ドル円の週間予想

ドル円の週間予想

【ドル円】円高推移への大きな転換点が来た可能性のあるドル円、ここを見逃すと非常に危険かもしれません【週間ドル円予想 2024/7/8~】

前回お伝えいたしましたが、本日公開分の予想よりブログでの情報発信を終了しております。 大変申し訳ありませんが、Youtubeでご覧いただければ幸いです。
ドル円の週間予想

【ドル円】怪しいのは7月末?最も効果的な介入タイミング。直近は円安推移止められず【週間ドル円予想 2024/7/1~】

ドル円相場の円安推移が止まりません。 止まるきっかけも見いだせず、一方的な円売りが続いています。 短期的な過熱感は高まりつつあるとは思いますが、直近の推移は一旦強めに円安推移すると横ばいして小休止、また強く上昇したら横ばいして小休止と、為替介入を行うことが難しい推移となっています。
ドル円の週間予想

【ドル円】高まる為替介入の危険性、投機的な円安推移が止まらない【週間ドル円予想 2024/6/24~】

アメリカの長期金利の推移が比較的落ち着いている中でも、ドル円相場の円安推移が止まりません。 アメリカの政策金利が長期にわたって高止まりするのではとの観測が高まり円安推移が出るのはわかりますが、日本にも利上げ観測は緩やかながらも存在していますので、日米金利差という観点からはあまりにも一方的な円安推移です。
ドル円の週間予想

【ドル円】欧州不安は短期的な円高要因、主題は日米の金融政策見通しの変化による日米金利差の推移で今後も経済指標の内容に注目【週間ドル円予想 2024/6/17~】

FRBの金融政策は政策金利を現状維持としたものの、FOMC後に発表されたドットプロットでは年内利下げ回数の見通しが1回に後退する形となりました。 パウエルFRB議長の発言内容こそ極端にタカ派に傾くことはなかったものの、依然として日米金利差の縮小が起こる気配がありません。
ドル円の週間予想

【ドル円】後退した利下げ観測の巻き戻しが発生する週内の経済指標【週間ドル円予想 2024/6/10~】

金曜日の雇用統計の結果を受けたFRBの利下げ観測の後退は行き過ぎたものではないかと考えています。 週内に発表される予定である消費者物価指数と卸売物価指数の市場予想は前回発表から鈍化見通しで、利下げ観測の前倒しから米長期金利は低下、ドル安円高バイアスとなるのではと予想しています。
ドル円の週間予想

【ドル円】続きそうな円安基調の相場展開、ただし行き過ぎによる為替介入には要警戒【週間ドル円予想 2024/6/3~】

週内の経済指標は強弱入り混じる見通しで、経済指標からのバイアスは方向感がつかみにくい展開になるかもしれませんが、ドル円相場の方向感としては円安推移を継続していますので、全体的な流れはそのまま継続するのではといった予想をしています。
ドル円の週間予想

【ドル円】FOMCを控えたブラックアウト期間前の1週間、引き続き要人発言には要警戒。ECBの利下げを見据えてFedWatchToolの利下げ確率の変動にも注目中【週間ドル円予想 2024/5/27~】

アメリカで予定されている経済指標の発表内容は市場予想では全体的に同じ方向性を向いている模様です。 日米とは別に気になるのがECBの動向で、こちらは6月6日のECB理事会で利下げを行う可能性が高まっています。 ECBの利下げ前後にドル円相場にどのようなバイアスがかかるのか、この辺りを考えるうえでFed Watch Toolの変化にも注目しておきたいところです。
ドル円の週間予想

【ドル円】弱い経済指標とタカ派寄りの要人発言、米10年債の切り返しにも要警戒【週間ドル円予想 2024/5/20~】

前週までの傾向で考えると、アメリカの経済指標には弱いものが多い傾向になる中で、要人発言は依然としてタカ派寄りのものが多い印象でした。 今回の予想でもその方向性は変わらないものと考え予想をしようと思いますが、週前半に関しては要人発言が集中しており、これらが一旦はドル高円安バイアスをかけてくるものと考えています。
ドル円の週間予想

【ドル円】円安推移が止まらない、週内の卸売物価指数と消費者物価指数の市場予想を想定バイアスは?【週間ドル円予想 2024/5/13~】

為替介入によって強く下押されたドル円相場は一気に円安方向へと切り返しを見せています。 ここまで強い円安推移が発生すると相場の方向感を転換するにはよほど大きな材料が無いと難しいかもしれません。
ドル円の週間予想

【ドル円】直近の為替介入の可能性と今後の円高推移の底値の目処は?【週間ドル円予想 2024/5/6~】

日本政府・日銀による為替介入が行われたと目される円高推移が発生したことで強い円高推移が発生、アメリカの雇用統計の結果なども巻き込む形で円高推移が発生しています。 ここから為替介入が追加で行われる可能性があるのか、そして今後の円高推移の底値がどこになるのか、この辺りの見通しが大事になってきそうです。
タイトルとURLをコピーしました