米株に出る嫌なサインと決算相場、それでも進む円安推移

週間株為替予想

こんにちはシーカーズです

2005年からあすなろ投資家の私がなぜ生き残って利益を出し続けられるのか、この動画を見れば皆さんにもわかります

個別銘柄に投資する際にも、代表的な株価指数や為替である、ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円の値動きを予想し、できるだけ有利なポジションでエントリー、仮に予想が外れた時にどのような値動きをする可能性があるのかに備える、現役トレーダーの私が、今週のポジションをどう考えているのかすべてお話しします

毎週土曜日に1週間の予想を、水曜日に途中経過と修正のお話をしていますので、ご覧いただければ幸いです

ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円の予想 米株に出る嫌なサインと決算相場!米長期金利下落でも進む円安【週間株為替予想】
ニューヨークダウにもナスダックにも、なんとなく嫌なサインが見える気がします。とは言え現在は決算相場、弱気になるタイミングとも思えません。今週控えるアップルの決算は気になりますが、それでも好調に推移しそうなアメリカ株に、どこまでついていくか悩...

ニューヨークダウ

7月19日の終値を中心に、8月16日の終値を高値、9月21日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

週初のニューヨークダウの予想は上昇、予想値幅は35,200ドルから36,300ドルに設定しました

予想値幅下限はピッチフォーク下から2番目の線の今週末の価格を、上限はピッチフォーク上から2番目の線の今週末の価格を目処に設定、ピッチフォーク中央2段の中を弱めに上昇推移する展開を予想しました

週末までのニューヨークダウの予想は、週初の内容を継続します

今週の山場である10月消費者信頼感指数を超えましたので、ここからある7-9月期四半期GDPや9月個人消費支出はそこまで材料視されないと考えています

一応警戒は必要ですが、どちらかと言うと今後控える企業決算の方が重要ではと考えています

ここからは特に指数寄与度の高い、ボーイング・アップル・キャタピラー・シェブロンが控えています

特に気になるのがアップルの業績見通しで、iPhoneの出荷数量減がどの程度響いてくるのか、市場予想を上回るダメージがあった場合、市場はネガティブに反応することが考えられます

特にアップルはナスダックでも寄与度が高いですのでかなり気になります

チャートのテクニカルに着目すると、ニューヨークダウはすでに過熱感が高い状態が続いています

現在の相場環境はレンジ相場だと判断していますので、そろそろ反落してもおかしくないタイミングです

きっかけがあるとすれば、28日朝に予定されるキャタピラーによる下落か、28日夜にあるアップルの決算発表からの29日の下落です

この下落が起こった場合はボリンジャーバンド下側に接触するあたりまで下落することが想定されますが、今のところ少しずつボリンジャーバンド下限が上昇、直近高安の半値基準付近に来ています

今のところ仮に下落に入ったとしても、直近高安の半値基準までの下落、下落幅でいうと約1,000ドル、3%程度の下落でこなせるだろうと考えています

これは強く下落した場合の想定で、それ以上の調整に入るとは考えていません

場合によってはこれより浅い反落で終わって、年末に向けて再度上昇推移に入る可能性もあります

今のところ予想としては、浅い方だろうと考えています

ナスダック

8月18日の終値を中心に、9月3日の終値を高値、10月4日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックのチャート

週初のナスダックの予想は上昇、予想値幅は14,900ポイントから15,600ポイントに設定しました

予想値幅下限はピッチフォーク下から2番目の線の週末の価格を、上限はピッチフォーク上から2番目の線の今週末の価格を目処に設定、週を通してピッチフォーク中央2段の中をピッチフォークの角度に沿って上昇推移する展開を予想しました

週末までのナスダックの予想は、週初の内容を継続します

ニューヨークダウの所でもお話ししましたが、ナスダックの企業決算で注目されるのはアップルでしょう

28日の夜に発表される予定ですので、影響が出るのは29日になると考えられます

ただナスダックに関しては、チャートのテクニカルがニューヨークダウとは異なります

エンベロープとボリンジャーバンドの上限が接近し過熱感こそありますが、相場自体はトレンド相場だと考えていますので、相場の方向性が反転しない限り上昇推移が継続すると考えています

もちろんトレンド以上に強い相場環境の変化があれば下落する可能性はありますが、テクニカルからはその可能性は低いだろうと考えられます

恐らく12月まで上下する場面はありますが、基本的に上昇推移を継続するだろうと考えています

週初の予想で2018年10月の急落の際と相場環境に一部共通項があるというお話をしましたが、中国恒大のデフォルト懸念はまだ残るものの多少後退しましたし、原油価格の上昇はいったんの高値を付けた可能性があります

そのためナスダックを取り巻く環境は改善していると考えていいと思っています

上下に凸凹と推移するだろうとは思いますが、ナスダックの今後の推移の方向性は上昇、今週の予想に関しても週初の内容を継続して問題ないと考えています

日経平均

5月13日の終値を中心に、6月15日の終値を高値、8月20日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均のチャート

週初の日経平均の予想は上昇、予想値幅は28,400円から30,000円に設定しました

予想値幅下限は3月から4月にかけて下値を試した水準の価格を、上限は9月28日と29日に窓を開けた上側の価格を目処に設定、週を通してピッチフォーク下から2番目の線を下支えに上昇推移する展開を予想しました

週末までの日経平均の予想は、週初の内容を継続します

日経平均の主な週内のイベントはこれからやってきます

週初の予想でもお話しした通り、黒田日銀総裁の定例記者会見に関しては、日経平均に対して大きな影響を与えるような発言は無いだろうと考えています

発言の影響が出るのは金曜日、ただこの日は月末でしかも総選挙前の最終営業日と、黒田さんの発言と言うよりそれ以外の要因で株価が推移しそうな日です

どちらかと言うと、マイナス方向への動きが気になりますが、アノマリーみたいなものなので何とも言えないところです

企業決算もここからが本番です

水曜日のファナック・エムスリー・信越化学を皮切りに、主要企業の決算が11月半ばまで相次ぎます

来週以降にも続きますので、この辺りは気を付けたいところです

オプションの動向で気になるのは、週初の2日間でABNアムロが29,500円のところでコールの売りを多めに入れています

ポジションの取り方はオプションとは反対方向に225miniの12月限を取引していますが、それとは別に売りを継続的に入れている点にから、ここまでは上がらないと考えていると思われます

逆に29,500円を踏み上げた時は、そこからは強い上昇が現れるかもしれない点には注意が必要かもしれません

週初に気になっていたメリルリンチは、月曜日こそ29,000円から下のコールを売っていましたが、火曜日はさすがにそこまでボリュームは無かったものの、PUTの買いを29,000円から29,250円で入れていて、依然下目線の可能性があります

ただ225の12月限に買いを、225miniの12月限に弱くですが買いを入れてはいます

ただオプションのポジションとしてはかなり弱気な印象です

ここはまだ変化が見られません

先物単体では、特に大きな動きは無い印象です

チャートのテクニカルに着目すると、月曜日にピッチフォーク下から2番目の線を支えに粘って、火曜日に一気に直近高安の半値基準まで戻して、一目均衡表の雲に入りました

この値動きでRSIは一気に過熱感のある水準まで上昇しましたが、今の日経平均は上昇方向のトレンド相場に入っていると考えています

PDIも強気に入りMACDもこのまま順調な上昇を継続すれば0を上抜けて強気の値動きを開始する手前と言った感じです

火曜日の水準辺りで少し足踏みするかもしれませんが、ここから再度強い上昇方向の推移をするのではと予想しています

今後の日経平均の値動きで気を付けたいと思っているのが、だましの動きです

今回の下落からの反発に関して、私は明確な理由を分析できていません

なんとなくこういう理由ではと言う推測はあるものの、明確な理由付けをしてしまうのが危険な値動きだと感じています

かなり思惑で株価が振り回されていて、それに釣られる動きを自分もすると不用意な損失を出してしまいそうなタイミングだなと感じています

大きな方向性を見つけたら、そこからはその流れを見極めて乗って行った方が良いのではと考えています

もちろん潮目の変化には気を付けなければいけませんが、細かい動きには惑わされないように気を付けなければと思っています

ドル円

4月23日の終値を中心に、7月1日の終値を高値、9月21日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドと一目均衡表を表示しています

ドル円のチャート

週初のドル円相場の予想は円高、予想値幅は112円00銭から114円00銭に設定しました

予想値幅下限は直近高安の半値基準を、上限は先週金曜日の始値の価格を目処に設定、週を通して円高方向へ推移する展開を予想しました

週末までのドル円相場の予想は円安に変更、予想値幅を113円50銭から115円00銭に変更します

今週のドル円相場のイベントは、ここからが本番です

カナダ・ブラジル・日本・ECBと目白押しです

中でも木曜日にあるラガルドECB総裁の定例記者会見には注目しています

週初でもお話ししましたが、ヨーロッパ圏での物価上昇は厳しいものがあります

政策金利こそ変更しないと思いますが、今の物価水準から今後の利上げスケジュールの具体的な話が出てくる可能性は十分にあります

この辺りは実際の行動と言うより、発言内容によって為替が影響を受けることに警戒しています

ドル円相場への影響はニュートラルと考えていますが、ユーロ円取引などには影響が出る可能性があるイベントですので、注意が必要だろうと考えています

ドル円にとって一番の問題は、週初の予想を変更した点です

チャートのテクニカルに着目すると、月曜日に113円40銭あたりを下値に陽線となり、火曜日には円安方向へと動き出しました

予想が外れた際の上昇方向への注意ポイントでは、113円を底にした反発を警戒していましたが、これが少し早めに発生したと考えています

特に月曜から火曜に出た値動きは、とても分かりやすく円安推移へのサインを出しています

ただし、MACDはすでにシグナルと下方向にクロスし、相場の反転を示しています

この状態になった場合一旦下方向にある程度調整するまで、次の上昇推移をしてこない場合が多いと考えています

今週に関しては、円安が進んでも115円程度まで、一旦はそこまで円安方向の推移を見せると考えていますが、そこから再度円高方向への推移を始めると考えています

また今回の円安推移が、今までのパターンとは少し違っている点には注意が必要です

今までは原油高や米長期金利の上昇を材用に円安が進みましたが、原油価格はいったんの高値を付けていますし、米10年債利回りは今週に入ってからは低下傾向です

円安推移の理由付けとしてはFRBの金融政策正常化推進が材料とされていますが、それだけでは少し弱い気がしています

あくまでいったんの円安推移の可能性もありますので、反落には警戒した方が良いと思います

週末までのドル円相場の推移は円安に修正しますが、テクニカル的には円高方向へのバイアスがかかっている状態である点には注意が必要だと考えています

最後に

日経平均の予想が当たっているのに、なぜか損益がたいして改善しません

完全に間違っている株が混じっています

皆さんの許可が出たら、是非発表してやりたいです、恨みを込めて(笑)

それはともかく、他の銘柄に関しては、日経平均の値動きを予想しながらエントリーしていますので、おおむね順調です

やはり日経平均を予想して個別銘柄を分析、どちらも良い所でエントリーする方法が、私には一番あっているようです

皆さんにもこの方法をご利用いただいて、利益を出していただければ幸いです

Youtubeの動画再生数は落ちても、コメントで励ましていただいて、グッドボタンやバットボタンで反応をいただけているので、それを支えに頑張っています

見ていただける皆さんに本当に感謝です

そして利益をうまく出していただけたら、さらにうれしいです

ぜひ私と一緒に儲けてください!

ブログの方もアクセス数はまだまだ少ないわけですが、いつか増えてくれることを祈りながら気長に続ける予定ですので、今後ともよろしくお願いいたします!

それでは今週もご覧いただきありがとうございました

水曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました