アメリカ株の復活に日本株はついていけるのか?米長期金利とドル円相場はどうなる?

週間株為替予想

こんにちはシーカーズです

ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円の今週の予想と、予想外の動きをした時の注意ポイントのブログ、週間株為替予想です

毎週水曜日と土曜日に更新していますので、お時間がございましたらご一読ください

週間株為替予想2021年10月11日から

ニューヨークダウの予想と注意ポイント

7月19日の終値を中心に、8月16日の終値を高値、9月21日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

今週のニューヨークダウの予想は上昇です

予想値幅は34,300ドルから35,500ドルです

予想値幅下限は先週底値固めをした際の高値から少し下の価格を、上限は8月後半の高値の価格を目処に設定しました

少し下押しするかもしれませんが、直近高安の半値基準を底値に、安定した上昇推移をする値動きを予想します

今週のアメリカである最大のイベントは、水曜日に予定されている、FOMC議事要旨だと考えています

先週の雇用関連の指標は、予想通りに順調でしたので、何とかスタグフレーション懸念による株価急落は、回避できたと考えています

ですが、インフレ懸念自体が払しょくされたわけではありませんので、今回のFOMCの内容がどのようなものになるのか、注目が集まると思います

基本的には、市場にネガティブなメッセージを出すことは無いと考えられますので、その点に関しては心配していません

問題は、同じ週にある物価関連の指標発表が、FOMCでの発言内容と齟齬が出てしまう場合です

特にFOMC前にある消費者物価指数の数値には、注意したいと考えています

また通常であれば、木曜日の卸売物価指数は、あまり重要視していませんが、インフレ懸念によって株価が上下している状態ですので、こちらにも注意が必要だと思っています

もちろん9月小売売上高は、経済先行き不安が再燃するきっかけになりかねませんので、こちらにも要注意です

全体的に、インフレ懸念と景気回復鈍化懸念、この2つの問題に直接かかわる内容が揃って出てくると言った感じです

先週金曜日の9月非農業部門雇用者数変化が、大きく予想を下回ったことも、今後悪材料になる可能性はあります

サービス業の雇用回復には、まだしばらく時間がかかるかもしれません

中国恒大集団の問題に関してですが、市場はそろそろ忘れるか、無視するタイミングに入ると考えています

中国恒大集団の問題は、当初から中国国内の問題であって、アメリカにはあまり関係が無いと考えていました

もちろん中国国内の景気悪化につながれば、アメリカの経済にも悪影響は出ますが、不動産会社のデフォルトが景気悪化の前触れだったとしても、デフォルト自体はすでに織り込まれていると考えています

今後も欧州市場が反応することはあるかもしれませんが、同じ内容のニュースであればアメリカ市場は無視してくる可能性があると考えています

中国恒大集団の社債を保有していた大手証券会社のうち、フットワークの軽い所は、すでに安価で売却して、ポジションを解消しているというニュースも聞いています

中国恒大集団の問題が、まったく違う思いもしなかったトラブルを引き起こさない限り、デフォルトするのはすでに既定路線なのでは、と言った感じです

チャートのテクニカルは、直近高安の半値基準を回復してきました

チャート形状としては9月半ばの下落を合わせて、きれいなダブルボトムを形成してきました

前回の反発局面の高値に面合わせするように、今回の反発も一目均衡表の雲の下側で一旦足踏みしています

これは株価の推移がここから少しもたつく材料になるかもしれません

インジケーターを見てみると、ニューヨークダウがトレンドに沿った値動きをする場面だと判断しています

水曜日の時点でMACDはシグナルとクロスし上抜け、ここからの上昇トレンドの発生を示唆しています

DIの好転はまだですが、再下落しなければ時間の問題でしょう

ここからは、ニューヨークダウが順調な上昇トレンドに入る可能性が高いことを、各インジケーターが示していると考えています

以上のことから今週のニューヨークダウは、少し下押しするかもしれませんが、直近高安の半値基準を底値に、安定した上昇推移をする値動きを予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は35,600ドルの強い上抜けです

ニューヨークダウの年末までの値動きは、場合によっては33,600ドルから35,600ドルの間での、横方向バンド推移になる可能性もあると考えています

少なくとも、直近高安の半値基準と直近最高値の間で、ある程度の商いをこなす必要があると考えています

この予想に反して今週中に一気に直近最高値を上抜けてきた場合、ニューヨークダウの年末までの推移は予想以上に強いものに変化する可能性があります

特にインジケーターはトレンドも上昇方向に変化していますので、一旦勢いが付いた上昇相場が発生すると、かなり強い局面が継続する可能性があります

インフレや景気悪化に対しての懸念がある中、ここまで強い値動きをしてきた場合、相場は新しい材料で新しい局面に入っているのだと思いますので、今までの考えからしっかり切り替えなければならないだろうと考えています

下落方向は33,600ドルの下抜けです

直近2回の下落では、終値基準では33,900ドルを少し下抜ける水準、大体この辺りまでで止まっています

相場に悪材料が出る場合などは、今週中に多少下押す可能性は残っているものの、そこからさらに下落して33,600ドルを下抜けてくる場合、再度強い下落局面に入る可能性が出てきてしまいます

これが週初から発生してしまうと、好転していたMACDも、再度シグナルを下抜けてしまう可能性が出てきます

その後33,200ドルで下落が止まる可能性はありますが、相場の方向性自体はかなり悪化しますので、注意が必要だと考えています

ナスダックの予想と注意ポイント

8月18日の終値を中心に、9月3日の終値を高値、10月4日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックのチャート

今週のナスダックの予想は横ばいです

予想値幅は14,400ポイントから14,900ポイントです

予想値幅下限は8月半ばに安値を付けた価格を、上限は8月に一旦高値を付けた価格を目処に設定しました

直近高安の半値基準を目指して値動きしますが、上値が重い展開を予想します

ナスダックにとっても、最も影響が出ると考えられるイベントは、水曜日にあるFOMC議事要旨だと考えています

消費関連の経済イベントにも注意は必要ですが、米長期金利の動向が今後どうなるのか、ナスダックにとってこれが最も気になります

今のところ、米長期金利の上昇は続いていますので、この勢いが抑えられるのかどうかが気になります

とは言え、緩やかに抑えられるのならいいのですが、ネガティブインパクトで金利上昇が止まったとしても、相場自体に押し下げる圧力がかかってもしょうがありませんので、さじ加減が難しい所です

多少インフレ懸念はあるものの、予定通りのテーパリングスケジュールで問題ないくらいの内容であれば、トラブルはないと思います

現実問題として、物価上昇を表す指標発表はあります

スタグフレーションこそ回避されている模様ですが、米長期金利への上昇圧力になっていることは間違いないと思います

ここをどうコントロールしてくるのか、もしくはコントロール自体ができるのかどうか、これが今後のナスダックの上昇がどの程度の強さになるのかを左右するのではと考えています

FOMC議事要旨をきっかけに相場環境が好転する可能性は残っていますが、あまり楽観視はしない方が良いと思います

米長期金利も1.55を上抜けたところから、さらに上昇に拍車がかかっています

現在は1.614あたりですが、一旦は1.70まで上昇する可能性があります

これはナスダックへの下押し圧力となってしまいます

米長期金利が一旦の上値を付けて安定してしまえば、そこからは反落すればナスダックの上昇サポートに、横ばいでも材料視されなくなると考えていますが、しばらくは上値を抑える材料になりそうなところには注意が必要だと考えています

チャートのテクニカルでは、ナスダックが下落時に切り返しを見せることが多い、エンベロープへの接触が起こった後、きれいに反発局面に入っています

これはナスダックが今までも、何度か見せてきた値動きです

相場環境が良い場合は、このまま一気に上昇に転じることもあるのですが、今はあまり良い状態とは言えません

その中でここから先には、一目均衡表の雲が控えています

上昇に勢いが無いと、ここで一旦上値を抑えられる可能性が出てきます

ボリンジャーバンドはここに来て幅が一気に狭まってきましたので、もう少しこの価格帯でもみ合ってさらに狭くなった後、上方向に離れる展開が起こるのではと考えています

インジケーターでは、RSIは好転していますが、現在はトレンドが発生している局面だと考えていますので、上昇転換への強いサポート材料にはならないと考えています

MACDが好転するまでにはもう少しかかりますので、本格的な上昇に入るにはもう少し時間がかかるのではと考えています

この面からも、ナスダックの推移はしばらくの間、少し上値の重い展開になるかもしれません

以上のことから今週のナスダックは、直近高安の半値基準を目指して値動きしますが、上値が重い展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は15,100ポイントの上抜けです

この水準は、一目均衡表の雲の上抜け、そして9月の下落局面でいったん反発した価格帯です

ナスダックの日中のボラティリティが高い状態の場合、予想値幅を上抜けてこの辺りまで上昇する可能性はありますが、上抜けてくるほどの強い値動きをしてくると、予想より相場環境が好転している可能性があります

ナスダックの場合、相場の雰囲気が一気に変わることがあり、その際には一方的な上昇局面が発生します

予想外にナスダックが急激に回復相場に入った場合、乗り遅れるとエントリーポイントを探すのは難しくなると予想されますので、その点には気を付けた方が良いと考えています

今週の予想ではここから横ばい気味になるので、仕掛けるタイミングとしては先週の底値の次のタイミングだと考えていますが、予想外の急上昇が発生すると、一気に直近高値を目指すような強い展開もあり得ますので、注意したいところです

下落方向は14,200ポイントの下抜けです

予想外に下落を開始して、直近安値を下抜けてきた場合、かなり危険です

このタイプの下落は2月後半から3月頭に見られた値動きです

一度底値を打って反発した後、再度下落してエンベロープを強く下抜けました

今回の下落は5月半ばに発生したタイプの推移になると予想していますが、予想外に再下落してきた場合、エンベロープをかなり強く下抜けるまで、勢いよく下落し続けるかもしれません

ただこの注意ポイントの下落に関しては、かなり可能性が低いと考えています

外部環境の悪化が起こればわかりませんが、今の外部環境とチャートの形状からはあまり考えられません

ナスダックは強い下落をする場合、高値から2段階の下落をすることが多い傾向があります

2月後半から3月頭に見られた強い下落に関しても、やはり2段階の下落をする範囲での値動きでした

今回の9月頭を上値に始まった下落局面は、きれいに2段階の値動きをしてきていますので、ここまで強い再下落はしないだろうとは思っています

ですが、一応警戒だけはしておきたいと思っています

日経平均の予想と注意ポイント

5月13日の終値を基準に、6月15日の終値を高値、8月20日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均のチャート

今週の日経平均の予想は横ばいです

予想値幅は27,600円から28,800円です

予想値幅下限は週初のピッチフォーク下限を、上限は今週末の一目均衡表の雲の上側の価格を目処に設定しました

週を通して上昇しようとするものの、上値が重くなる展開を予想します

日本独自の材料として、衆議院選挙があります

解散が今週木曜日の10月14日、公示が来週火曜日の19日、投開票が10月31日の予定になっています

政府の仕組みとしてその期間に何かトラブルがあったとしても対応はできますが、積極的な財政支出など、新しい材料は出てこない環境になりますので、その点には注意が必要だと考えています

今週の日本で気になる経済イベントは、水曜日に予定されている、8月機械受注です

7月の内容は好調でしたが、今週発表される8月分に関しては、心配なところがあります

特に自動車関連では、半導体不足により製造に影響が出ています

そのあおりで、周辺の製造業に対しても、生産縮小の傾向がある可能性がありますし、そこまで旺盛な受注があったかどうか、不透明なところがあります

今のところコンセンサスがかなりポジティブに予想していますので、ここに変なギャップが生まれないかどうか、少し警戒しています

同日夜にあるアメリカのFOMC議事要旨もかなり気になります

この辺りが相場の転換点になる可能性はありますので、警戒が必要だと考えています

オプションの全体的なポジションは、マイナス方向に多くなっています

急上昇からの急落でしたので、下落方向に備える動きが極端になっています

損益分岐点に関しては最新の情報がありませんので、今回はお話しできません

先物に関しては、クレディ・スイスは一貫して弱気姿勢を取っています

同じCTA系の証券であるモルガンに関しては、逆に強気です

また先週から圧倒的な強気ポジションで気になっているバークレイズですが、少し変化が見られました

ここまで全体的にプラスポジションを維持していましたが、225miniの12月限に関して、マイナスにポジションを振っている可能性があります

建玉残の情報が東証から発表されていませんので、正確ではありませんが、計算では4万程度です

規模感としては225やTOPIXの先物に比べると、そこまで大きなものではないのですが、実際の建玉残がどうなっているのか、月曜日の発表を待ちたいと思います

バークレイズはオプションのカウンターで225miniを当ててくるABNアムロなどとは異なり、別々の動きをしてくることが多いので、この辺りには少し注意を払っておきたいと考えています

チャートのテクニカルに視点を移すと、エンベロープを強く下抜けた後、直近安値付近と一目均衡表の雲の下側、そしてピッチフォーク下限を目処に反発、まずはエンベロープの中まで戻ってきました

一目均衡表の雲の上にも出ましたが、インジケーターにはまだ問題があります

今の日経平均は、トレンドが強い地合いだと判断しています

RSIはそろそろ反転してきますが、これは逆張り指標ですので、今回は少しスルーしたいと考えています

先物の内容からも、そこまで強気に上昇に転じるとは考えにくいのではと思っています

強い反発ができないまま横ばい気味に推移した場合、一旦は一目均衡表の雲の下に出てしまいます

今週はこの一目均衡表の雲に頭を押さえられる形で、横ばい気味になるのではと考えています

ただここで更に下押しをするのではなく、今は日経平均が上昇トレンドを取り戻すまでの、底値固めの段階だと考えています

今のところMACDはまだ上向きにもなっていませんので、まずはここが横ばい、もしくは上昇に転じ、シグナルとクロスするまでは、わかりやすい上昇はお預けになるのではと言う予想です

どの程度反発できるかにもよりますが、強い上昇はしないと考えていますので、トレンドを伴った上昇に転じるのは、恐らく来週以降になるのではと予想しています

個別銘柄、特にグロース銘柄には、日経平均と同様の値動きが見られると考えられますので、ここが今年の最後の仕掛け処になるかもしれません

私自身は、9月30日からディフェンシブ、具体的にはヘルスケアと小売りに資金を入れています

ただこの分野はすでに反発を開始していますし、ここからの日経平均の強い上昇には、ついていけないと考えています

残りの資金は、グロース銘柄に割り振るのではと思っていますが、確定はしていません

それと私は結構頻繁に全銘柄を売却してしまいますので、あくまで今はと言う点にご注意ください

9月30日の時点で、私のポジションはすべてキャッシュでした

私のポジションはどうでもいいですが、以上のことから今週の日経平均は、週を通して上昇しようとするものの、上値が重くなる展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は29,600円の上抜けです

今週に関しては、上値は重い展開を予想していますが、仮に予想よりも相場観が強い場合、直近高安の半値基準まで一気に上昇する可能性はあります

問題は予想値幅を超えて上昇して半値基準まで行ったとしても、やはりそこでもたつくと予想されることです

予想値幅は外れてしまっていますが、値動きとしては似たような感じになります

日経平均の相場観がガラッと変化するのは、29,600円を上抜けた後だと考えています

ここは6月半ばの上昇でいったんの高値を、そして今回の下落でいったん反発した際の下値になっていますが、ここを勢いよく上抜けてくると、さらに上値を追う展開になるのではと考えています

先週の終値が28,048円ですので、そこまで達成するのに5.5%以上の上昇が必要ですので、その時点ですでに強い上昇が発生しているのですが、今週に関しては直近高安の半値基準までの上昇では、相場が強い上昇方向への推移へ変化したと判断できないと考えていますので、さらに上の29,600円の上抜けを上昇方向の注意ポイントに設定したいと考えています

下落方向は27,300円の下抜けです

直近安値の価格周辺になりますが、ここまで再度下落した場合少し危険かもしれません

一旦8日の終値あたりでもたついて、再度下落した後、ダブルボトムを形成して再上昇する可能性はありますが、27,300円を下抜けてしまうと、そのままするすると下落を継続していってしまう可能性が出てきます

その下には、26,400円から27,000円の間に下値抵抗があると考えていますが、そこまで下落してしまうと、年末までの日経平均はかなり軟調な展開になりかねません

既に新政権への期待感は剥落していますので、これ以上悪材料にはならないとは思いますが、今回の行ってこいの値動きを見てしまうと、どのような株価推移にも対応できるように備えておいた方が無難だと思います

ドル円の予想と注意ポイント

4月23日の終値を基準に、7月1日の終値を高値、9月21日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドと一目均衡表を表示しています

ドル円のチャート

今週のドル円相場の予想は円安です

予想値幅は111円50銭から113円50銭です

予想値幅下限は7月高値の価格を、上限は2017年と2018年の高値の価格を目処に設定しました

週を通して円安推移する展開を予想します

今週の経済イベントで気になるのは、やはりFOMC議事要旨でしょう

ナスダックの場合と同様に、FOMC議事要旨の内容から、米長期金利の強い上昇が起こった場合、ドル円相場も強い円安に動く可能性が高いと考えています

いまだに中国恒大集団の問題と言うリスクオフ要因は残っていますが、おそらく大きくは問題視されないだろうと考えていますので、基本的にリスクオンの相場が続くと思っています

これは強い円安要因になるでしょう

また中央銀行からの政策金利などの発表は、韓国からはあるものの他にはありませんので、特に注意しなければならないものは無いだろうと考えています

外部環境で為替に大きな影響を与えるのは、やはり米長期金利の動向でしょう

米10年債のチャート

一旦高値を付けた1.55の水準を上抜けた後、加速するように上昇を継続しています

FOMCで風向きが変わらない限り、米長期金利の上昇傾向は継続すると考えています

ここからさらに、1.70から1.75まで上昇するのではと考えられますが、その後に関しても基本的に上昇傾向となると予想しています

一旦高値を付けた後は、調整のための一時的な下落が発生する場面はあると思いますが、米長期金利はここから当面上昇傾向になるだろうと考えています

これはドル円にとって、強い円安要因になると思われます

米長期金利の動向から考えても、ドル円相場はこのまま円安方向へ推移を続けるものと考えられます

問題はどこまで円安が進むかですが、基本的に50銭ごとの節目の価格が目処になると考えています

揉み合っている場合はあまり当てはまらないと思いますが、大きな流れができるような値動きが発生した場合、ドル円相場は節目で転換することが多い印象を持っています

ここからは先の上昇は、50銭ごとの節目で相場の反転が起こらないか注意しながら、最終的には114円50銭あたりを目指すのではと考えています

上昇角度に関しては、今回引いたピッチフォークより強いものになる可能性がある点には、注意が必要だと思います

チャートのテクニカルは、今までオシレーター系、逆張りが有効な市場環境でしたが、ここに来てトレンドフォロー系に変化しています

9月22日あたりからRSIが転換、同時期にMACDも好転していますが、ここからは買われすぎになっているRSIが使えず、MACDの反転があるまで円安推移が継続するにではと考えています

9月末の円安推移は思っていたより強いものになりましたので、そこと比べて強い円安推移を見せるかは予想が難しい所ですが、方向感を持った円安推移を見せてくるだろうとは思っています

円安水準で上値を付け多少もたついても、トレンドが下落方向に転換するまでは、持ち直して再度円安推移する可能性がありますので、その点には注意したいところです

以上のことから今週のドル円相場は、週を通して円安推移する展開を予想します

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は114円50銭の上抜けです

114円周辺の上値抵抗は、2016年から実に5年間も続いている相場の上値抵抗になっています

114円50銭の上に、一応114円80銭の上値抵抗もありそうですが、今回114円50銭を上抜けてくると、そこは素通りしてしまうのではと警戒しています

その次の上値抵抗は118円から118円50銭、最終的には120円から上の円安水準での推移へと、相場環境が激変するかもしれません

114円50銭は今週の上昇方向の注意ポイントと言うだけではなく、今後どこかのタイミングで勢いよく上抜けた場合は、まずは118円、次は120円台での値動きに変化する転換点になる可能性が高い点に注意していきたいと考えています

下落方向は110円70銭の下抜けです

まず111円50銭の下抜け、この時点で予想としては外れています

ただ一旦の円高要因による、予想以上の円高推移の可能性があり、もう一度改めて円安推移を始める可能性が高いと考えています

そのさらに下、直近高安の半値基準、110円70銭を下抜けてくると、ドル円の今後の推移の方向感が変化してくる可能性があります

例えばですが、FOMCでサプライズが出ることで、米長期金利が一気に低下、これに釣られるようにドル円相場が円高へ一気に推移、このような値動きが出てしまうと恐らく相場環境がかなり変化してくると思われます

今週の予想ではそのような事は起こらないと考えているわけですが、仮に予想外にここまで円高進行してしまうと、強い円安推移は一旦見られなくなってしまうと思いますので、今後の見通しを再度やり直す必要があると思います

節目としては、111円50銭、次に110円70銭、この2点に注意して相場を見ていきたいと考えています

今週のまとめ

今週のニューヨークダウの予想は上昇

予想値幅は34,300ドルから35,500ドル

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は35,600ドルの強い上抜け

下落方向は33,600ドルの下抜け

今週のナスダックの予想は横ばい

予想値幅は14,400ポイントから14,900ポイント

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は15,100ポイントの上抜け

下落方向は14,200ポイントの下抜け

今週の日経平均の予想は横ばい

予想値幅は27,600円から28,800円

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は29,600円の上抜け

下落方向は27,300円の下抜け

今週のドル円相場の予想は円安

予想値幅は111円50銭から113円

予想外の動きをした時の注意ポイントは

上昇方向は114円50銭の上抜け

下落方向は110円70銭の下抜け

アメリカの株式市場、特にニューヨークダウは底堅い値動きを見せて来て、相場の再上昇を予感させます

ナスダックは少し弱いものの、米長期金利の上昇を加味すると、頑張っていると思います

日経平均は・・・

私も株を買っていますので、頑張ってください(笑)

ナスダックが軟調気味ではありますが、ここから再度復活するだろうと見込んで、投資信託を始めました

そうしたらHYPER SBIの利用期間表示が消えたので、投資信託でも利用期間が延びるのかなと思ったのですが、10月2日から無料になったそうです

もしSBIのチャートなどを使いたい方は、口座を開設すれば使えます

SBI利用者と言う名の信者からの独り言でした

これを動画にしてもそんなに伸びないだろうと思いましたので、最後までご覧いただいた皆様にはお伝えしたいと思います

最後まで見てくださって、ありがとうございます

今週はFOMCで相場の風向きが変わるのか、この点には注意が必要です

全体的な相場観としては、日が差してきた気がするのは私だけでしょうか

アメリカから始まった株価の反転攻勢、これが日経平均にも波及することを祈りつつ、今週の週間株為替予想を締めようと思います

それでは今週もご覧いただきありがとうございました

土曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました