ディスプレイのグレアとノングレア

ディスプレイ

ディスプレイの表面加工

液晶ディスプレイって、最初はノングレアばっかりだったそうです。

なのに、新しく出てきたはずのグレアに対して、グレアじゃないと否定されるノングレア、少しかわいそうと思ってしまうのは私だけですかね?

とりあえず、グレアとノングレアと言う2種類の表面加工がある液晶ディスプレイ、デスクトップパソコンでもノートパソコンでも同じように用意されています。

ちょっと、その2種類の話をしてみようかなと思います。

まずはその特徴のお話を。

グレア(光沢処理)

ディスプレイの液晶の表面に、外側からの光の反射を感じにくくするフィルムを貼ってます、かなり薄いです。

メガネのレンズなんかにも使われているんですけど、反射防止コーティングとか反射防止膜とか、ARコートなんて呼ばれます。

集合写真とかで、メガネかけてる人のレンズがピカー!ってなったりしたのがたまにありますけど、あれを防ぐコーティングです。

昭和の写真なら、結構そういう人が写ってるかもと言う勝手な思い込み。。。

外からの光をそうやって打ち消す方式なんですけど、完全には打ち消せません。

こだわると、このコートをいくつもの層で作るんですけど、お金かかっちゃいますよね。。。

で、良いところで妥協するんですけど、それが今のグレアディスプレイって感じです。

メリット

黒が引き締まって見えて、コントラストが高いので、暗いところの表現が得意!

ディスプレイの映像が鮮やかに見えるので、映画とか写真とかがきれいに見れます。

デメリット

表面の傷は目立ちやすいです、掃除するときは優しくね。

部屋の蛍光灯とかの後ろの明るいものが、画面に映り込みしやすいです。

コントラストがはっきりしている分、長時間見続けると目が疲れちゃいます。

デメリット

表面の傷は目立ちやすいです、掃除するときは優しくね。

部屋の蛍光灯とかの後ろの明るいものが、画面に映り込みしやすいです。

コントラストがはっきりしている分、長時間見続けると目が疲れちゃいます。

ノングレア(非光沢処理)

ディスプレイの液晶の表面にあるフィルムの上に小さな凸凹を作って、外からあたる光を散らばらせて見えにくくしています。

正直なところ、ノングレアって言う加工をディスプレイ以外でしている物を思いつかなかったです。

そうですね~、湖なんかで風がない日に太陽とかが映り込むとまぶしいじゃないですか、風が吹いて波ができるとまぶしくなくなりますよね、おおざっぱに言うとあんな感じです。

メリット

後ろに明るい照明があったりしても、画面への映り込みが少ない!

表面が傷つきにくいので、あまり気にしないで掃除でちゃう。

グレアに比べると目が疲れにくいので、長時間の作業に向いています。

デメリット

コントラストや色の発色がグレアに比べて悪いので、きれいに映像を見ると言う使い方には向いていません。

映像が全体的に、グレアに比べるとちょっと白っぽくなっちゃったりします。

それがなんでコントラストに関係あるの?

ここまでのお話だと、グレアの反射防止コートとノングレアの乱反射凸凹加工の戦いで、映り込みは乱反射凸凹の方がうまい具合にやってくれるって事はわかるかもなんですけど、コントラストの違いは何で起こるのかって話になります。

さて、あなたが見ている液晶ディスプレイ、光ってると思うんです。

まあ私と今こうやってやり取りしてるんで、ほぼ光ってると思います。

で、この光ってる液晶ディスプレイ、実は全部フィルムを引っぺがして液晶だけにすると、真っ白に光ってるんです。

コントラストもなんも無い、ほんと真っ白です。

ちょっと液晶ってなんやねん?って説明をしておきますね

液晶の簡単な説明

液晶は赤・緑・青の三つの色の組み合わせで一つの色を作る仕組みになっています。

全部の色から光が出ると白くなって、赤と緑だけだと黄色になって、この三つの色を通る光の量を微調整して、たくさんの色を作り出しています。

液晶自体は光るわけじゃなくて、後ろから強い光を受けて、その光に色を付けるフィルムと光の量を調整するシャッターが組み合わさっているものだと考えたら良いと思います。

舞台とかのスポットライトの赤・緑・青とかと同じ感じですね。

 

さて、話は戻りますが、その液晶に偏光フィルムって言うのを被せるとあら不思議、今見ている文字とか映像が見えるようになります。

車運転したり、釣りをしたり、スキーやスノボやる人は、偏光レンズって聞いたこと無いですかね?

前の車の太陽の反射がまぶしくなくなるとか、川とか海の中が見えちゃうとか、ゲレンデの凸凹が見えちゃうって言う優れものメガネやゴーグルです。

仕組みはあれと同じで、まあおおざっぱにお話すると、液晶から出てくる光は液晶のフィルムの影響を受けている光と、そんなの関係ないわ!って通り抜けてる光があります。

全部見えてると真っ白なんですけど、影響を受けている光だけ取り出すと、色が見えるようになるんです。

そのために必要なのが偏光フィルムってわけです。

後ろが光る → 偏光フィルム → 液晶 → 偏光フィルム

この先に待っているのが私やあなたで、黒って言うのは光がこっちに来てないと言う事で、色がついているのは液晶を通った光を見てると言う事になります。

この光をなんの邪魔も無しに見れたら、コントラスト最高!ってなります。

グレアディスプレイだと、ディスプレイ側から来た光はそのままどうぞと通してくれます、ですのでディスプレイのコントラストの性能を引き出すことができます。

その代わり、部屋の光も反射しますので、映り込みしやすいです。

じゃあノングレアディスプレイはどうかと言うと、表面に凸凹がありますよね、あれがせっかく後ろから来たきれいな光をばらけさせちゃうし、外から来た光も細かく反射しちゃいます。

それで、全体的に白っぽい、グレアディスプレイに比べるとコントラストが低くなっちゃいます。

で、どっちがいいの?

こういう話で最後に来るのが、どっちが良いのって話ですよね。

正直なところ、好みです。

あなたがパソコンをどういう風に使うのか、どう使えると満足できるのかによります。

部屋の照明を暗くして映画や写真を見たい、映り込みは気にならないからきれいなディスプレイで見たい、そしてそんなにディスプレイを長く見ないのならグレアが良いと思います。

長くディスプレイを見てるかもしれない、ある程度きれいに見れたら満足、頭痛くなるとか目が疲れるのが嫌と言うのならノングレアが良いと思います。

 

私が使っているディスプレイはと言うと、パソコンもテレビも全部ノングレアです、と付け加えておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました