投資

投資 投資
ダウ・ナスダック・SP500の週間予想

【ダウ・ナスダック・SP500】強すぎる上昇の場合は非常に強い急落を警戒、相場全体は金融相場へとシフトチェンジ【週間アメリカ株予想 2024/7/8~】

前回お伝えいたしましたが、本日公開分の予想よりブログでの情報発信を終了しております。 大変申し訳ありませんが、Youtubeでご覧いただければ幸いです。
日経平均・TOPIXの週間予想

【日経平均・TOPIX】日経平均の上昇余力はあるものの、TOPIXはさすがに限界?調整相場にご用心【週間日本株予想 2024/7/8~】

前回お伝えいたしましたが、本日公開分の予想よりブログでの情報発信を終了しております。 大変申し訳ありませんが、Youtubeでご覧いただければ幸いです。
ドル円の週間予想

【ドル円】円高推移への大きな転換点が来た可能性のあるドル円、ここを見逃すと非常に危険かもしれません【週間ドル円予想 2024/7/8~】

前回お伝えいたしましたが、本日公開分の予想よりブログでの情報発信を終了しております。 大変申し訳ありませんが、Youtubeでご覧いただければ幸いです。
ダウ・ナスダック・SP500の週間予想

【ダウ・ナスダック・SP500】SP500のテクニカルが悪化、ただし調整は短期間で終わる可能性もあり【週間アメリカ株予想 2024/7/1~】

例年であればそろそろ夏の調整相場が出てもおかしくないタイミングに入っていますが、その中でSP500にはテクニカル面に調整に入るかもしれないシグナルが出始めています。 問題になるのはその調整幅でエンベロープ中央線や25日単純移動平均線が下支えになるようであれば比較的底堅い推移を継続する可能性も残っています。
日経平均・TOPIXの週間予想

【日経平均・TOPIX】日経平均とTOPIXのどちらも強い展開、懸念材料はアメリカ市場の調整見通し【週間日本株予想 2024/7/1~】

こんにちはしーさんです日経平均とTOPIXの予想を毎週土曜日に配信している週間日本株予想です最新情報をチェックするためにチャンネル登録をしていただき、コメントやグッドボタンで反応をしていただけると励みになりますので、お時間がございましたらよ...
ドル円の週間予想

【ドル円】怪しいのは7月末?最も効果的な介入タイミング。直近は円安推移止められず【週間ドル円予想 2024/7/1~】

ドル円相場の円安推移が止まりません。 止まるきっかけも見いだせず、一方的な円売りが続いています。 短期的な過熱感は高まりつつあるとは思いますが、直近の推移は一旦強めに円安推移すると横ばいして小休止、また強く上昇したら横ばいして小休止と、為替介入を行うことが難しい推移となっています。
ダウ・ナスダック・SP500の週間予想

【ダウ・ナスダック・SP500】ハイテクには一時的な利益確定売りも、相場全体の底堅さは継続【週間アメリカ株予想 2024/6/24~】

ここまでナスダックの上昇をけん引してきたエヌビディアに売りが出て、ナスダックは一旦調整に入るような推移を見せ始めていますが、それでも大きく崩れたわけでもなく悲観する必要は無さそうです。これまで買われなかった景気敏感株や消費関連株には買いが入り始めている模様で、軟調だったニューヨークダウは上昇方向へと推移を始めました
日経平均・TOPIXの週間予想

【日経平均・TOPIX】強い上昇は期待薄、日本市場単体では上昇材料が見当たらない厳しい展開【週間日本株予想 2024/6/24~】

強い下落をしない代わりに上昇もできないという厳しい展開が続いている日本市場ですが、これから2週間程度の間はさらに下落バイアスがかかるかもしれない材料があります。 日本市場単独の材料では上昇に展示されそうなものが無く、今後もアメリカ株の上昇に引っ張ってもらえるかどうかがカギとなりそうです。
ドル円の週間予想

【ドル円】高まる為替介入の危険性、投機的な円安推移が止まらない【週間ドル円予想 2024/6/24~】

アメリカの長期金利の推移が比較的落ち着いている中でも、ドル円相場の円安推移が止まりません。 アメリカの政策金利が長期にわたって高止まりするのではとの観測が高まり円安推移が出るのはわかりますが、日本にも利上げ観測は緩やかながらも存在していますので、日米金利差という観点からはあまりにも一方的な円安推移です。
ダウ・ナスダック・SP500の週間予想

【ダウ・ナスダック・SP500】変化する経済指標の結果に対する株式市場の反応、欧州株下落は一時的なものであれば影響は軽微と予想【週間アメリカ株予想 2024/6/17~】

フランスの政局不安に端を発した欧州の株式市場の調整下落の流れは不安材料ではありますが、実際に影響が出る可能性があるとしても6月30日の選挙前後からでそれまでは一時的なリスク回避に収まるのではと考えています。
タイトルとURLをコピーしました