選挙アノマリーと日経平均の上昇の今後

週間株為替予想

こんにちはシーカーズです

2005年からヘッポコ投資家の私がなぜ生き残って利益を出し続けられるのか、このブログを見れば皆さんにもわかります

個別銘柄に投資する際にも、代表的な株価指数や為替である、ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円の値動きを予想し、できるだけ有利なポジションでエントリー、仮に予想が外れた時にどのような値動きをする可能性があるのかに備える、現役トレーダーの私が、今週のポジションをどう考えているのかすべてお話しします

週間株為替予想2021年10月20日から

ニューヨークダウ

7月19日の終値を中心に、8月16日の終値を高値、9月21日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

週初のニューヨークダウの予想は上昇、予想値幅は34,600ドルから36,200ドルに設定しました

予想値幅下限は直近高安の半値基準の価格を、上限は今週末のピッチフォーク上から2番目の価格を目処に設定、ピッチフォーク中央2段の中を上昇推移する展開を予想しました

週末までのニューヨークダウの予想は、週初の内容を継続します

今週のアメリカ市場で最もやばそうなイベント、ベージュブックが水曜日の夜にあります

このイベントを過ぎてから動画を出したいところですが、それを言っていると週末まで1本も出せそうもないので、ある程度割り切っていきたいと思います

今回のベージュブックでは、いくつか警戒しなければならない内容があります

まず前回のFOMCでは、資産購入策の縮小タイミングが協議され、11月もしくは12月中旬にも開始される可能性に言及していました

これが11月に開始されるのか、それとも12月にずれ込むのか、この点に注目です

どちらで開始されそうなのかによって、米長期金利への上昇圧力のかかり方が変わると予想されます

11月なら強く、12月中旬以降なら11月開始よりは弱めの影響になると考えられます

次に気になるのが利上げのタイミングです

水曜朝の時点で、FRBのウォラー理事が2022年中の利上げに言及していますので、この点には注意が必要です

中国の問題に関しては以前に、どこかのタイミングでアメリカ市場は無視し始めるタイミングがあるかもしれないとお話ししていましたが、今まさにそんな感じです

中国の7-9月期GDPがかなり悪化しましたが、アメリカ市場は寄付きこそ軟調も、その後は買いが入っています

どちらかと言うと、国内の企業決算に目が行っている感じです

この傾向はしばらく続くと考えていいと思います

また決算の内容は、業種にもよりますが、ポジティブなものが多いと考えられますので、恐らくアメリカ市場は基本的に上昇傾向となるでしょう

下手をしたら、中国の不動産会社が連鎖倒産しても、1営業日で織り込んで終了かも知れません

そのくらいアメリカ市場の勢いは強いと考えて対応しています

火曜日までの値動きを見る限り、予想に比べても極端に強い動きでもありませんし、恐らく週初の予想通り、ピッチフォーク中央2段の中を上昇推移していくでしょう

順調です

チャートのインジケーターに関しては、今後の上昇継続に1つだけ不安要素があります

それがADXです

ADXは現在も低下傾向で、レンジ相場になる傾向が強い状態だという事を示しています

今はまだRSIは65手前ではありますが、そろそろ過熱感が意識される70が近づいています

過熱感が意識されたところから、一旦下押し圧力が発生、上昇相場の高値から1,000ドルから2,500ドル程度は下落する可能性があります

ただこの下落は、あくまで上昇相場の中で起こるいったんの調整で、エンベロープ下限を下抜けるような強い下落にはならないと考えています

まだ少し先の話ではありますが、この点には注意してトレードをしたいと考えています

ナスダック

8月18日の終値を中心に、9月3日の終値を高値、10月4日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックのチャート

週初のナスダックの予想は上昇、予想値幅は14,700ポイントから15,400ポイントに設定しました

予想値幅下限は直近高安の半値基準の価格を、上限は直近高値の価格を目処に設定、週を通してピッチフォーク中央2段の中を上昇推移する展開を予想しました

週末までのニューヨークダウの予想は、週初の内容を継続します

今週予定されているイベントに関しての考え方は、ニューヨークダウと同じでいいと思います

ナスダックにとって、今後も上昇推移の重荷になると考えられるのが米長期金利の上昇です

これからまだまだ上昇しそうなチャート形状になっています

この辺りの詳しい内容に関しては週末にお話しできればと考えていますが、結果だけ言ってしまうと、今週中に強い影響が出てくることは無いだろうと考えています

ただ今後に関しては注意が必要です

チャートのテクニカルでは、火曜日の強い値動きで一目均衡表の雲を上方向へ突破、各インジケーターも強い上昇方向への推移を予想させる動きを継続しています

ニューヨークダウ同様順調です

週初の予想通り、ピッチフォーク中央2段の中を上昇推移していくでしょう

日経平均

5月13日の終値を中心に、6月15日の終値を高値、8月20日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均のチャート

週初の日経平均の予想は上昇、予想値幅は28,800円から30,200円に設定しました

予想値幅下限は金曜日の初値の価格を、上限は4月6日の高値の価格を目処に設定、週を通して一目均衡表の雲を下支えに上昇推移する展開を予想しました

週末までの日経平均の予想は、週初の内容を継続します

月曜日こそ直近高安の半値基準で上下しましたが、火曜日には上昇を開始して順調な値動きとなっています

一目均衡表の雲を予定通り下値支持にしつつ、上昇を継続しそうな感じになっています

イベントとして気になるアメリカのベージュブックは水曜日の夜、日本で気になる9月全国消費者物価指数は金曜日と、まだまだ今週越えなければならない山はあります

とは言えここまでの値動きは順調です

そして何より日本市場にポジティブなのは、選挙アノマリーです

日本市場は総選挙がある場合、上昇する確率がかなり高いです

しかもその後にいったん落ち込んでも、3か月から半年は上昇傾向が継続します

直近の5回の総選挙で考えても、2009年の第45回衆議院議員選挙こそ、大きな横方向のレンジ相場に入りましたが、基本的に解散後は上昇相場です

今回は総選挙と総裁選を勘違いした?と言うような上昇がありましたが、その後に下落してスタート地点に戻ったと思えば、ここから再度継続的な上昇相場に入る可能性はしっかり考慮した方が良いと思っています

チャートのインジケーターでは、MACDが順調にシグナルを上抜け、上昇角度を維持しています

もう少しでMDIとPDIがクロスしそうです

ADXも高い状態を維持していますので、このまま上昇相場が順調に続いた場合、大きな下押しも無く上昇相場を継続する可能性は十分にあると考えています

懸念材料があるとすれば中国でしょう

個人的には中国の不動産バブルははじけたと思っていますので、ここからは中国政府がどう収拾を付けるかが問題になるのではと考えています

まずオフショア債、いわゆるドル建ての社債ですが、利払いが行われることはまずないでしょう

場合によっては、元本も戻ってこない可能性もあると考えています

あくまで個人的な見解ではありますが、中国政府が考えているのは、国内の不動産開発などは何とか続けさせる、海外の債務に関しては知らん、多分そういう事になります

それでもこれは2つ目に最悪なシナリオです

一番ひどいのは、全部潰れて開発もすべてストップ、これが最悪です

この問題に関しては、正直どうなるかわかりません

ただどうなったとしても、アメリカ市場はあまり気にしないと思っていますので、私もあまり気にしないことにしています

起こったときにやばそうだったら、全速力で逃げます

Xデーが来るまでにどこまで利幅を広げられるか、Xデーが来てもその1回目の下落を耐えて利益を確保したまま逃げることができるのか、そんな戦いになるのではと考えつつ取引に臨んでいます

オプションで気になるのは、コール29,500円の取引に厚みが出てきたことです

週初は29,250円の価格帯に注目していましたが、少し上に動きてきました

プットは29,000円での商いが活発になっていますので、29,000円から29,500円が水曜日の主戦場になりそうです

先物に関しては特に大きな動きはなさそうです

JPモルガンが12月限の225miniを売りに回っていますが、オプションでは反対方向に動いていますので、あまり気にしなくても良いかなと考えています

クレディスイスがTOPIXの12月限をプラス方向に振り始めましたが、これがこのまま継続するのか注視したいと考えています

話が色々飛びましたが、とにかく今のところ日経平均は順調です

このまま予想通り一目均衡表の雲を下支えに上昇してくれることでしょう

ドル円

4月23日の終値を中心に、7月1日の終値を高値、9月21日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドと一目均衡表を表示しています

ドル円のチャート

週初のドル円相場の予想は円安、予想値幅は113円00銭から118円66銭に設定しました

予想値幅下限は先週下値を試した価格を、上限は2016年末につけた価格を目処に設定、週を通して円安推移する展開を予想しました

週末までのドル円相場の予想は、週初の内容を継続します

月曜日と火曜日の値動きで、一旦上昇が停止するのか?と思わせましたが、米長期金利の再上昇がそれを否定してきました

水曜日の夜に予定されているアメリカのベージュブックで、2022年の利上げに関して言及される可能性が高まっています

これが米長期金利の上昇圧力になる可能性があり、ドル円相場には円安要因になってくるはずです

今のところどこまで上昇するのか判断が難しいところですが、週初から予想している118円66銭はかなり過激な値幅だとしても、笑って済ませられる水準ではないことも確かです

値動きが激しい分、利益を出せるタイミングではありますが、値動きの反転がどこで起こるのか予兆が読み取れません

先週金曜日の水準から考えると、今までの値動きに比べると横ばい気味に推移していますが、ドル円相場はとにかく今晩のベージュブックに要注意です

ここは再度強い円安推移を始めるきっかけになる可能性が十分にあります

また今まで円安要因に働いていた原油市場ですが、一旦上昇が止まるかと思われていましたが、再度上昇し始めようとしています

原油価格の上昇も円安要因になる可能性がありますので注意したいところです

ドル円相場は今のところ、どこを切り取っても円安要因が多い印象ですので、週末までの予想も週初の内容を継続して円安推移で問題ないだろうと考えています

商品先物の値動きに関しては、かなり予想が難しいですので、申し訳ありませんが割愛させていただきます

原油にしても金にしても大豆にしても、商品先物は本当に予想が難しいです

私はそこには手を出すのは絶対にやめておこうと考えています

最後に

今週の相場の値動きは、ある程度予想した範囲内に収まっていますし、方向性も間違ってはいないだろうと思っています

懸念材料はあるものの、それはいつものことです

何も気にしなくても順調に上昇するような相場はめったにありません

ただ個人的には面白くないこともあります

週間株為替予想は私の取引をする際の指針で、これを元に個別銘柄への投資を行っています

予想はある程度当たっているにもかかわらず、私の持ち株のパフォーマンスが微妙です

ちゃんと利益は出ていますが、日経平均のパフォーマンスの方が良いものがあります

特に10月7日から買いに入った3銘柄が、ことごとく微妙、その前とその後に入った銘柄の方がよっぽど順調です

一番悔しいのが今月始めた投資信託、毎日コツコツナスダック100の買いを継続しているわけですが、上昇率はすでに4%、インデックスには勝てないというのはよく聞く話ですが、私の保有銘柄の中でも好調な銘柄たちにあと一歩で届いてしまいます

円安もあるとはいえ、まさかここまでパフォーマンスが良いとは、何も考えないでインデックス投資した方が良いのかと悲しくなってしまいそうです

負けませんけどね!(笑)

それでは今週もご覧いただきありがとうございました

水曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました