秋に訪れた上昇相場、月末のハロウィンまでにお化けは出るのか?

週間株為替予想

こんにちはシーカーズです

ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円の今週の予想と、予想外の動きをした時の注意ポイントのブログ、週間株為替予想です

毎週水曜日と土曜日に更新していますので、お時間がございましたら是非ご覧ください

週間株為替予想2021年10月18日から

ニューヨークダウの予想と注意ポイント

7月19日の終値を中心に、8月16日の終値を高値、9月21日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

今週のニューヨークダウの予想は上昇、予想値幅は34,600ドルから36,200ドルです

予想値幅下限は直近高安の半値基準の価格を、上限は今週末のピッチフォーク上から2番目の価格を目処に設定、ピッチフォーク中央2段の中を上昇推移する展開を予想します

今週のアメリカで予定されているイベントは、全体的に今後の景気が停滞するかどうか、その判断が行われる内容が多い印象です

鉱工業生産で生産活動を、住宅着工と中古住宅販売件数で不動産関連消費を、特に住宅着工は住宅関連の家電など今後広範囲に影響がありますし、ベージュブックは2週間後のFOMCへの影響が、そして購買担当者景気指数で製品やサービスの提供側の景気見通しが発表されます

この中で気になるのが、まずは鉱工業生産、前回の発表では前月比で0.9%から0.4%に悪化していましたが、これが回復しているのかです

予想ではまだ悪化する見通しです

PMIに関しては、まだ50を下回ることは無いでしょうから大丈夫でしょう

もっとも気になるのは、ベージュブックの内容です

ベージュブックはFOMCが開催される2週間前に、12地区連銀が経済状況全般を話し合った内容をまとめて公表します

ここで強いインフレ懸念への言及などがあった場合、米長期金利に新しい動きが出てくるかもしれません

今のところスタグフレーション懸念からは遠ざかったと思いますが、インフレ懸念に関してはくすぶり続けています

今後の金利政策で、どのように対応していくのか注目されるところだと考えています

これがまた水曜日と、週半ばのブログの前にあるのが悩ましい所ですが、予想外にインパクトのある内容が出てこないか、気を付けたいイベントです

チャートのテクニカル面では、木曜日までは直近高安の半値基準を中心に上下したものの、一目均衡の雲に入った後に金曜日の取引で一気に上抜けてきました

そのため、ここからは上昇方向の推移を期待できると考えています

インジケーターで気になるのがADXで、トレンド相場からレンジ相場への切り替わりが起こる水準に差し掛かっています

木曜日と金曜日に、かなりボラティリティの高い状態で強い上昇を見せてきましたので、新しい上昇トレンドが発生する可能性を残してくれました

特に金曜日にもっと弱い値動きをしてきた場合、予想は上値目処を35,600ドルのレンジ相場入りを視野にいれていたと思います

今週初めは少し軟調になるかもしれませんが、ベージュブックなどの発表あたりで、ボラティリティを伴った強い上昇を見せてくれば、このまま年末まで上昇トレンドが続くかもしれません

以上のことから今週のニューヨークダウは、ピッチフォーク中央2段の中を上昇推移する展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は36,800ドルの強い上抜けです

今週中にピッチフォークを上抜けてしまうような強い上昇をしてきた場合、一旦の反落に注意したいと考えています

短期間にそこまで強い上昇をしてしまうと、エンベロープ上限を上抜けてしまう可能性があります

エンベロープを上抜けるような強い上昇をした場合、おおむね2つのパターンの値動きが現れます

1つはそこからエンベロープ中央が追い付いてくるまで横ばい推移、もう1つはエンベロープ中央を迎えに行くように一気に反落します

特に反落する場合のペースはかなり早いですので、注意したいと考えています

下落方向は34,600ドルの下抜けです

今のニューヨークダウに、極端な過熱感はありません

そのような中で、再度直近高安の半値基準を下抜けてきた場合、一旦下落方向への推移を開始するかもしれない事に警戒した方が良いと考えています

特にまずいのが34,400ドルを終値基準で下抜けてきた場合です

そのまま今週の取引を終えてしまうと、来週は一目均衡表の雲の下に入り、恐らくそこで頭を押さえられる展開になってしまうと考えられます

レンジ相場に入るのであれば過熱感が出てから下落すると考えられますので、その前に下落に転じた場合は、下落方向のトレンド相場に発展してしまう可能性すらありますので、かなり警戒した方が良いと考えています

ナスダックの予想と注意ポイント

8月18日の終値を中心に、9月3日の終値を高値、10月4日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックのチャート

今週のナスダックの予想は上昇、予想値幅は14,700ポイントから15,400ポイントです

予想値幅下限は直近高安の半値基準の価格を、上限は直近高値の価格を目処に設定、週を通してピッチフォーク中央2段の中を上昇推移する展開を予想します

ナスダックはこのところ、米長期金利の影響を受けやすくなっている印象があります

金曜日のナスダックがニューヨークダウに比べて日足に勢いが見られなかったのも、米長期金利が再上昇し始めてしまったことが要因の一つではと考えています

やはり米長期金利の動向は無視できませんので、今週最も注意しなければならないイベントは、水曜日に予定されているベージュブックだろうと考えています

ここで風向きが変わらないか、年末までに向けて相場の方向性を占うポイントになる可能性があります

ベージュブックの内容が適度なものであれば、ナスダックは年末に向けた上昇相場を維持できるだろうと考えています

今年のFOMCもあと2回、11月の始めと12月中旬を残すのみです

この2回で大きな動きが無ければ、米長期金利の動向は上昇傾向であっても、3月の高値を一気に上抜けるような急激な値動きはしてこないだろうと思いますので、ナスダックはその間は米長期金利の影響を受けつつも上昇推移できると考えています

コロナの先行きは不透明ながらも、アメリカの経済状況は回復傾向ですので、年末までナスダックは上昇傾向を維持するのではと、今のところは思っています

不安材料としてあるのはサプライチェーンの問題で、アップルのiPhoneの製造についに影響が出てきました

主な要因は半導体の供給不足によるもので、他のサプライヤーの問題ではない模様ですので、TSMCからの供給が安定するまではどうしようもないでしょう

TSMCの問題に関しては、新しいIntelやこれまでのAMDのCPU製造にも関わっていますので、全体的にバランスを見ながら供給をしていくしかないでしょう

これから新しい工場を作って稼働しても、恐らく2年はかかると思われます

日本に誘致予定の半導体工場も2024年の稼働目標ですので、そのくらいはかかるはずです

ちなみにアメリカのアリゾナでもTSMCの工場を建設予定ですが、生産開始時期は2024年の模様です

この辺りまでは、需要がよほど減少しない限り、半導体不足は慢性的なものになると考えられます

そろそろIvyBridgeと言う10年前のCPUからパソコンを新調したい私にも大きなダメージです

この辺りがハイテク企業の足を引っ張る可能性はありますが、供給過多になることが防がれる一面はありますので、付加価値を維持できるという意味では良いのかもしれない面もありますので、何とも言えないところです

Appleに限らずサプライチェーンの問題はあるわけですが、これに関しては港湾設備の稼働率を上げるなどの対策を取る事で、洋上の貨物を滞りなく陸揚げできるように対策を取る予定ですので、年末までにはある程度回復できるだろうと考えています

チャートのテクニカル面では、先週直近高安の半値基準を回復、週後半にかけて一目均衡表の雲に入る強い値動きをしてきました

これはナスダックの今後の上昇推移に好材料です

残念なのはニューヨークダウが一目均衡表の雲を突き抜けたのに対して、ナスダックは雲の中に入ったままだという事ですが、うまくすれば今週中にも雲からの上抜けをできるのではと考えています

インジケーターはトレンド相場を示していて、ついにMACDがシグナルを上抜けてきました

MACDの次の強気シグナルはゼロを上抜けるところになりますが、そこも超えてこのまま上昇方向のトレンド相場が展開される可能性が高いだろうと考えています

年末にかけてRSIなどは過熱感を示す可能性が十分にありますが、恐らくそれでも強いトレンド相場を維持して上昇を続けるのではと今のところ考えています

ナスダックに関しては、ここからの継続的な強い上昇相場が起こるのではと、インジケーターの形状から期待しています

以上のことから今週のナスダックは、週を通してピッチフォーク中央2段の中を上昇推移する展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は15,400ポイントの上抜けです

仮にこの上昇が起こったとしても、特に予想の方向性に変化はありません

予定通りの上昇が起こって、それが予想以上に強かっただけです

一旦はそのまま強い上昇を継続すると考えられますが、ピッチフォーク上限の線、もしくはその少し上まで上昇したところで、再度ピッチフォーク内に戻ってくると考えられます

ここまで強い上昇になった場合、どうしてもある程度強い反落が起こると考えられますので、その点には注意が必要だと思います

ただ、この上抜けに関しては起こっても特に不思議なものではありません

注意ポイントに設定する意味としては、強い上昇相場に乗り遅れないようにという点と、だからと言ってそこから慌てて乗ると強い反落の可能性がある、この2点に関しての注意ポイントです

下落方向は14,700ポイントの終値基準での下抜けです

日中のボラティリティが高い場合、週初に14,700ポイントの下抜けを見せてくる可能性が無いとは言えません

ただ終値基準で下抜けてくると、ちょっと危険かもしれません

ナスダックの今後の値動きは、ある程度一方的な上昇トレンドでの推移を予想しています

ですがここで変にもたつくと、一旦14,400ポイントあたりまで下押してしまう可能性があります

仮にそこまで調整したとしても、ナスダックの強気見通しに変更は無いと思いますが、思わぬ下押しがある可能性には注意したいところです

日経平均の予想と注意ポイント

5月13日の終値を基準に、6月15日の終値を高値、8月20日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均のチャート

今週の日経平均の予想は上昇、予想値幅は28,800円から30,200円です

予想値幅下限は金曜日の初値の価格を、上限は4月6日の高値の価格を目処に設定、

週を通して一目均衡表の雲を下支えに上昇推移する展開を予想します

日本で今週注目されるイベントは、9月全国消費者物価指数、CPIです

先月は前年同月比でマイナスと、低下傾向です

今回に関しては、エネルギーを除いたもの以外は、CPIはプラスに振れるのではと考えています

今年4月から携帯電話の通信料引き下げが、前年同月比のCPIを押し下げる効果が出ています

このためエネルギーを除いたものは低下傾向になる可能性がありますが、今年4月から携帯料金の引き下げが始まりましたので、来年の4月までこの傾向は続くと考えられます

この影響を加味したうえで判断しなければならない点には、注意が必要だと思っています

もう一つ気になるのは、日本が選挙期間に入っている点です

選挙期間に入ると積極的な財政支援などが出てこない点はマイナスですが、株価が上昇しやすいというアノマリーがあります

いわゆる選挙アノマリーですが、はっきり言って理由がわかりません

理由はわかりませんが、今まで起こっている傾向から考えると、選挙が開始されて株価が上昇、選挙期間中は上昇傾向を維持、ただ選挙が終わると材料出尽くしでいったん売られます

今回の選挙スケジュールで考えると、14日の解散から31日の投開票がその期間になりますので、アノマリー通りなら来週金曜日の29日が、一旦の高値目処になる可能性があります

この点には注意が必要でしょう

オプションの動きに関しては、金曜日にソシエテ・ジェネラルがポジションをプラスに傾けましたが、それ以外は特に変わった動きはなさそうです

ここから上昇を継続した場合、クレディスイス・モルガン・ゴールドマンには厳しいかもしれません

来週以降にポジションを入れ替えてくるか、特にクレディスイスとモルガンの動きには注目しています

月曜日に関しては、29,250円あたりに商いの分岐点がありそうなので、この価格帯に注目したいと思っています

先物に関しては、モルガン・シティ・JPモルガン・バークレイズがTOPIXでプラス方向、こういう時に相場の方向性を示しやすいCTAのクレディスイスとモルガンは意見が割れたままです

このまま年末に向けて相場が上昇を維持すると方向転換するのか、クレディスイスのポジションの変化に注目しています

また、ABNアムロが225先物の12月限月のポジションを、10月5日の14,206を頂点に、金曜日の637まで一貫して減らしている動きも気になります

想像以上に日経平均の金曜日のボラティリティが高くなりましたので、それぞれの証券会社がここから下押し圧力をかけてくるのか、それとも上方向に乗る流れに変更するのか、まだ状況が見えてきません

オプションや先物で、今までとは逆方向に動いた分を補う動きが出てくるのか、今週以降気になるところです

先週末にお話ししたバークレイズの225mini12月限ですが、建玉残は9,331と、ここまでの計算で4万程度になっていましたが、これよりかなり少なくなっていました

チャートを見てみると、先週予想していた予想値幅上限28,800円を、金曜日だけで一気に抜けてきました

直近高安の半値基準、29,044円70銭も回復、半値戻しを達成しました

MACDはシグナルの下にいますので、上昇トレンドへの切り替わり自体はまだ確認できていませんが、このまま順調に横ばい気味でも上昇を継続すれば、すぐにクロスしてくるでしょう

ここまで急激な上昇だったにもかかわらず、その手前の下落速度があまりに速かったので、過熱感が全くありません

恐らく今週半ばまでは、強い上昇をしてもさして過熱感は出てこないと考えられます

逆に週半ばから後半にかけては、下落しない限り過熱感が出てくると考えられますので、そこでトレンド相場を維持しているのか、それともレンジ相場に変化してしまっているのかで、取らなければならない対応がかなり変わってくると考えています

今のところMACDは上向きに変化、ここからの上昇で一気にシグナルとゼロポイントを上抜けてくるのではと考えています

そこからはボラティリティの極端な低下が無ければ、そのまま上昇トレンドに入って順調な上昇を見せるだろうと予想しています

気になるのは選挙アノマリーですが、今週に関してはまだ関係ありませんので、このまま順調な上昇を継続するだろうと考えています

以上のことから今週の日経平均は、週を通して一目均衡表の雲を下支えに上昇推移する展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は30,400円の上抜けです

ここまで上昇が強いと、次に考えられるのは以前の再現です

一気に上昇して30,795円78銭を付けた後、反落した場面がありました

強い上昇相場に入るのかと思ったところで、一気に下押されました

自民党総裁選挙と言う特殊要因がありましたが、今回も衆議院選挙と言う特殊要因があります

そういう意味では状況は似ています

通常ここまで強いトレンド推移で上昇方向へ向かえば、そのまま上昇を継続するものなのですが、9月の頂点を付けてからの反落では、トレンドの方向までも下落に切り替えるほどの強さを見せてきました

この様な動きの場合、インジケーター分析だけでは対応できません

この際のMACDの下落方向への切り替わりポイントは9月23日です

ただ通常であればその手前、9月22日の一番安い所で手じまいしている可能性もありますので、高値から4%近く下落してしまっています

今週中に30,400円を上抜けるほどの強い上昇が、特段のサポート材料が無いまま発生した場合、ある程度の高値で手じまいするのも正しい戦略かもしれません

この辺りは判断が難しい所ですが、一旦高値からの切り返しの動きに注意したいと考えています

ただしニューヨークダウやナスダックが強い上昇をしている場合は、これが特段のサポート材料に該当するかもしれない点にも合わせて注意したいと思っています

下落方向は28,800円の下抜けです

ここを下回ってくると、一目均衡表の雲の下に出てしまいます

この価格帯は4月末や6月の初旬から中旬にかけて下値を試した水準でもあり、比較的強い下値抵抗になる可能性があると考えています

日中のボラティリティが先週金曜日の様に高い場合は、下抜けてしまう可能性もあるのですが、まずはここを最初の下落方向の注意ポイントに設定したいと思います

仮に下抜けが起こってしまうと、ここから先は一旦28,000円付近まで下落、そこから再度強い展開になるのは難しい相場環境になっていると考えられます

恐らくですが、下落トレンドが発生して、そのまま年末まで安くなっていく展開になってしまうと考えています

ここからは上昇をするだろうと思っている日経平均ですが、おかしな下落をし始めた場合は早めに逃げるのも手かもしれないと思っています

ドル円の予想と注意ポイント

4月23日の終値を基準に、7月1日の終値を高値、9月21日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドと一目均衡表を表示しています

ドル円のチャート

今週のドル円相場の予想は円安、予想値幅は113円00銭から118円66銭です

予想値幅下限は先週下値を試した価格を、上限は2016年末につけた価格を目処に設定、週を通して円安推移する展開を予想します

今週は火曜にオーストラリア、木曜にトルコの中央銀行政策会合議事要旨の発表がありますので、この辺りの通貨を取引されている方は気を付けていただければと思います

来週になると、カナダ・ブラジル・ユーロで政策金利が、そして黒田さんとラガルドさんの発言が予定されています

今週より、来週の方が中央銀行系のイベントでは注意が必要な印象です

今週気になるのはやはりアメリカのベージュブックです

ここで強いインフレ懸念が出てきたりすると、米長期金利の強い上昇をきっかけに、ドル円も強い円安推移をしてくる可能性があります

ここからのベージュブックやFOMCは内容が予想しにくい段階に入りますので、特に注意が必要だと思います

今年のFOMCもあと2回となりましたが、テーパリングの内容に関しては出てきても、具体的な利上げに関しての言及は無いとは思いますが、ここでインフレ懸念から一気に利上げの具体的なスケジュールが出てくると、かなり強い円安要因になるだろうと警戒しています

今はあくまでテーパリング議論が中心で利上げの話は出ないとは思いますが、すでにFOMCでは参加者の半数が、2022年末までの利上げを見込んでいます

利上げの話題が具体的に出てくるのは、もうすぐそこのはずですので油断はできません

視点を米長期金利に移してみると、米10年債利回りは一旦高値を付けてから、先週は下落基調になり、金曜日に再上昇を開始しました

そのためここから再度上昇する余力を残した状態になっています

米長期金利が下落している間も円安推移は順調に進み、ついに114円半ばまで来ました

チャートのテクニカルでは、ピッチフォーク上限を上抜けさらに上昇、下落してくる雰囲気がありません

インジケーターはトレンド相場を示し、さらにMACDはまだ上昇を継続しています

全く下落の予兆がありません

RSIは確かに高値圏にあることを示唆する水準まで上昇していますが、これが反転のサインと考えるにはトレンドが強すぎます

以前の水準から考えると、114円72銭までの間で一旦頂点を付ければ、反落をする可能性はあります

ただ、そこから先は115円50銭、次は予想値幅上限の118円66銭まで強い節目がありません

インジケーターにしても、チャート形状にしても、一旦の頂点を付けたような形状が出ていない以上、高値の判断をすることができません

このまま50銭区切りでどこが転換点になるのか、見守るしかない状況です

以上のことから今週のドル円相場は、週を通して円安推移する展開を予想します

ただしどこかのタイミングで、先週水曜日のような陰線が現れた場合、反落が起こる可能性が高まっている点に、また日銀が急激な円安への懸念の発表や、何かしらの対応を取ってきた場合、そこで潮目が変わる可能性がある点には注意が必要だと考えています

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は118円66銭の上抜けです

ここを上抜けてくると、次の節目は120円台です

そこまでは一気に円安推移してしまうと考えています

この価格帯は2014年末から2015年いっぱいまであった相場で、下は116円から上は125円後半までと、10円の値幅でのレンジ相場に入りました

さすがにその手前で日銀の為替介入があるとは思いますが、現在の財務大臣がこの問題に気が付いているのか、それはわかりません

今回財務大臣に就任した鈴木さんは、他の大臣経験はありますが未知数なところがあります

麻生さんであれば、ある程度大丈夫だろうみたいな所がありましたが、正直情報不足で判断できません

そのため118円66銭を上抜けてくると、そこからは新しい価格帯でのレンジ相場に移行する可能性がある点には注意したいところだと考えています

下落方向は113円00銭の下抜けです

一旦の利益確定売りの可能性はありますが、流れがトレンド相場からレンジ相場へ変化するタイミングに差し掛かっている可能性もあります

ドル円相場の強い上昇で、相場には過熱感があることは確かです

ここまで過熱感が高まると、反落した際の下落スピードはかなり速くなることが推測できます

上昇トレンドに乗っている今の相場環境では、小幅調整であればそのまま再度円安推移を継続する可能性が高いと考えていますが、強めの調整に入った場合、一旦下値を確かめに行く値動きをする可能性があります

昨年には見られませんでしたが、為替は年末にかけて円高に推移する傾向があります

ここまでの強い上昇トレンドから、一気に下落トレンドに切り替わる可能性がある点には注意が必要だと考えています

ただ今のドル円相場のテクニカルから、大きな反転を読み取ることができないことも確かですので、113円の下抜けが起こるまでは判断するのが難しいタイミングに入っていると思っています

今週のまとめ

今週のニューヨークダウの予想は上昇

予想値幅は34,600ドルから36,200ドル

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は36,800ドルの強い上抜け

下落方向は34,600ドルの下抜け

今週のナスダックの予想は上昇

予想値幅は14,700ポイントから15,400ポイント

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は15,400ポイントの上抜け

下落方向は14,700ポイントの終値基準での下抜け

今週の日経平均の予想は上昇

予想値幅は28,800円から30,200円

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は30,400円の上抜け

下落方向は28,800円の下抜け

今週のドル円相場の予想は円安

予想値幅は113円00銭から118円66銭

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は118円66銭の上抜け

下落方向は113円00銭の下抜け

相場全体が強い上昇方向への値動きをしています

ドル円相場こそ過熱感が高い状態になっていますが、株式相場には過熱感がまだありません

月末のハロウィンに向けてこのまま堅調に上昇していくのか、それともどこかでお化けが出てくるのか、正直びくびくしています

私自身も、さすがに金曜日には手が出ませんでしたが、木曜日の時点までで約8割まで資金を入れている状態です

そんな中この上昇相場で、うんともすんとも言わない銘柄があるのはここだけの秘密です

ヘッポコすぎます

今週から2週間のハロウィンまでの相場が上昇一辺倒になるのか、それともどこかでお化けが出るのか、日本には選挙アノマリーなどと言うお化けが月末に控えています

果たして予想通りの上昇を見せてくれるのかどうか、今週も頑張っていきましょう

それでは今週もご覧いただきありがとうございました

土曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました