週間株為替予想2021年8月9日から

週間株為替予想

こんにちはシーカーズです

ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円の今週の予想と

予想外の動きをした時の注意ポイントの動画、週間株為替予想です

毎週水曜日と土曜日に動画配信していますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします

また動画がわかりやすければグッドボタン

わかりにくければバッドボタン

コメント欄はお気軽にご利用ください

ご意見ご質問ご感想等もお待ちしています

週間株為替予想2021年8月9日から

ニューヨークダウの予想と注意ポイント

5月12日の終値を中心に、6月4日の終値を高値、6月18日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

今週のニューヨークダウの予想は上昇です

予想値幅は34,700ドルから35,400ドルです

ピッチフォーク上から2番目の帯周辺を、上昇方向へ推移すると予想します

予想値幅の下限は5月7日と6月4日の終値を結んだ線を、上限はピッチフォーク上から2番目の線の週末の価格を目処にして設定しています

まずチャートのテクニカル指標ですが、上昇や下落へのシグナルは特に見受けられませんし、過熱感も無く方向感は出ていないと考えています

出来高に関しては、予想通り細ってきています

このことからも、何かきっかけが無いと、大きな値動きに発展することは難しい状況になってきていると考えています

経済イベントとしては、週半ばの水曜日に7月消費者物価指数の発表がありますが、大きな波乱があるとも考えにくいのではと思っています

そのため、今週のニューヨークダウも先週と同様、方向感のない値動きに終始するのではと考えていますが、景気拡大鈍化懸念などが出ない限りは、基本的に上昇方向への推移を継続するのではと考えています

今年の夏はこのままじわじわ上昇を継続するのか、それともどこかのタイミングで大きく上下に振れるのか読み切れない相場が続いていますので、急変への備えは怠らないようにしたいと思っています

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は35,800ドルの上抜けです

ここは、今週末のピッチフォーク一番上の線の価格です

今のところニューヨークダウは堅調な値動きをしていると思いますし、今後もどちらかと言うと上昇方向への推移を継続するだろうと考えています

ですが、大きな流れとしては、この夏の間に好材料と悪材料を織り込んで、その後に秋の上昇相場へと入るのでは、と言うのがメインシナリオです

薄商いになりつつあるこのタイミングで予想以上に強い上昇が発生した場合、むしろその後に反落する可能性が高いと警戒しています

ニューヨークダウの今の水準は、安値圏にいるわけでもありませんので、不自然な急上昇が起こるのは違和感があります

今のところ、ピッチフォークの角度に納まる上昇なら問題ないと考えていますが、あまりに急激な上昇をしてきた場合、その後に起こる反落は、最悪の場合、5月12日と6月18日の終値を結んだ線のあたりまで達する可能性があります

この反落が8月の半ばから終わりに起こるのであれば、ちょうど200日単純移動平均線がそのあたりにあるはずですので、そこまでは調整する可能性もあることを覚えておきたいと思っています

下落方向は34,400ドルの下抜けです

ここは、直近高安の半値基準になり、上下動が起こる際の節目のような価格帯になっています

今週に関しては、まず5月7日と6月4日の終値を結んだ線を下抜けるのがいったんの警戒したいポイントなのですが、これに関しては悪材料が出てくれば、多少下抜ける可能性があると考えています

それ自体ですぐに相場が下落へと転換するとは考えていません

ですが、34,400ドルの下抜けが起こった場合、相場が調整局面に入る可能性が高いと考えています

ここは今週末には一目均衡表の雲がかなり接近しますので、強い下値抵抗になりやすいと考えています

逆に強い下値抵抗だからこそ、下抜けた場合にはそれなりの値幅で調整してくるのではと警戒しています

34,400ドルを下抜けた場合でも、一旦の下値目処は直近安値の33,750ドル近辺になりますが、そこから横方向のバンド推移に入るのか、それとも下落方向への相場転換なのか判断する必要があると思います

今のところ特にそのような兆候も見られず、そこから先の判断をすることはできないのですが、仮にですがさらに下落方向へ推移する場合、上昇方向の注意ポイントと同様に、5月12日と6月18日の終値を結んだ線と200日単純移動平均線のあたりが、下値目処になると考えています

ナスダックの予想と注意ポイント

3月8日の終値を中心に、4月26日の終値を高値、5月12日の終値を安値として、基準線を引いています

ピッチフォークです

そして、ボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックのチャート

今週のナスダックの予想は上昇です

予想値幅は14,600ポイントから15,300ポイントです

予想値幅の下限は先週の安値を、上限はピッチフォーク中央の週末の価格を目処に設定しました

ナスダックは、先週木曜日の値動きが予想以上に強かったです

金曜日はその反動で陰線になりましたが、ここからの夏相場は上昇方向への堅調な値動きをするのではと予想しています

上昇角度は今のところピッチフォーク内に納まる程度になると思いますが、角度自体は多少強くなる可能性もあると考えています

ピッチフォークの角度のまま上昇した場合はそのまま秋相場へ、ピッチフォークの角度を上回る上昇を見せた場合は調整を挟みながら上昇継続というような値動きをするのではと予想しています

ナスダックの株価は割高だという考え自体は相変わらず持っていますが、ナスダックは割高でも上がるものだと、受け入れるしかない感じです

チャートのテクニカル指標に関しては、特に下落を示唆するような兆候も見られませんし、ニューヨークダウとは異なり出来高も安定しています

夏相場の値動きがどうなるかと言うより、ナスダックは夏も平常運転と言った感じになると考えています

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向はエンベロープ上側に接近するような強い上昇です

ナスダックが強く上昇する際に見られる現象で、ボリンジャーバンド上側がエンベロープ上側を上抜ける、もしくは日足自体がエンベロープ上側を上抜けた場合、その後に強めの反落が起こることが良くあります

そのため、強い上昇が起こった場合は、その後の反落に備えながら取引をしています

このパターンで下落した場合の調整は2種類想定されます

一つ目は軽い調整で済む場合で、この時の下値目処はおおむねエンベロープ中央の線辺りになります

先週末でいうと14,700ポイント周辺です

ここから強い上昇に入った場合、エンベロープ中央の線も上側に引っ張られますので、下落した際のいったんの下値目処はもう少し上になると考えられます

そこで一旦下値を付けて、再度堅調な上昇相場へ戻ります

二つ目は大幅調整になる場合で、エンベロープ中央の価格を強く下抜けます

明確に陰線を出して下抜けますので、判断はしやすいと思いますが、問題は値幅を伴った強い下落なので、すぐに判断しないとその日のうちに結構な下落幅になるはずです

強い上昇に入った場合は、反落に備えつつ利確ポイントを決めておき、下げ止まりそうなら再度エントリーできるようにした方が良いだろうと考えています

下落方向は14,600ポイントの下抜けです

この水準は、今週末のピッチフォーク一番下の線の価格で、先週の火曜日に一旦安値を試した水準になります

14,600ポイントを下抜けた場合その下には一目均衡表の雲があって、2月半ばと4月末に高値を、7月19日に安値を付けた付近、14,250ポイント周辺が下値支持になりそうな感じはあるのですが、ここは微妙です

ナスダックが下落方向への推移を見せ、それが強い方向感を持っている場合、そこを一旦のクッションにして、2段階目の下落に入る可能性も高いのではと警戒しています

その場合の下値目処は直近高安の半値基準と一目均衡表の雲が重なったところか、3月8日と5月12日の終値を結んだ線周辺です

これがどちらになるのかは、14,250ポイント周辺が下値支持になった場合、一旦の反発がどの程度の強さになるのかで変化してくるのではと考えています

概ね、戻った高値とそこまでの下げ幅は同程度、仮に14,900ポイントから下落して14,250ポイントまで下落ならその下落幅は650ポイント、一旦14,500ポイントまで反発した場合は、13,850ポイント周辺まで下落するのではと考えています

日経平均の予想と注意ポイント

5月13日の終値を基準に、6月15日の終値を高値、7月30日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そして、ボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均のチャート

今週の日経平均の予想は上昇です

予想値幅は27,500円から28,200円です

ピッチフォーク一番下の帯の中を、上昇方向へ推移すると予想します

予想値幅の上限と下限は、ピッチフォーク一番下の帯の週末での価格を目処に設定しました

まず日本市場の今週の立ち合いは、月曜日が山の日の振替休日で休場、火曜日からの立ち合いとなります

そのため、アメリカ市場の値動きによっては、火曜日の初値は金曜日からギャップが出る可能性はあるかもしれません

また、今週は第2週なので、週末にはSQがあります

ABNアムロの225miniのポジションは、大きく売りに傾いています

とは言え、週末にかけてオプションのPUTを売りに回っている印象がありますので、もしかしたらそこと関連する動きかもしれません

また、夏相場に入って出来高が細ると考えていた日経平均ですが、ナスダックと同様出来高に目立った変化が見られません

決算発表が連日出ていますし、内容もかなりポジティブなものが多い印象を持っています

そのため、先物とオプションに気になる動きはあるものの、株価をそこまでコントロールするのは難しく、恐らくSQによる波乱より、個別銘柄の決算で日経平均は振らされるのではと考えています

ただ、ここからオプションで違和感のある取引が無いか、一応気を付けて今週の取引に臨みたいとは思っています

次にチャートのテクニカル指標に関してですが、上昇方向へ推移する前段階と思われる形になってきました

恐らく28,000円を上抜けた辺りから、明確に上昇方向へのサインが現れてくるのではと考えています

この水準がややこしいのは、7月末に上昇しようとして上値を抑えられた水準がこの価格帯だという事です

ちょうどSQと絡むタイミングで、28,000円の攻防に再度入ることになります

また、200日単純移動平均線がちょうどこの水準にありますので、ここは上昇方向へ推移できるかの大切な分岐点になると考えています

今週ここを完全に上抜けられるかは微妙ですが、来週以降まで含めると完全に上抜けて上昇相場へ入るのではと今のところ考えています

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は28,400円の上抜けです

この水準は、下落相場に入る前の高値と、直近の安値の半値基準になります

ここを上抜けてくると、そのまま上昇相場へ入る可能性がかなり高くなると考えています

今のところ、この強い上昇が起こった場合、一目均衡表の雲、2月16日・3月18日・4月5日の終値を結んだ線、そして下落相場へ入る前の高値、この3か所が上値抵抗になる可能性があります

アメリカ市場の展開にも影響は受けますが、それでもおそらくまずは2月16日・3月18日・4月5日の終値を結んだ線までは上昇するだろうと考えています

強い上昇の後小反落する可能性は高いと思いますが、そのまま再上昇するような強い相場展開になるだろうと予想されますので、日経平均の値動きが一気に強まった場合、乗り遅れないように注意したいと考えています

下落方向は27,270円の下抜けです

これは直近安値の価格です

今のところ日経平均は、一旦調整の下落をしたとしても、先週下値を固めた27,500円を下回らない推移をすると予想しています

そのため27,500円を下抜けても危ないと思うのですが、そのさらに下の27,270円を下抜けてきた場合、ここまで続いてきた日経平均の下落相場はまだ続く可能性が出てきます

今週ここを下抜けてくるようであれば、来週以降に26,400円から26,800円までは下落すると考えています

ここは昨年末に、かなり長い間もみ合った価格帯になりますので、かなり強い下値抵抗になるとは思っています

特に、アメリカ市場の急落などを伴わない、日経平均単独でのこのような値動きが見られた場合、日本株への評価がかなり下方修正されているのかもしれません

そのため、27,500円を下抜けそうになったら逃げる準備を、そして27,270円を下抜けたら、速攻で逃げようと思っています

ドル円の予想と注意ポイント

4月23日の終値を基準に、7月1日の終値を高値、8月3日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そして、ボリンジャーバンドと一目均衡表を表示しています

ドル円のチャート

今週のドル円相場の予想は円安です

予想値幅は109円30銭から111円です

予想値幅の下限は高安の半値基準と6月の底値を、上限は4月の高値を目処に設定しました

ここの所のドル円相場は、米長期金利の動向に左右される傾向が強まっています

先週の円安方向への切り返しも、米長期金利が上昇したことが要因になっていると考えています

ドル円相場と米5年債利回りの動向が一番相関性の高い状態になっていますが、長期金利自体の値動きとして参考になりやすいのは、米10年債利回りだと考えています

米10年債利回りのチャート

一旦底値を打ってから反発、1.3%付近は以前の反発で付けた上値になっていて、金曜日の時点でも一旦ここで上昇が止まっています

今回の金利上昇も、一旦はここで足踏みに入る可能性はあり、その間はドル円相場も一旦の円高推移か膠着状態に入る可能性が高いと考えています

今週の経済イベントで長期金利の方向性に影響を与えそうなのが水曜日に予定されている7月消費者物価指数の発表ですが、ここをきっかけに再度長期金利が上昇するかどうかに、今後の為替の方向性がかかっていると考えています

今のところ、長期金利は上昇傾向になると思っていますが、週半ばの動向には注意したいところです

こうやってチャートを切り替えてみると、金利動向にドル円相場が左右されるとはいえ、米10年債と比べると相関は低く、基本的に円安方向への推移をしやすい環境になっているのがわかりやすいかと思います

これが、米長期金利の動向は米10年債利回りでの判断がしやすいですが、相関は米5年債利回りの方が強いという話につながっています

ドル円相場自体のチャートを見ると、110円近辺は6月初旬の高値で、一旦円高方向に切り返してもおかしくない水準です

仮に切り返した場合、直近高安の半値基準109円50銭近辺、ちょうど6月にあったような反落が起こる可能性があります

これが米長期金利の上昇がいったん止まり、反落した場合に起こると想定される、ドル円の値動きです

ドル円のチャートのテクニカル指標は、ここから円安方向への推移を思わせる形になり始めていますし、米長期金利も上昇傾向だろうと予想していますので、一旦の円高方向への反落はあったとしても、全体として円安推移をすることになるだろうと予想しています

ここまでピッチフォークの下限設定が定まらず修正を繰り返していましたが、恐らく今回の下値で一旦定まったのではと考えています

先週の予想では、今月は109円から110円50銭までの範囲で推移する可能性があるとお話ししていましたが、もう少し円安方向へ振れる可能性があるのではと、考えを修正しています

ここからは予想外の動きをした時に、注意していただきたいポイントです

上昇方向は111円の終値基準での上抜けです

4月初旬につけた上値で、今週末のピッチフォーク中央の線を上抜ける水準です

ひげを出して上抜ける場合は、すぐに切り返して終値自体は111円の下に戻るような値動きを想定していますが、ここを終値基準でもしっかりと上抜けた場合、強い円安推移に入っていると考えられます

今のところ、ドル円相場の円安傾向での推移は5月から7月にあったような、階段状に上昇する相場を想定しています

今週中に111円を上抜ける強い推移をして反落しない場合、予想とは異なり3月にあったような急激な円安方向への値動きをしてくるかもしれません

その場合、今年4月からもみ合っている107円50銭から111円50銭までの価格帯を一気に上抜けて新しい価格帯の形成に入る可能性が出てきます

その際の一日の値幅は、先週金曜日のような高いボラティリティを伴ったものになると考えられますので、今週は111円の上抜けを注意しながら取引に臨みたいと考えています

下落方向は109円の終値基準での下抜けです

109円に達した時点ですでに予想が外れていますが、さらに109円を下抜けてくると、今後円安推移をするという予想自体を見直さなければならないかもしれません

仮に109円まで下落しても、ここを底値に再度上昇方向へ推移すれば、ダブルボトムを形成することはできるかもしれません

ですが、終値基準で下抜けてくると、再度円高方向への推移を継続する可能性が出てきてしまいます

今のところそのような事は起こらないと考えて予想していますが、109円の終値基準での下抜けは、予想自体を全体的に見直す必要が出てくるかもしれない、危ないポイントだと考えています

この推移に入ってしまった場合のいったんの下値目処は108円50銭ですが、相場が弱いと107円50銭まで達する可能性もありますので、警戒しています

今週のまとめ

今週のニューヨークダウの予想は上昇、予想値幅は34,700ドルから35,400ドル

予想外の動きをした時の注意ポイントは、上昇方向は35,800ドルの上抜け、下落方向は34,400ドルの下抜け

今週のナスダックの予想は上昇、予想値幅は14,600ポイントから15,300ポイント

予想外の動きをした時の注意ポイントは、上昇方向はエンベロープ上側に接近するような強い上昇、下落方向は14,600ポイントの下抜け

今週の日経平均の予想は上昇、予想値幅は27,500円から28,200円

予想外の動きをした時の注意ポイントは、上昇方向は28,400円の上抜け、下落方向は27,270円の下抜け

今週のドル円相場の予想は円安、予想値幅は109円30銭から111円

予想外の動きをした時の注意ポイントは、上昇方向は111円の終値基準での上抜け、下落方向は109円の終値基準での下抜け

夏枯れ相場がもう来るのではとかなり警戒していましたが、ナスダックと日経平均の出来高は減少傾向が見られません

ニューヨークダウには減少傾向が見られますが、それでも株価の推移は堅調です

閑散に売りなし、と言ったところでしょうか

閑散だろうが活況だろうが売りはなさそうな夏相場ではありますが、この時期の天気と相場は急変するのが毎年のことです

夏の小さな急落、そして秋の大幅調整、買いポジションで入っていると概ねこの2回のタイミングで苦しめられます

今のところ相場の動向にそのような兆候は見られません

ですが、下落のきっかけは、いつも思わぬところから発生しています

ここから先は、どの相場も堅調な上昇方向への推移が続くと考えていますが、それに安心して油断することで、足元をすくわれることだけは無いように、注意深く相場を見守りたいと思っています

皆さんもお気を付けください

それでは今週もご覧いただきありがとうございました

土曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました