SSD・ハードディスクとは

SSD・ハードディスク

SSDとかハードディスクってなに?

パソコンの中で、色々なデータを保存しておくために使います。

写真を撮ったり、音楽を聴いたり、今はほとんどデータにして保存してますよね。

クラウド(ネットの向こうの場所、オンラインストレージとか)にも保存しているかもしれませんが、パソコンにも保存しておけます。

簡単な写真の加工とかは、アプリの種類の多さとかがあって、スマホの方がしやすいと思います。

もっと細かく加工したいとか、大きな画面でやりたいって時に、パソコンは便利ではあります。

そんなデータをパソコンの中に長い間、保存しておくのに使うのがSSDやハードディスクです。

それと、ゲームをしたり動画を見たり、そういう時に使うアプリを入れておくのもSSDやハードディスクです。

ちょっと、この二つの特徴をお話させてもらいます。

SSD(ソリッドステートドライブ)

だいたいの人は、エスエスディーって呼んでると思います。

データを保存したり呼び出したりするのが早くて、OS(Windowsとか)をSSDに入れておくとパソコンのスイッチを入れてから使えるようになるまでの時間が短くなりますし、アプリが立ち上がるのも早くて快適です。

パソコンにSSDが入ってるか入ってないかで、他は同じ部品を使ってるのに、快適さが全然違います。

SSDにもいくつかの種類があるんですけど、そんなに特殊な使い方をしないのなら、値段と相談しながら選んだら良いと思います。

長持ちするとか、データがもっと早く取り出せるとかあるんですけど、それは結構こだわりのある使い方かなとも思いますので、最初はSSDが入ってた方が快適!ってくらいで良いと思います。

「SSD入ってるパソコンにすれば快適なら、それだけで良くない?」

ってなると思うんですけど、そうもいかないんです。

まず、データを保存できる量がそんなに多くはないです。

ネットでブログ見るとかの使い方なら、それでも全然オッケーです。

でも、写真を保存したいとか、音楽を保存したいとか、データの量が多くなっちゃうと保存できなくなっちゃいますし、他のアプリの動きも遅くなっちゃうこともあります。

ですので、まあお金に余裕があるのなら、全部SSDでも良いです。

私だったら、OSとかアプリをSSDに入れて、他のデータはSSDに保存しないようにします。

ハードディスク(HDD)

パソコンのデータを保存するなら、ハードディスクです。

SSDが出てくるまでは、全部のデータをハードディスクに保存していました。

ただ、SSDが出てきたら、アプリとかを入れるのはSSDが良くなってしまいました。

そんなハードディスク、なぜ今でも使われるかと言うと、できてからの歴史が長いので、データを保存できる容量のわりに値段が安いです。

ですので、アプリをSSDに入れておいて、たくさんある写真や音楽のデータは普段はハードディスクに保存しておくと言う使い方をお勧めします。

「ノートパソコンの場合、中にSSDかハードディスクしか入らないんですけど。。。」

そんな時は、外付けのハードディスクに保存するって言う方法があります。

USBとか使ってつなげば簡単にできますので、安心してください。

いざパソコンを買おうと思ったときに見比べると、値段を見て、あ~なるほどってなると思います。

どっち選んだら良い?

まず、あなたのお財布にまだ余裕があったとしましょう。

OSやアプリを入れる場所はSSDにした方がいいです、そしてさらにデータの多い使い方もしたいのなら、ハードディスクを追加で買いましょう。

もし余裕がないのなら、保存するデータの量が多くないのならSSDを、多いのならハードディスクを選ぶと良いと思います。

SSDは早くて便利です、ただパソコンを動かすと言う事だけを考えると、正直ハードディスクでも十分に動いてくれます。

そこにある差は、快適さだけです。

パソコンが早く反応してくれる、その快適さにお金を払うのかどうか、それがSSDを選ぶかどうかの分かれ目になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました