週間株為替予想2021年7月7日から

週間株為替予想

こんにちはシーカーズです

ニューヨークダウ・ナスダック・日経平均・ドル円の週初の予想からの動向と、週末に向けての予想の動画、週間株為替予想です

毎週水曜日と土曜日に動画配信していますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします

また動画がわかりやすければグッドボタン、わかりにくければバッドボタン、コメント欄はお気軽にご利用ください

ご意見ご質問等もお待ちしています

ニューヨークダウの予想

9月23日の終値を中心に、10月12日の終値を高値、10月30日の終値を安値として

基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ニューヨークダウのチャート

週初のニューヨークダウの予想は上昇、予想値幅は34,400ドルから35,100ドルに設定しました

週末までのニューヨークダウの予想は、週初の内容を継続します

アメリカ市場は月曜日の独立記念日の休場を挟んだため、火曜日の1営業日しかありませんでしたが、ボラティリティは大きくなり、予想値幅より40ドル程度下値を広げてきましたが、予想値幅の変更は行いません

今回の値動きは、ヨーロッパのZEW景況感指数と、アメリカの6月ISM非製造業景況指数の市場予想を下回る結果と長期金利低下、そして中国の企業規制への懸念が影響した形です

今のところ、これらの内容は昨日の取引である程度織り込まれて、FOMC議事要旨を通過後に再度上昇方向へ推移するのではと予想していますが、今晩のアメリカ市場の動向は、今後の株価推移を考えるうえで大切なポイントになると思われます

高値を上抜ければ、夏に向け順調な上昇を継続するでしょうし、仮にこのまま反落してしまうと三尊天井を形成、5月12日と6月18日の終値を結んだ線を下回らずに反発できるかに注目点が移ると考えられます

今晩のニューヨークダウの推移は今後のアメリカ市場の動向、ひいては日本市場の動向に影響しますので、予想通りFOMC議事要旨発表後にあく抜けして上昇に転じるのか注目しています

ナスダックの予想

3月8日の終値を中心に、4月26日の終値を高値、5月12日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

ナスダックのチャート

週初のナスダックの予想は上昇、予想値幅は14,400ポイントから14,800ポイントに設定しました

週末までのナスダックの予想は週初の内容を継続します

ニューヨークダウ同様、独立記念日の休場を挟んでいますので、1営業日のみ経過した形です

ヨーロッパのZEW景況感指数と、アメリカの6月ISM非製造業景況指数の市場予想を下回る結果、そして中国当局の中国企業への規制を悪材料に最初は下げましたが、金利低下が追い風となり一気に値を戻しました

火曜日のタイミングでニューヨークダウのような値動きをしてしまった場合、チャート形状としてはかなりネガティブなものになるところでしたが、火曜日のボラティリティの高い値動きに関してはいくつかのはっきりした理由がありましたので、まだ気迷いになっているという印象はありません

先週までの景気指標が好調な場合の、長期金利上昇をあまり意識しない値動きとは異なり、火曜日は長期金利下落を支援材料にする、良いとこ取りの状況は継続中だという印象を持っています

今晩のFOMC議事要旨発表が予想通り無事通過となるのか、それとも相場の調整方向への転換点になってしまうのか、ナスダックもここが注目点になると考えています

日経平均の予想

5月13日の終値を基準に、6月15日の終値を高値、6月21日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドとエンベロープと一目均衡表を表示しています

日経平均のチャート

週初の日経平均の予想は上昇、予想値幅は28,500円から29,200円に設定しました

週末までの日経平均は、火曜日の終値からは下落、予想値幅は28,000円から28,800円です

週初にお話ししていた下落方向の注意ポイント、28,200円の下落をした場合ですが、これも取り下げます

一旦の強い下落に関しては、下落方向への推移を注意するポイントとはしない事にします

この予想をしている時点で、水曜日の寄付きは確認している状況です

一気に大幅な下落をしていますが、アメリカ株に比べると極端な下落だと考えています

予想通りFOMC議事要旨がサプライズなくこなされた場合、木曜日は上昇すると考えています

ただ週末にかけては、そこまで大きく上昇をできるとは考えていません

木曜日と金曜日はETFの配当金捻出に絡む売りが出る予定です

木曜日に約3,000億円、金曜日に約8,000億円程度になる予定です

週初からの日経平均の売買代金は、月曜日は1兆6,909億円、火曜日は1兆7144億円と、ETFの売りが入るとかなりの売り圧力になることが推測されます

特に金曜日の引けにかけては、強く売り圧力がかかると考えられます

日経平均も勝負になるのはFOMC議事要旨通過後のアメリカ株の動向です

今晩のアメリカ株、特にニューヨークダウが強く上昇すれば、木曜日の日経平均の支援材料になると考えられますし、金曜日にもいい影響をしてくれるでしょう

ただ金曜日の引けにかけてだけは注意してください

私事ではありますが月曜日と火曜日に結構買いを入れたのですが、見事に水曜日の下落に巻き込まれました

購入後は厳しめに逆指値をかける傾向があるので今日の下落では自動的に売られる銘柄があったはずですが、今はすべての逆指値をキャンセルしています

水曜日のアメリカ株の動向によっては変更するかもしれませんが、今のところこのまま金曜日まで様子を見て、金曜の引けに買い増す予定です

ドル円の予想

3月23日の終値を中心に、3月31日の終値を高値、4月23日の終値を安値として基準線を引いています

ピッチフォークです

そしてボリンジャーバンドと一目均衡表を表示しています

ドル円のチャート

今週のドル円相場の予想は、週前半は円高、後半は円安、予想値幅は110円50銭から112円に設定しました

週末までのドル円相場の予想は、週初の内容を継続します

ここまでは予想通りの値幅で、予想通りの方向性の推移をしています

ドル円相場の予想に関しては、特に修正することはありません

アメリカでのFOMC議事要旨、この発表を境に予想通り円安方向に推移するかどうかの勝負になっています

アメリカ長期金利の大幅な下落はありましたが、それにも耐えていると言った印象を受けます

金曜日にベイリー英中銀総裁の発言がありますので、夜間にポンドをきっかけとした値動きがある可能性はありますが、今のところFOMC議事要旨発表からの流れを変えるほどのものにはならないだろうと見込んでいます

最後に

FOMC議事要旨発表が過ぎたところで予想通りプラス方向に推移するのか、先週から待ちに待ったイベントがついにきます

イベント前に仕込んでみたら、水曜日の売りに巻き込まれてどえらい目に合っていますが

ここは我慢しようと思います

我慢できるのでしょうか?

我慢します

週末にかけてあるETFの配当金確保のための換金売り、日銀のETF買いが換金売りを大きくするという形で金曜の引けにかけて襲い掛かってきます

数年前までは、今回8,000億円規模と言われる連動型ETFの配当換金売りは3,000億円程度でした、ここ数年あまり気にしていなかった換金売りですが

日銀がETFを売らない限り、当分この時期にこの規模の売りが出るという事は覚えておいた方が良いなと、心の底から思っています

それでは今週もご覧いただきありがとうございました

水曜日のシーカーズの週間株為替予想は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました