週間株為替予想2021年9月8日から

週間株為替予想

こんにちはシーカーズです

日経平均が爆上がりしているのに、私の持ち株の上昇率が大したことがありません

助けてください

それはそれとして、週初からの予想の確認と、週末までの予想をしていきたいと思います

週間株為替予想2021年9月8日から

ニューヨークダウ

5月12日の終値を中心に、6月4日の終値を高値、6月18日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

週初のニューヨークダウの予想は横ばい、予想値幅は34,700ドルから35,700ドルに設定しました

予想値幅の下限は直近安値を、上限は直近高値を目処に設定、週前半は横ばい推移、週後半から来週にかけてのどこかのタイミングで、下落方向へ推移する展開を予想しました

週末までのニューヨークダウの予想は下落、予想値幅は週初の内容を継続します

ニューヨークダウは休場明けの火曜日から弱い展開となりました

主な要因はゴールドマンサックスの経済成長予想引き下げによる景気敏感株への売りと、目標株価の引き下げが行われた製薬株への売りのようですが、アメリカ国内でのコロナのインド型が広がりを見せているのも悪材料となっていると考えられます

先週の8月非農業部門雇用者数変化が市場予想を下回った際には限定的だった反応も、火曜日の値動きを見ていると今週同様の悪材料があった場合は、下押し圧力になるのではと警戒しています

そこで週初には大丈夫ではないかと考えていた水曜日のベージュブックに関して、警戒感が高まります

週初の予想では悪材料ならテーパリグ懸念後ずれ、好材料なら経済回復期待と良い所取りしているというお話をしましたが、これが崩れる可能性があります

チャートのテクニカル指標に関しては、はっきりしたシグナルは確認できていません

気になるのはボリンジャーバンドを下方向へ押し広げる動きで、このままの値動きを続けた場合は下落ですが、一旦下方向に行ってから上に行くパターンもあり得ますので、はっきりとは判断ができません

水曜日以降の株価がピッチフォーク中央の線を上回る水準まで回復できるか、この辺りに注目して見ていきたいと考えています

週末までの予想を横ばいから下落に変更はしていますが、ニューヨークダウが強い調整に入るような下落をするとは今のところ考えていません

ただ高値から一旦調整に入るタイミングの可能性はあると思っていますので、その点には警戒しています

来週は物価や小売り関連の経済指標発表がありますので、ここも下押し圧力になってしまった場合、少し長めの調整になってしまう可能性もありますので、その点には注意が必要だとは思っています

ナスダック

3月8日の終値を中心に、4月26日の終値を高値、5月12日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックのチャート

週初のナスダックの予想は上昇、予想値幅は15,050ポイントから15,750ポイントに設定しました

予想値幅の下限は今週末のピッチフォーク一番下の線の価格を、上限は今週末のピッチフォーク中央の線の価格を目処に設定、多少下振れる可能性はありますが、ピッチフォーク下側2段の価格帯を上昇方向へ推移する値動きを予想しました

週末までのナスダックの予想は、週初の内容を継続します

週内で気になるイベントはニューヨークダウ同様にベージュブックです

ナスダックに関しては週初のお話と同様に、良ければそのまま素直に好感、悪ければテーパリング後ずれ期待と、良い所取りになるのではと楽観視しています

以前であれば米長期金利の動向にも気を付けていたのですが、このところ相関性は低くなっている印象を受けますので、この点に関しては予想には組み込んでいません

今後景気の先行き不安などが意識される場面が来た時には、米長期金利が上昇傾向になってきていますので、再度下押し要因になる可能性があることは忘れないようにしたいと考えています

チャートのテクニカル指標には、一部で過熱感が見られます

特にRSIの過熱感は顕著なので注意を払いたいところですが、単体での判断ではなくトレンドフォロー系のテクニカル指標の情報も併せて判断した方が良いと考えています

特にナスダックは上昇方向への推移を継続して起こすことが多いので、個人的にはMACDを多用しています

ナスダックのお話をする際によく出てくるエンベロープとボリンジャーバンドの距離に関してですが、上昇推移継続するためには絶妙な距離感と言えます

安定的に上昇しそうな雰囲気を出しつつ、反落するほどの過熱感は感じません

経済指標の急激な悪化など外部からの影響がない限り、ナスダックの上昇推移はこのまま続くのではと考えています

ただここからの展開で注意したいのが、ナスダックの横ばい推移です

過熱感からの急落は無いと考えていますが、もたつき気味に横ばい推移した場合は売り圧力から一旦調整に入る可能性が出てくると考えていますので、この点には注意したいと思っています

今のところかりに横ばい推移しても、それが下落方向に傾くのは来週以降だろうと考えています

日経平均

5月13日の終値を基準に、6月15日の終値を高値、8月20日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均のチャート

週初の日経平均の予想は上昇、予想値幅は28,400円から30,200円に設定しました

予想値幅の下限は一目均衡表の雲の上側を、上限は4月6日の高値を目処に設定、週前半は高値を試す展開、水曜日あたりを境に反落し始める値動きを予想しました

週末までの日経平均の予想は、週初の内容を継続します

注目されていた4-6月期四半期GDPは、この予想をしている時点で発表されていて、上方修正されてコンセンサス予想を上回ってきました

これは日経平均にとってポジティブな内容です

水曜日にGDPきっかけで反落する可能性を考えていましたが、これは無くなりました

そして今週注目される日経平均の経済イベントは、これで特になくなりました

ここからはアメリカやヨーロッパからの各種経済イベントの影響を受ける形になると思われます

そのためここからの経済イベントは、日中の値動きには影響を出さないと考えられます

朝の寄付きからの方向性にだけ気を配ればよくなるだろうと思っています

チャートのテクニカル指標には、短期的な過熱感が出ています

難しいのはこの過熱感を重視するかどうかです

今回の日経平均の上昇が新しい上昇トレンドの発生だと考えるなら無視する方が良いと思いますし、一旦の急上昇だと考えるのであれば重視するべきだと思います

今のところどちらなのか、その判断はできていません

ただボリンジャーバンドがエンベロープを思いっきり上抜けましたので、ここから一旦ある程度の反落が起こる可能性には注意したいところです

ここから下落した場合いったんの底値目処になるのが、直近高安の半値基準28,500円周辺になると考えられますので、そこまでの下落をした場合に今のポジションで耐えられるのか、それを考慮しつつ個別に対応した方が良いと考えています

水曜日に警戒していたGDP発表きっかけからの反落は無くなりましたので、あとは特徴的な下落前の動き、塔婆の陰線などが出ない限りは、反落に警戒しつつポジションはホールドしようと考えています

ただ下落し始めた場合は、先ほどお話しした範囲での下落を想定して、早めの対応をする銘柄と、ある程度の下落までホールドする銘柄の選別を行いたいと考えています

今回に関しては、仮に反落して利益が縮小するとしても、半歩遅れを覚悟しながら取引をしたいと思っています

先物とオプションの動きなのですが、かなり活発になっています

ですがすでにロールオーバーの動きも見られますので、当日の取引から方向感の変化を読み取るのが難しいと考えています

今のところ週初のお話の通り今週の上値は、30,000円付近を目処にしているのではと言う考えを継続しています

ドル円

4月23日の終値を基準に、7月1日の終値を高値、8月3日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドと一目均衡表を表示しています

ドル円のチャート

今週のドル円相場の予想は円高、予想値幅は108円50銭から110円40銭に設定、予想値幅の下限は5月末の取引の安値を、上限は先週の高値を目処に設定、週を通して円高方向への推移を継続すると予想しました

週末までのドル円相場の予想は、週初の内容を継続します

まず火曜日までの値動きですが、予想が外れています

週初から一貫して円高方向へ推移すると予想していましたが、円安方向へ推移しています

今のところ予想値幅の範囲内に収まってはいますが、これは予想より円安傾向になっています

米長期金利の上昇と日本国債10年物の下落がありましたので、これが要因だろうと考えています

ですが米長期金利はいったんの頂点を付けていますし、日本国債10年物は一気に上昇した分の反落だと考えていますので、ここからは米長期金利は下落、日本国債10年物は上昇に転じるのではと考えています

そのため、ドル円相場の予想は週初の内容をそのまま継続します

オーストラリアの政策金利は無事に過ぎましたが、恐らく木曜日のECBは何かあるのではと警戒しています

このところのECBは金融政策を引き締める傾向が見られますので、注意したいところだと思っています

チャートのテクニカル指標は微妙な感じです

トレンドとしては円安傾向をしそうなシグナルが弱いながらも出ていますし、チャートの上では三角持ち合いを上抜けています

今のところ外部環境から円高推移を予想していますが、テクニカル的には円安推移をする形になっていますので、ここは判断が難しい所です

今のところ私の予想は外部環境も考慮して、円高推移です

最後に

勢いよく値動きをした後には、反対方向の値動きが待っているものです

ただもしかしたら完全に潮目が変わったかもしれません

この判断を早い段階でできれば優秀なトレーダーなのでしょうが、私はまだその域には至っていません

株価指数はどこも一旦の高値圏にいるのは確かなのですが、ここから反落するのかは不透明です

こういう時は予想をしつつ、予想が外れた時の対応を考えながら、自分の閾値を抜けたところで臨機応変に対応することが大切だと考えています

それが簡単にできればいいのですが、やはりその域に至っていません

こういう時は、安全運転が一番です

どちらに動いてもすぐに対応できる体制を整えて、相場の変化を待ちたいと思います

後はドル円の予想精度が上がればもっといいのですが、今後も頑張っていきたいと思います

それでは今週もご覧いただきありがとうございました

水曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました