイベント内容を考えてもそこまで強い下落が起こるとは考えていませんが、急変した場合には一応備えておきたいと考えています

ナスダックの予想と注意ポイント

8月18日の終値を中心に、9月3日の終値を高値、10月4日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックのチャート

今週のナスダックの予想は上昇、予想値幅は15,250ポイントから16,500ポイントです

予想値幅下限はエンベロープ中央の価格を、上限は先週の上昇値幅を維持した場合の週末に予想される価格を目処に設定、上昇推移を継続すると考えていますが反落し始めた場合はエンベロープ中央を目指して調整に入る展開を予想します

今週のイベントに関してはパウエルFRB議長の発言が気になるものの、基本的にニューヨークダウと同じです

特にナスダックに特殊な要因は無いだろうと考えています

気を付ける必要があるとすれば、パウエルFRB議長の発言によって米長期金利が急上昇したりしないかと言うところだと思います

ナスダックは非常に強い上昇相場に入っています

チャートのテクニカルからは下落する兆候は特に見られません

金曜日に陰線を出したものの、頂点を付けたと考えるにはまだ弱いです

もう少し推移を見守らないと判断できません

RSIはかなりの高値圏にあるもののADXも非常に高く、MACDも順調に上昇中です

このパターンに入ると、日足で強めの陰線を出すまでひたすら上昇を継続する可能性が出てきます

仮に陰線が出て下落したとしてもいったんの下値目処はエンベロープ中央線まで、今の相場環境から考えるとそこから再度反発して上昇を継続するのではと考えています

インジケーターの動きとしては、ここからはMACDが横ばい気味に推移、そこからは株価はひたすら上昇する展開になるのではと言った感じです

ここから相場が下落方向へ転換したと判断するためには、エンベロープ中央まで下落したのちに一旦少し反発、そこから再度下落し始めてエンベロープ中央を下回ったときか、一気に強くエンベロープ中央を下抜けた時くらいだと思います

とは言え、そこまでの下落は起こらないだろうという見通しです

ここから先のナスダックは、いつ下がり始めるか警戒しながら持ち続けるしかない、さながらチキンレースと言った感じです

以上のことから今週のナスダックは、上昇推移を継続すると考えていますが反落し始めた場合はエンベロープ中央を目指して調整に入る展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は特にありません

通常であれば強すぎる上昇からの反落などを警戒するのですが、ナスダックはすでに高値圏にいて短期的な相場の割高感と言う意味ではすでに飽和してしまっていると考えています

中長期の視点で考えるとPERから以前のバブルの際の高値と比較するというアプローチをとれるかと思いますが、今週の予想としては使用できない手法です

そのため週間予想としては上昇方向の注意ポイントは特にありません

下落方向は15,000ポイントの強い下抜けです

先週金曜日の終値から考えると6%以上下落した水準で、ここまで急落をする可能性はほぼ無いと考えています

今週高値からの調整に入る場合、エンベロープ中央までの調整は一気にする可能性はあると考えています

その水準は概ね15,250ポイント周辺、ここまでは下落可能性として織り込んでいて、この範囲内なら再度反発して上昇相場へ戻るだろうと考えています

想定に反してさらに下落して15,000ポイントを強く下抜けた場合、もっと強い調整に入る可能性が高まります

その下値目処はエンベロープ下側に接触するまで、先週末の水準では14,500ポイントです

期間としては今週月曜日から下落が始まった場合11月の第4週までは下落が続くものを考えられます

12月に上昇相場に再度入ったとしても、今年中に再度最高値を更新するほどの上昇を見せてこられるのか黄色信号が出ると思いますので、今週は15,000ポイントの強い下抜けを下落方向の注意ポイントに設定したいと思います

日経平均の予想と注意ポイント

5月13日の終値を中心に、6月15日の終値を高値、8月20日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均のチャート

今週の日経平均の予想は横ばい、予想値幅は29,000円から30,400円です

予想値幅下限は直近高安の半値基準の価格を、上限は9月の下落時に一度反発した際の高値の価格を目処に設定、方向感なく横ばい推移する展開を予想します

今週の日本市場での注目のイベントは特にありませんが、マイナーSQ週となりますので、オプションや先物の11月限の動きに関しては注意が必要です

それ以外で気になるのは今週もやはり企業決算だと思います

ここからソフトバンクグループや東京エレクトロンと、指数寄与度の高い企業の決算が続きますので要注意です

先週特に印象的だったのがトヨタ自動車の決算でした

過去最高の中間決算を発表したにもかかわらず、会見で近取締役から出てきたのは実質的な下方修正と言う言葉でした

半導体不足とロックダウンによる減産と原材料価格の上昇を円安がカバーした形となったという認識です

12月以降は生産回復見込みとの発言もありましたので期待感はありますが、現在の日本企業がおかれている市場環境の厳しさを感じさせるものとなりました

これは国内で生産販売を行う円安メリットを享受できない企業にとっては、かなり厳しい相場環境であるという事がはっきり示されたのだと思っています

オプションの動向ですが、週末にABNアムロがPUTの29,500円に売りを入れてきましたが、これは11月1日に買った分の反対売買の可能性を考えていて、思ったより上昇しているためポジションを整理した可能性があります

逆に29,500円のCALLは買った後は握ったままの様ですので、この辺りは上方向に見ているのかもしれないと思っています

今回最もポジションが変わったのがクレディスイスでした

29,375円あたりを中心に上下どちらに振れても利益が拡大するようなポジションを取っています

ただ、30,500円より上にはいかないだろうと考えてもいるようで、そこには大きくCALLの売りが入っています

CTAのクレディスイス、裁定のABNアムロとBNPパリバが似通った建玉になっているのが印象的です

建玉全体でみるとプラス方向ですが、今週末のマイナーSQでポジションが終了しますので、来週以降は12月限の分析を行うことになります

今のところ12月限のオプションは広範囲にCALLとPUTの建玉が分散していてコメントするのは難しい状態です

恐らく来週にはもう少し傾向が見えてくると思いますので、その時にお話ししたいと思います

先物に関してはCTAのクレディスイスは全体的に建玉をプラス方向にしていますのでポジティブ、モルガンは225と225miniの12月限を減少させた代わりにTOPIXは増やしていますのでニュートラルと判断しています

クレディスイスの動きはある程度方向性が見えるのですが、モルガンに関しては方向性がわかりませんので、私たちの見えないところ、例えば現物などのポジションで何か変化している可能性がありますので今後も先物の動向を注意して見ていきたいと思っています

グローバルマクロのゴールドマン・シティ・JPモルガンは12月限の225を減らしTOPIXを増加と、TOPIXが優位と判断している可能性があるとみています

ただこの辺も劇的な変化ではなく、どちらかと言えばと言った程度の動きだと考えています

チャートのテクニカルに関しては、とにかく状況が良くありません

先週の月曜日こそ窓を開けて一気に上昇してきましたが、そこからはボラティリティが低く膠着相場に入ってしまいました

ADXも低下傾向でRSIは割高水準から下落中、DMIもPDIとMDIがクロス目前で、横ばいか弱気相場に入る直前です

よほど連続して好調な決算が指数寄与度の高い企業に出るか、相場にとって予想外のポジティブニュースでも出てこない限り、一旦の調整に入る可能性がかなり高まっていると考えています

とは言え日経平均の年末までの上昇推移予想は継続しています

今週日経平均が調整相場に入ったとしても、下落目処は直近高安の半値基準周辺までだろうと考えています

この水準には、一目均衡表の雲、直近高安の半値基準、6月から7月と10月初めからの上昇でもみ合った価格帯、そして200日移動平均線と、下落の際に下値支持になるだろうと考えられる様々な要因が集中しています

ここを下抜けるほどの下落をするような弱い相場環境では無いだろうと見込んでいますので、ボラティリティが高まれば多少下抜けることはあるかもしれませんが、恐らくこの周辺で下げ止まるだろうと考えています

そこからは再度年末に向けて上昇推移へと移行するという見立てです

以上ことから今週の日経平均は、方向感なく横ばい推移する展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は30,400円の上抜けです

どうにも上値の重い日経平均ですが、30,400円の水準を上抜けてくると相場の雰囲気が変わる可能性があります

一番理想的なのは今週1週間をかけて連続陽線で上昇、そのまま直近高値を更新していくような値動きです

この値動きが出てくれば、そのまま強い上昇相場に入って行くことができる可能性が出てきます

今週に関してはこの値動きは出てこないと考えていますが、予想外に強い値動きをし始めて30,400円を連続陽線などで上抜けた場合は、そこから強い上昇相場が始まる可能性が出てくる点には注意が必要だと考えています

下落方向は28,750円の下抜けです

予想のところでお話しした下値支持、一目均衡表の雲、直近高安の半値基準、6月から7月と10月初めからの上昇でもみ合った価格帯、そして200日移動平均線の4つのポイントを一気に下抜けてしまう水準です

ここから反発する可能性も無いわけではありませんが、相場環境が悪化しすぎだと思います

アメリカ株が調整の下落に入っていて日本株も連れ安しているのならともかく、日本株単独でここまで下落した場合にはかなり危険だと考えています

今週中に日本株単独で28,750円を下抜ける水準まで調整した場合、年末高への期待は一回捨てた方が良いかもしれません

ドル円の予想と注意ポイント

4月23日の終値を中心に、7月1日の終値を高値、9月21日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドと一目均衡表を表示しています

ドル円のチャート

今週のドル円相場の予想は円高、予想値幅は112円00銭から114円00銭です

予想値幅下限は直近高安の半値基準の価格を、上限は先週金曜日の円安水準の価格を目処に設定、一目均衡表の雲を目指して円高推移する展開を予想します

今週の為替相場での気になるイベントは、月曜日のパウエFRB議長の発言、そして火曜日のラガルドECB総裁、パウエルFRB議長、ベイリーBOE総裁の発言です

パウエルFRB議長の発言に関しては、FOMC後の内容と大きく変わることは無いかと思いますが、労働市場の回復が確認されるまで利上げはしないとした、その労働市場の回復とは具体的に何なのかに関しての発言によって、今後の労働市場の指標発表に対しての注目度が一気に高まる可能性がある点には注意が必要だと考えています

ラガルドECB総裁とベイリーBOE総裁に関しては、現在のヨーロッパでの物価上昇に対してどのような対応を考えているのか、その発言には注目しています

特に先週初めのコンセンサス予想では利上げを行うだろうと見込まれていた英中銀が政策金利をそのまま維持しましたが、その際に現在の市場が織り込んでいる利上げペースだと2024年の終盤には物価上昇率が目標としている2%を下回ると発言している点には注目しています

この考え方はFRB・ECB・BOEに共通した見通しの様で、金融緩和のテーパリングを行う必要性はあるものの、利上げを行う議論に入るのは時期尚早と言う立場だと考えられます

もちろん急激な物価上昇などが起こってしまえば話が変わってくるかもしれませんが、現在の物価上昇ペースはどこかで落ち着くはずだと見込んでいるようです

この3人の発言に同様の傾向がみられるのか、長期金利の上昇は為替へのインパクトが大きいですので注目すべきイベントだと考えています

今のところ総じて言えるのは、テーパリングはするけれども利上げはする気はありませんと言ったところだと思っていますので、中央銀行の政策金利以外の要因で米長期金利の上昇が起こらない限り、ドル円への影響はニュートラルだと考えています

チャートのテクニカルでは日々のボラティリティが低下することで、ADXもかなり下落してきました

MACDは10月26日にシグナルとクロスしてからは一方的な下落に入っていて、11月3日を境にMDIがPDIを上抜け弱気サインが追加、ドル円相場は円高方向へ向かうと考えて良いと思います

もう少しするとRSIは割安圏に入りますが、そこからRSIが上昇してクロスする際にADXがどの程度まで低下しているのかで、再度円安推移に入るサインとして考えていいか判断する様だろうと考えています

今のところこのまま下落の勢いが強まると、11月の半ば以降にADXが再度上昇し始めてしまい、円高方向への強いトレンドが発生する可能性もあります

利上げに対する中央銀行のスタンスが積極的では無いと判断され、米長期金利がはっきりと下落し始めていますので、これもドル円相場には円高方向へのバイアスがかかる要因になると考えられます

以上のことから今週のドル円相場は、一目均衡表の雲を目指して円高推移する展開を予想します

また中長期のドル円相場の見通しに関しては、今までの方向性を変更します

ドル円相場は年末に円高に向かう季節性がありますが、今までは今年はそうはならないのではないかと見込んでいました

ですが先週のBOEの政策金利維持とその会見内容から、どの中央銀行も早期の利上げは行わないだろうと判断を修正しました

そのため今年もドル円相場は年末にかけて円高推移をすると考えを変更しました

今後のドル円相場の予想は、ベースに年末への円高推移がある点にもご注意いただければと思います

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は115円00銭の上抜けです

この動きが出る場合、恐らく米長期金利が再上昇を開始していると想定されます

それが起こりそうなイベントはパウエルFRB議長の発言で、この際に市場が早期の利上げを織り込む場合に起こる値動きだと考えられます

アメリカの長期金利の動向は、2022年の利上げの可能性も見越してここまで上昇してきました

ですがFRB・ECB・BOEともに2023年までは利上げをしない姿勢だと市場はとらえたと考えられますので、これが反映されて米長期金利は下落を開始しました

そのためこの予想外の注意ポイントに関しては発生する可能性はかなり低いと考えていますが、備えあれば患いなしという事で一応注意ポイントに設定したいと思います

下落方向は112円00銭の強い下抜けです

今のところ為替相場はある程度コントロールされた速度で円高推移を開始すると考えています

今週中でいえば強い円高推移を開始しても週末に直近高安の半値基準まで、恐らくですがそこまでは下落しないだろうと見込んでいます

ですが予想外に今週中に112円の下抜けが発生した場合、強いトレンドを伴ってさらに円高推移、年末を前に109円台にまで達する可能性が出てくるのではと警戒しています

今のところもっと速度の緩やかな円高推移を予想しているのですが、今週中に強い下落方向への切り返しが始まった場合、相場の流れはそのまま一方的に円高推移する可能性もある点には注意が必要だと考えています

今週のまとめ

今週のニューヨークダウの予想は上昇

予想値幅は35,500ドルから37,200ドル

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は37,600ドルの上抜け

下落方向は35,600ドルの強い下抜け

今週のナスダックの予想は上昇

予想値幅は15,250ポイントから16,500ポイント

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は特になし

下落方向は15,000ポイントの強い下抜け

今週の日経平均の予想は横ばい

予想値幅は29,000円から30,400円

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は30,400円の上抜け

下落方向は28,750円の下抜け

今週のドル円相場の予想は円高

予想値幅は112円00銭から114円00銭

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は115円00銭の上抜け

下落方向は112円00銭の強い下抜け

アメリカ市場の上昇が続く中、高値警戒感も高まっています

今売れば利益は出ますがまだまだ上がりそう、いつまでも握っているとどこかで反落して損失が出るかもしれない、さながらチキンレースの様相を呈してきました

そんななか日本株はどこ吹く風、これが良い意味なら結構ですが上昇力が弱すぎるという悪い意味、ちゃんと上昇の流れに乗ってくれないと、どうせ下落の流れには乗るでしょうからたまったものではありません

ドル円相場は早期利上げが見込まれた中でBOEが利上げを見送り梯子を外され円高推移、年末円高への警戒感が高まります

為替に関しては円高方向へ舵を切ったのがはっきりと判断できるので対応の仕様もありますが、株式市場はいつどこで手を離したらいいのかわからなくなってきました

私の保有株もいくつか金曜日に決算が出たのですが強弱入り混じり、どうなっていくのかわからなくなってきました

いっそ年末まで気絶していられたら気楽なのですが、私もチキンレースの真っただ中でガクブルです

それでは今週もご覧いただきありがとうございました

土曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました