ディスプレイの入力インタフェース

ディスプレイ

ディスプレイの入力インタフェース

ディスプレイには、大抵の場合、何種類かインタフェースが用意されています。

あなたの使うグラフィックボードの出力インタフェースに幅広く合わせるため、そして複数のディスプレイを使用するときに異なるインタフェースが複数必要になることがあるため、とてもありがたいことです。

しかし、そんなありがたい複数の種類が用意されているインタフェースですが、では一体どれを使ったらよいのでしょうか?

まずはそこからお話したいと思います。

どのインタフェースのケーブルを使うべきか

ディスプレイに画像を表示させるためには、パソコンとケーブルで接続する必要があります。

ケーブルのコネクタにはいくつかの規格がありますが、どれを選べば良いのでしょうか?

このお話を書いている時点では、デスクトップパソコンの場合、1台しかディスプレイを使わないならHDMIかDisplayPort、2台以上使う場合はHDMIとDVIの組み合わせ、2台以上でもディスプレイがEIZOのCompatibility Mode搭載モデルの様にスリープ問題に対応しているのならDisplayPortが良いと思います。

DisplayPortを選ぶ時の問題点は、マルチディスプレイを使用したときのスリープ問題に対応しているかどうかですので、複数のディスプレイを同時に使用したい場合には注意が必要です。

ノートパソコンの場合は、パソコンとディスプレイの距離が近くて、ノートパソコンに出力ポートがあるのならUSB Type-C、それ以外は基本的にデスクトップパソコンと同じです。

ここでいうUSB Type-Cのインタフェースは、DisplayPortとして使用できると記載されている場合の話になりますので、ノートパソコンの仕様をよく確認してみてください。

何を基準にケーブルを選ぶべきか

まずあなたが、これからディスプレイを買うとします。

その場合は、ディスプレイの接続はまずデジタル方式だと思いますので、特別な必要がない限りは接続をデジタル対応のインタフェースにするべきです。

その方が画像をきれいに表示できます。

そして、何種類かケーブルが付属品として同梱されていると思います。

デジタルに対応できるインタフェースには、DisplayPort・HDMI・DVI-D・DVI-Iの4種類があり、ノートパソコンでは更にUSB Type-Cがあります。

それぞれのインタフェースには、特徴があります。

主に使われるインタフェースを比較してみましょう。

代表的なインタフェースの規格と特徴
規格 伝送可能な信号等 対応解像度 実効転送速度 最大長 対応信号
DisplayPort 1.4 映像・音声・制御 7680×4320まで 25.92Gbps 15m デジタル
DisplayPort 1.2 映像・音声・制御 2560×1600まで 17.28Gbps 15m デジタル
HDMI 2.1 映像・音声・制御 7680×4320まで 38.4Gbps 5m デジタル
HDMI 2.0 映像・音声・制御 3840×2160まで 14.4Gbps 5m デジタル
HDMI 1.4a 映像・音声・制御 2560×1440まで 8.16Gbps 5m デジタル
HDMI 1.2 映像・音声・制御 1920×1080まで 3.96Gbps 5m デジタル
DVI-Dデュアル 映像 2560×1600まで 7.4Gbps 5m デジタル
DVI-Dシングル 映像 1920×1200まで 3.7Gbps 5m デジタル
DVI-Iデュアル 映像 2560×1600まで 7.4Gbps 5m デジタル・アナログ
DVI-Iシングル 映像 1920×1200まで 3.7Gbps 5m デジタル・アナログ
D-Sub 15pin 映像 1920×1080まで 20m アナログ
USB Type-C 映像・音声・制御・給電 1m デジタル

ちょっと文字が小さくなってしまっていたらすみません、情報を詰め込みすぎました。

まず、8Kなどの高解像度ディスプレイを使う場合は、HDMI 2.1かDisplayPort 1.4でなくてはなりません。

この2.1とか1.4と言う数字は、リビジョンだと考えてください、数字が大きいほどリビジョンが新しく高性能です。

リビジョンがわかりにくい場合は、バージョンと考えてもらえればと思います。

話を戻しますが、4Kの場合は、HDMI2.0も候補に入ってきます。

このように、あなたがどの解像度のディスプレイを使おうとしているのかで、対応するインタフェースが変わってきます。

どの解像度まで表示するのかは、ディスプレイの性能によって決定されます。

ディスプレイの最高解像度まで使い切りたいのなら、それに対応できるインタフェースを使用しましょう。

解像度の高いディスプレイを使う場合、次に問題になってくるのはグラフィックボードです。

どんなに高性能なディスプレイでも、画像を出力するグラフィックボードが対応していなければ、力を発揮できないと言うことになります。

グラフィックボードの選択には、十分に気を付けてください。

インタフェースの選択で気になるのが、DVIです。

これはちょっと面倒で、DVI-D・DVI-I・DVI-Aの3種類があります。

最後の文字のDはデジタル専用、Iはデジタルとアナログが使え、Aはアナログにだけ対応しています。

DVI-Aに関しては、すでに一般的なインタフェースでは無くなっていますので、比較表からは省きました。

同じアナログでも、D-Subはまだ使われることがありますので書いてあります。

まず、DVI-Dのインタフェースには、DVI-Dのコネクタしか対応しません。

DVI-Iのインタフェースには、DVI-IとDVI-Dのコネクタが対応しています。

ややこしいですね。

ただ、はっきりと言えるのは、今からあなたがディスプレイを買うのなら、デジタル接続一択です、他の選択肢はいりません。

そこで、DVI-Dであれば良いと覚えておけば大丈夫です。

また、ディスプレイの付属品の中にも、このケーブルはほとんどの場合あります。

対応解像度から見るともう活躍の場が無さそうなDVI-Dのインタフェースですが、実は1つ良いところがあります。

それは、コネクタの接続方法が差し込んだ後にネジ留めをすると言う、かなり面倒ですがしっかりとした仕組みになっているという点です。

DisplayPortは差し込んだ後に抜けにくい形状になってはいますがDVI-Dほどではありませんし、HDMIに至っては差し込んであるだけです。

もしあなたがパソコンを動かしたりすることが頻繁にあるのなら、選ぶ価値があるかもしれません。

とは言え、解像度を犠牲にしてまで選ぶことを勧めるかというと、やめた方が良いと私は考えます。

そこで、最終的にお勧めになるのが、DisplayPortとHDMIのどちらかと言うことになります。

次のページでは、D-Sub・USB Type-C・ケーブルを買うときの基本的な注意点に関してお話したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました