メモリとは

メモリ

メモリってなに?

メモリは、今あなたがパソコンでやっている作業に必要なデータを、ちょっとの間だけ記憶してくれます。

それも、CPUの中に入っているメモリの次に速く記憶してくれます、素早いです。

パソコンの性能表とかだと、RAMって書いてあったりもします。

まず、なぜメモリが必要なのかと言うと、パソコンでアプリをいくつか使っていると、色々な命令が来てその計算をCPUがします。

CPUの中の計算は、ちょっとしたものならCPUの中のメモリで覚えて計算を続けます。

その計算途中とかに、色々覚えておきたいことが出てくるんです。

まあ、ずっと覚えておく必要があるほどでも無いんですけど、でも忘れちゃうと、

「あれ?さっきまで何のために計算してたんだっけか?」

となってしまう様な事があって、そういうのを覚えておきます。

そんなメモリですが、どんなものがあるのか調べてみると、規格容量が書いてあるのではと思います。

この二つでメモリの性能がわかります。

規格と言うのが記憶できる速度、容量が記憶できる量にかかわってきます。

規格が新しくて数が大きいほど素早くなり、CPUとのデータの受け渡しがスピードアップして、メモリの値段も高くなります。

容量が大きいほどたくさんのデータを覚えておけるようになって、いっぺんにたくさんのアプリを開いたり、写真の加工みたいな大きいデータを使う作業の時にパソコンの動きが、ゆっくりになったりします。

メモリの規格は新しくて数字の大きいもの、メモリの容量は大きいもの、そして値段がちょうどいいものを選んでおけば、普段パソコンを使っていて動作が遅くなったりしないので、幸せになれると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました